出版社に出版拒否された作品が社会的大問題を発生させる 自業自得の小売業界に批判が殺到

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:しじみ ★:2018/09/20(木) 12:29:46.96 ID:CAP_USER9

既存の出版会社を通さず、Amazonのオンデマンド出版サービス「CreateSpace」で自己出版した書籍がフランスの文学賞「ルノードー賞」の候補に選ばれました。まさに新たな出版の形を予感させるできごとであるわけですが、これについてフランス全土にある独立系の書店を代表する団体が、賞を運営する団体とAmazonに対して抗議の声を上げています。

SLF : Syndicat de la librairie française | Le SLF alerte les jurés du Prix Renaudot sur les conséquences de la sélection d'un livre autoédité par Amazon |
http://www.syndicat-librairie.fr/le_slf_alerte_les_jures_du_prix_renaudot_sur_les_consequences_de_la_selection_d_un_livre_autoedite_par_amazon

French bookshops revolt after prize selects novel self-published on Amazon | Books | The Guardian
https://www.theguardian.com/books/2018/sep/15/french-bookshops-revolt-after-prize-selects-novel-self-published-on-amazon

抗議を行っているのは、フランスの書店を代表する団体「Syndicat de la librairie française」(フランスの書店の組織)で、ルノードー賞の候補者を選んだ審査員に対して「本に脅威を与えるものを守るのではなく、本を守るべきだ」と主張しています。

その「本に脅威を与えるもの」としてやり玉に挙げられているのが、Amazonです。小売業に革命を起こし続けているAmazonは、一方では既存の出版業界とその周辺のエコシステムを破壊しているとして批判を受けることもあります。そして今回の一件で特に問題とされているのが、CreateSpaceを通じて出版された本が著名な文学賞を受賞しようとしている点です。

2018年のルノードー賞の候補には17本の作品が選ばれており、その中の一冊、マルコ・コスカス氏著の「Bande deFrançais」が渦中の作品です。イスラエル系フランス人であるコスカス氏によると、この作品をCreateSpaceで発表しなければならなかったのにはある理由があるとのこと。コスカス氏が過去に発表した作品はいずれも既存の出版会社から出版され、従来通りの販路を経由して書店に並んできたのですが、こと「Bande deFrançais」に関してはどの出版会社からも出版したいという意向が得られませんでした。そこでコスカス氏は仕方なく、CreateSpaceを通じて作品を発表することを強いられたといいます。

CreateSpaceは、Kindleのような電子書籍の媒体で販売されている本をプリント・オン・デマンドで製本して販売するというサービス。元はBookSurgeとCustomFlixというスタートアップによって運営されていましたが、2005年にAmazonが両社を買収して自社のサービスに組み込んでいます。

CreateSpace: Sell Your Books, CD, DVD Through Self-Publishing Services
https://www.createspace.com/AboutUs.jsp
https://i.gzn.jp/img/2018/09/20/french-bookshop-revolt/snap6761.png

続きはソースで

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180920-french-bookshop-revolt/



続きを読む
スポンサードリンク

玉木陣営の公選法違反に自民党が公式調査を要求する壮絶な情勢 労組側は掲示したことを認める

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:おでん ★:2018/09/20(木) 20:59:26.90 ID:CAP_USER9

※夜の政治スレ

沖縄県議会の自民党会派は20日、県知事選(30日投開票)に立候補している玉城(たまき)デニー前衆院議員(58)のポスターが県庁内に掲示されているのは公職選挙法違反などに当たるとして、新里(しんざと)米吉(よねきち)議長に県議会として調査するよう求めた。富川盛武副知事は20日、記者団に対し、ポスターが掲示された経緯などについて「調査する」と述べた。

 問題となったのは、法令で定められた掲示板でのみ掲示が認められている玉城氏のポスター。県庁12階にある空手振興課前の掲示板に貼られていた。

自民党の調査に対し、全水道沖縄県企業局水道労働組合の事務局員が掲示したことを認めた。

このほか、県庁内にある沖縄県職員労働組合の複数の掲示板には、玉城氏の写真と「DENNY NIGHT」というイベントを告知する内容が印刷されたポスターが貼られていた。いずれのポスターも、県選挙管理委員会が公職選挙法に抵触する恐れがあると指摘し、20日に掲示が取りやめられた。

https://www.sankei.com/politics/news/180920/plt1809200046-n1.html



続きを読む

韓国が先行した量産計画に住友化学が逆転勝利して独占供給が決定 日本企業の優位性が明らかにされる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2018/09/19(水) 23:48:06.06 ID:CAP_USER

日本の住友化学がサムスン電子のフォルダブルスマートフォン初モデルに使用する透明ポリイミド(透明PI)フィルムを単独供給することが確認された。

透明PIはディスプレイを保護するカバーウィンドウ素材で、たたんで展開する動作を繰り返さなければならないフォルダブルフォンで強化ガラスに代わる部品だ。国内企業が先に世界で最初に透明PI量産設備を整えたが、結局、サムスン電子初のモデル供給には失敗した。

住友化学、十倉雅和社長が6月の経営戦略説明会で言及したサムスン電子採択は自信の表現と解釈される。結果から言えば国内企業はOLED市場で最も先んじたサムスン・ディスプレイ・パネルとフォルダブルフォン初モデル進出に挫折し、費用負担と市場先行獲得失敗という心理負担を抱えることになった。

サムスンは住友化学と長い間協力してきた。国内企業が量産設備まで整えてマーケティングを積極的に行ったが力不足だった。韓国の電子情報通信産業界にとって日本の素材部品の影響力は堅調さを見せる代表事例だ。ディスプレイと半導体の主導権は韓国に移ってきたが、機器と素材部品は技術力を土台にした日本が相変らず影響力を及ぼしている。

電子機器がアナログからデジタル時代に変わった2000年代中盤から世界を掌握してきた日本電子製品がメイド・イン・コリアに変わり始めた。韓国産携帯電話と半導体、ディスプレイなども日本を抜いて常勝疾走した。

しかし、水面下では日本が素材・部品・機器技術力を武器にグローバル電子産業生態系を思うままにしている。今回の事例で見るように技術力だけでも量産設備を整えた韓国企業を押して韓国市場で底力を誇示した。

部品素材機器で相変らず産業強国の地位を維持している日本の事例は私たちが進まなければならない道にヒントを与える。私たちの素材部品が新興産業国の製造業に必ず必要な状況を作って影響力を行使しなければならない。

国内のセット・部品・素材・機器業界と政府が共に産業生態系造成に力を結集して、必要ならば日本を徹底的にベンチマーキングしなければならない。


ソース:電子新聞(韓国語) [社説]日本素材部品底力、ベンチマーキングしてこそ
http://www.etnews.com/20180918000315

関連スレ:【日韓】 韓国はほぼ日本? 企業の度を超えたベンチマーキングに批判の声★2 [08/20]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535096016/



続きを読む

石破茂の総裁選敗北に玉木代表がなにか勘違いした感想を漏らす あれで善戦したように見えるらしい

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(大阪府) [US]:2018/09/20(木) 19:09:06.49 ID:ld6i0Y800 BE:329591784-PLT(12100)

国民民主党の玉木代表は国会内で記者団に対し、「党員票は、かなり石破氏が善戦した印象だ。『安倍1強』への不満を表した数字だと思うので、来年の参議院選挙で、不満の受け皿となるような野党側の態勢を作っていかなければならない」と述べました。

また、憲法改正について「『歴史に名を残したい』という私的な思いで憲法を改正するのは、国民のための改正とは言えない。丁寧な国民的議論を進めるべきで、野党側の意見もしっかり聞いてほしい」と述べたほか、「外交でもさまざまな問題があり、一日も早く臨時国会を開き、安倍総理大臣が説明してほしい」と述べました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180920/k10011637781000.html



続きを読む

ノーベル賞の韓国代表候補がもう笑うしかない新展開を迎える 違うそうじゃない!とツッコミ殺到

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2018/09/21(金) 00:26:41.76 ID:CAP_USER

htm_20180920135347505547

▲世界初のナノ粉砕技術を導入した「偉大なカルシウム」

htm_20180920135414213786

▲FDA骨粗しょう症改善および治療剤登録証

最近、天然ナノ素材技術を導入して開発した「偉大なカルシウム(ナノカルシウム)」が骨粗しょう症治療に効果的という研究結果が発表され大きな話題だ。

エイペクセル(株)が開発した「天然ナノ素材技術」は2018年ノーベル物理学賞韓国代表候補に選ばれ、不治の病である骨粗しょう症改善にも卓越した効果があることが分かった。特に、「天然ナノ素材技術」を利用して市中に流通するカルシウム剤と比較にならない程体内吸収率が高いと明らかになって注目をあびている。

骨の健康を測定する指標である骨密度は35才に最高値に到達後、毎年0.4%ずつ減少して、女性の場合、閉経後、3倍程度速い速度で減少する。それで、カルシウムが不足して骨の健康が悪化し老化速度が非常にはやくなることを意味する。だからカルシウム補充は人間に必ず必要な要素だ。

効果的なカルシウム吸収のためにはビタミンDとマグネシウムを共に摂取した方が良いが体内吸収率は最大20%未満であることが分かった。ところが「偉大なカルシウム」は摂取すると同時に即血管と細胞に移動する過程ですぐに体内に吸収できるように世界初のナノ粉砕機術で作ったカルシウム剤だ。

また、国内で唯一食品医薬品安全処から「世界初」と「模倣不可能」という広告文句を使っても良いという許可を受け、米国FDAから「骨粗しょう症改善および治療剤」と登録されている。

「偉大なカルシウム」を独占販売しているゼイニモブ(zanymob)ニナノヘルスケア(Ninano Healthcare)事業団のキム・ジノ代表は「世界的に最も多く売れている米国「ファアジャ・カルシウム剤」と「偉大なカルシウム」を比較した臨床結果でも「偉大なカルシウム」が不利な条件にもかかわらず卓越した効果を見せ、骨粗しょう症効果を測定できるT-Scoreも良くなった事例が多い」と話しながら「カルシウムが不足する場合、何と147種類にもなる病気になる可能性があるから生存のためにも必ず必要な栄養素」と強調した。

元気な100才時代を迎えるために「偉大なカルシウム」は骨粗しょう症が疑われたり骨密度が低い人だけでなく、成長期から老年期まで老若男女を問わず必須の栄養剤であることは間違いない。

オンライン日刊スポーツ

ソース:中央日報(韓国語) 世界最初ナノカルシウム開発「偉大なカルシウム」米国FDA骨粗しょう症治療剤登録
https://news.joins.com/article/22990152?cloc=rss%7Cnews%7Ctotal_list

関連スレ:【ノーベル賞】ノーベル物理学賞韓国代表候補決定~韓国ナノ企業エイペクセルの「偉大なカルシウム」★4[08/29]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535633824/



続きを読む

朝日新聞が前川喜平の経歴を露骨に隠蔽する醜悪な態度を露呈 連載を持たせた相手を徹底擁護

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(タイ) [TR]:2018/09/21(金) 00:15:05.44 ID:aedM8/bT0 BE:565421181-PLT(13000)

文科省の戸谷事務次官、辞任へ 汚職事件で引責

文部科学省の戸谷(とだに)一夫事務次官(61)が、文科省をめぐる一連の汚職事件の責任などを取って辞職する意向を固めたことが、関係者への取材で分かった。

文科省では、前の事務次官も組織的な天下り問題の責任をとって辞任しており、事務方トップが2代連続して不祥事で辞める形となる。

 事件を受けて、文科省は有識者を交えた調査・検証チームを設け、職員が服務規程を守っているかどうか調べている。贈賄側の業者から不適切な接待を受けた幹部が明らかになっているといい、林芳正文科相が21日に処分を発表する。

 文科省をめぐる汚職事件では、2人の局長級幹部が東京地検に逮捕・起訴されており、事務次官室も捜索を受けた。また、戸谷氏も贈賄側の業者との会食に同席していたことなどが明らかになっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000106-asahi-soci



続きを読む

米国の制裁関税で外資系企業が総撤退の準備を開始した 日本企業もそれに続いている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(宮崎県) [US]:2018/09/20(木) 16:52:40.64 ID:BqBAny1i0 BE:512899213-PLT(27000)

日本企業、中国から総撤退も 米中貿易戦争激化で外資系が生産拠点切り替えか 「中国は勝ち目のない戦争に突入」

 米中貿易戦争で、トランプ大統領は中国経済の息の根を止めようとしているのか。制裁関税第3弾の発動を正式に決めたが、中国側が報復すれば残りの全輸入品にも25%の追加関税を課すとあらためてぶち上げた。対中制裁に関しては有言実行のトランプ氏だけに、今回も脅しでは済むとは思えない。日本など外資系企業が生産拠点を移すなど「脱・中国」の動きは止まらず、習近平政権の地盤が大きく崩れつつある。

 トランプ氏は中国にまたも先手を打った。2000億ドル(約22兆円)相当の中国からの輸入品に追加関税を課す制裁第3弾を24日に発動すると発表したばかりだが、中国がこれに報復した場合、中国からの残りの輸入品全てに25%の追加関税を課すと表明した。

 中国政府は600億ドル相当の報復関税を発表したが、すっかり封じ込められた形だ。

 「米国の農家や労働者らに対し報復が取られるなら、残りの分に課税を始めるだろう。税率は25%だ。したくはないが、他に選択肢がない」と述べるトランプ氏。「いつかの時点で取引するかもしれない」と中国との貿易協議にも期待を示すが、米国側から折れる気配は全くない。

 中国側の打つ手は限られている。米国の中国からの輸入額は5000億ドル強にのぼるが、逆に中国の米国からの輸入額は約1300億ドルにとどまり、全ての米製品を報復対象にしても、金額面で同等の制裁を加えることは不可能だ。

いかそ
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180920/soc1809200008-n1.html



続きを読む

石破に投票した小泉進次郎が物凄くダメな投票理由を吐露 本気で石破を応援したわけじゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:(^ェ^) ★:2018/09/20(木) 22:11:51.84 ID:CAP_USER9

進次郎氏、石破氏支持の理由語る「二者択一の話でない」

 小泉進次郎・自民党筆頭副幹事長は党本部で記者団に対し、「石破氏に一票を投じました」と明らかにした。その理由について「安倍さんか石破さんかという二者択一に見えて、そんな単純な話ではなかった」としたうえで、「私なりにどういう思いを一票に乗せるか考えたときに、日本のこれからの発展は、人と同じではなくて、人との違いを強みに変えられるかが大事。自民党も、違う意見を押さえつけるのではなくて、違う声を強みに変えていく、そんな自民党でなければいけないと。そんな思いから私なりに判断した」と語った。

 多くの議員が投票先を明らかにするなかで、小泉氏はぎりぎりまで投票先を明かさず、20日午後の投票直前、ようやく石破氏支持を明らかにした。「仮に私がもっと早く表明したら、私の望む形にならなかったと思う。私が表明しなかったからこそ、2人の違いや論争に注目が集まった」と自身の影響力を考慮したうえでの「沈黙」だったことを強調した。

 総裁選を振り返り、「いろんな情報戦があった。政治の世界の戦。わたしは武器を持たない戦争みたいなものだと思う。それに対して、どうやって生き抜いていけるようにするか、そういったことも含めて非常に学びのある総裁選だった」と述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000081-asahi-pol


参考
【自民党】小泉進次郎氏、違う意見を言うから、という理由で石破氏に投票したと説明
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537448893/l50



続きを読む

安倍首相を嫌悪する朝日新聞が惨めな負け犬の遠吠えを吐き捨てる 次の参院選では負けるぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [PE]:2018/09/20(木) 21:33:11.03 ID:q9rCf1KE0 BE:517598406-PLT(20500)

「安倍1強」おごりの芽つみ合意形成を 根強い不信露呈

 今回の自民党総裁選で問われたのは、「1強」がもたらした政権のゆるみとおごりだった。しかし、歴代最長の通算在任期間をうかがうのにふさわしい信頼を、安倍晋三首相が勝ち得たようには見えない。

 首相の得票率は国会議員票82%に対し、地方票は55%。この差をどう読むか。首相支持陣営の強烈な締め付けにもかかわらず、地方議員や党員には、政権への不信が根強いと解するのが自然だろう。

 財務省公文書改ざんの政治責任は誰もとらず、強引な国会運営も際だった。この総裁選では人事を絡めた「圧力」も見え隠れした。相も変わらぬおごりぶりに、来夏の参院選で痛い目にあうのではないかと心配する自民党議員は、国会、地方を問わず少なくない。
https://www.asahi.com/articles/ASL9N4DG3L9NUTFK00R.html?ref=tw_asahi



続きを読む

安倍首相の連続3選に中国人から露骨な自虐コメントが寄せられる 投票をして続投できるかどうかが決まるんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ザ・ワールド ★:2018/09/20(木) 19:02:44.06 ID:CAP_USER

2018年9月20日、自民党総裁選で安倍晋三首相が連続3選を果たしたとのニュースに、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

この日午後に行われた投開票の結果について、中国中央テレビ(CCTV)の微博アカウント・央視新聞は「安倍氏が(810票中)553票を獲得し、254票の石破茂元幹事長を破った」と報じた。21年9月までとなる任期に関連し、「来年11月に在任期間歴代最長の首相になる見通し」とも説明している。

これに対し、中国のネットユーザーからは「圧倒的な強さだね」
「もう何年目?経済が上向いたから当選したの?」
「支持率低迷って言われてなかったっけ?」
「1月に日本に行った時、安倍さんに反対する人たちを見たんだけど」
「アベノミクスが国民に利益をもたらしたら支持率は上がる」
「安倍さんはやっぱりすごい。だって日本の首相は世界で一番安定していない職業でしょ?」
「日本では投票をした上で続投できるかどうかが決まるんだ…」
「安倍さん、10月に訪中するって話だったよね」などのコメントが寄せられた。

https://www.recordchina.co.jp/b644238-s0-c10-d0063.html



続きを読む
スポンサードリンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
スポンサードリンク
最新記事
記事検索
月別アーカイブ
twitter
u1ssをフォローしましょう
カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ