最新型Galaxyの商品説明の情けない実態が関係者がバラされる 実はGalaxyのカメラは関係ない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:しじみ ★:2018/12/05(水) 11:29:31.99 ID:CAP_USER9

Samsungが販売しているスマートフォン「Galaxy A8 Star」の商品紹介ページで「背景ボカシ」の例として使用されている写真が、実際には実機ではなく一眼レフのデジタルカメラで撮影した画像素材を加工して作成されていたことが明らかになりました。画像の流用を発見したのは、写真のモデルにもなっている撮影者本人です。

Samsung used my DSLR photo to fake their phone’s “portrait mode” - DIY Photography
https://www.diyphotography.net/samsung-used-my-dslr-photo-to-fake-their-phones-portrait-mode/

Samsung caught (again) using DSLR photo to advertise smartphone camera - The Verge
https://www.theverge.com/2018/12/4/18125964/samsung-malaysia-galaxy-a8-star-dslr-photo-busted

自分の画像を使ってSamsungが商品紹介ページを作成していることを発見したのは、写真家のDunja Djudjicさん。従来は撮影した画像をFlickrアカウントなどで公開していたDjudjicさんでしたが、その代替としてEyeEm上で公開するようになったとのこと。EyeEmはゲッティイメージズとパートナー関係にあり、アップロードした画像がゲッティイメージズを通して販売されることもあるそうです。

ある日、DjudjicさんはEyeEmから「あなたの写真が購入されました」という通知を受けたとのこと。販売先は不明だったことから、自分の写真が使われている場所に興味を持ったDjudjicさんは画像検索で自分の写真の行き先を探したところ、見つかったのはSamsungシンガポールが販売しているGalaxy A8 Starの商品紹介ページだったそうです。

Samsung Galaxy A8 Star (2018) Price in Malaysia, Specs & Reviews
https://www.samsung.com/my/smartphones/galaxy-a8star-g885/SM-G885FZKDXME/
https://i.gzn.jp/img/2018/12/05/samsung-used-dslr-photo-smartphone-camera/snap8131.png

もとになったのは、自分をモデルに撮影した以下の画像。

02

その写真が、商品紹介ページでは以下のような状態で使われていたとのこと。ぱっと見ただけだと「色を調節しただけでは?」と思ってしまいますが、実際には元画像から顔の部分だけを取り出して別の背景画像と合成し、背景にマッチするように顔のカラコレ(色調整)や血管を消すなどの修正が行われています。さらによく見れば、髪の毛のフワッとした部分が全てカットされていることもわかるはず。

01

しかもこの画像は、Galaxy A8 Starに搭載されている「ボケ機能」のイメージ説明として使われているとのこと。背景のボカシが「0」の状態だとこんな感じですが……

ボカシを「7」にするとこんな感じ。あくまで「イメージ」として提示されている作成ですが、背景とモデルが別素材なので背景がキレイにボケて当たり前の状態となっています。

04

Samsungの商品紹介ページでは「Galaxy A8 Starで撮影した画像」とは一言も明記されていないため、Samsungが嘘の説明を行っているわけではない点は理解しておく必要があります。しかし一般的に考えて、ページを閲覧するユーザーは掲示されている写真と実機を強く結びつけて考えることになるため、ミスリードを生む可能性は強く存在します。

Djudjicさんはこの件に関して強い怒りを覚えているわけではないものの、「なぜSamsungはこんなことを?」という疑問を抱いたとのこと。SamsungにはFacebookページを通じて質問を送ったものの、定型文の返答が送られてきたっきり何の反応もないそうです。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20181205-samsung-used-dslr-photo-smartphone-camera/


続きを読む
スポンサードリンク

拉致批判に耐えかねた北朝鮮が狂ったような日本批判を繰り返す お前が言うな!と日本側失笑

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ひろし ★:2018/12/05(水) 21:38:35.15 ID:CAP_USER

相次いで日本批判を展開する北朝鮮 「拉致王国」呼ばわりも
2018年12月4日 18時8分 J-CASTニュース

「日本は拉致王国」 北朝鮮メディアの「おま言う」記事の中身

2019年初頭にも2度目の米朝首脳会談が実現する可能性が高まるなか、拉致問題解決に向けた日朝首脳会談の道筋は見えないままだ。

それどころか、北朝鮮メディアは相次いで日本批判を展開しており、慰安婦問題などを引き合いに、日本を「拉致王国」呼ばわりするほどだ。

「特大反人倫犯罪行為」「特大型の拉致犯罪国家」

北朝鮮がやり玉に上げているのは、日本が国際社会に対し拉致問題解決に向けた協力を求めている点だ。朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は18年12月2日付の論評記事で、安倍晋三首相が東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議のためにシンガポールを訪問した際、ASEAN首脳に対して協力を求めたことについて、

「日本軍性奴隷犯罪をはじめ、過去の日本の特大反人倫犯罪行為を上書きしようという卑劣な策略」

などと非難。朝鮮出兵として知られる文禄・慶長の役(1592~93、1597~98)、大韓帝国最後の皇太子、李垠(リ・ウン、1897~1970)の訪日、慰安婦問題などを引き合いに、

「世界的に公認された特大型の拉致犯罪国家は、まさに日本だ」

などと主張した。さらに、

「日本の当局者が、すでに解決された拉致問題を持ち出して卑屈な請託外交を繰り広げていることこそ、盗人猛々しい妄動」

だとして、「拉致問題は解決済み」だとするこれまでの立場を繰り返し、

「国際社会は、拉致王国である日本の図々しさに憤怒を感じている」

とした。

慰安婦合意は「完全に廃棄」主張

12月4日付の論評記事では、15年末の慰安婦合意に基づいて設立された財団の解散について、「南朝鮮の各階層は、これを一斉に歓迎」しているとして、韓国は合意を「完全に廃棄」すべきだと主張。「日本の永遠の罪を決算するための闘争をさらに果敢に展開」すべきだとした。

菅義偉官房長官は12月3日の会見で、米朝首脳会談が日朝首脳会談の実現に与える影響について聞かれ、

「日朝首脳会談については、その時期を含め、決まっていることは何もない。北朝鮮との間では、北京の大使館ルート等、様々な手段を通じてやり取りを行っているが、今後の交渉に影響を及ぼすおそれがあるため、詳細については控えたい」

まどと述べるにとどめた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)
http://news.livedoor.com/article/detail/15690847/


続きを読む

韓国版AKB48の日本人メンバーが日本食を貶して韓国食を絶賛 一体誰やねん?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ひろし ★:2018/12/05(水) 17:26:19.18 ID:CAP_USER

2018年12月4日 18時6分 Kstyle

SBS「ペク・ジョンウォンの路地食堂」でIZ*ONEがポバント市場を訪れる。この様子は韓国で5日午後11時10分より公開される。

先日の「ペク・ジョンウォンの路地食堂」で、ペク・ジョンウォンの“美味しい店保証書”を得たトンカツ屋は、縮小された3種類のメニューで本格的な営業を始めた。店がオープンすると同時に、トンカツ屋は客でごった返しになり、その中でも店を騒がせたサプライズゲストIZ*ONEが登場した。

IZ*ONEは路地裏の店を前もって訪れる視察ツアー団として出かけたが、訪れたIZ*ONEの日本人メンバーの矢吹奈子が社長を緊張させた。しかしトンカツを味わった矢吹奈子は「日本で食べたトンカツより美味しい」と絶賛したという。

イイダコ屋にもIZ*ONEをしのぐサプライズゲストが訪れた。ソダムギルのイイダコ社長を筆頭に、ソダムギルの社長4人組が兄弟のイイダコを評価するため、ポバント市場を訪れたのだ。飲食業経歴“計70年”の飲食業の大先輩である社長たちは、兄弟のイイダコを味わうや否や、正直なトークで味の評価をした。

全文はソースで
http://news.livedoor.com/article/detail/15691015/


続きを読む

日系米国人を殺害した韓国人がなぜか日本に逃げる異常事態 明らかな逆恨み案件だった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2018/12/05(水) 23:00:34.89 ID:CAP_USER

https://static.seattletimes.com/wp-content/uploads/2018/12/12032018_toshio_144722-1020x1530.jpg
▲殺害されたトシオ・オータ(別ソース:シアトル・タイムズ)

自分の顧客だった日系事業家を殺害して死体を遺棄した後、海外に逃げた韓人女性が7年ぶりに逮捕されて米国に強制連行され、法の裁きを受けることになった。

ワシントン州シアトル警察局は去る2011年に発生した日系事業家トシオ・オータ(Toshio Ota, 当時75才)殺害事件の容疑者として韓人女性のキョンヒ・ドゥードル(Kyung Hee Dowdle)を最近、日本で逮捕して先月29日、米国に送還、キング郡拘置所に収監し彼女に500万ドルの保釈金が課せられたと明らかにした。

捜査当局は韓人のキョンヒ・ドゥードルさんが日本で検挙された後、先月29日米国に送還され、キング郡警察によれば容疑者は日本の大阪に居住中、シアトル警察局所属捜査官と日本警察および米国マーシャルの共助捜査で逮捕された。

容疑者は去る2011年3月、シアトル近隣のフェデラルウェイ地域韓人商店街で和食店を経営しており、殺害されたオータはシアトルダウンタウン高級マンションに一人暮らしで1週間に2~3回、この和食店で夕食をとりながら容疑者と親密な間柄だった。

警察はオータが2011年3月12~15日の間に鈍器で頭をなぐられて殺害され、容疑者が2人の男性に150ドルずつ渡して雇い、死体が入ったカバンをレンタカーを使ってワシントン州東部地域に移したと見ている。

この男性は水の流れが強い水路にオータの死体を捨て、警察はその後、キョンヒ・ドゥードルさんを容疑者と目星をつけて身柄確保しようとしたが、彼女が10日後、デルタ航空便で日本に逃走したせいで逮捕に失敗した。

迷宮に陥ったこの事件は2012年8月、コロンビア川で死体が発見され捜査が急流に乗り、2013年6月、精密検査を通じて死体がオータのものと確認された。これに検察は去る2016年6月、キョンヒ・ドゥードルさんを1級殺人と偽証および詐欺など5件の重犯罪容疑で起訴、500万ドルの懸賞金を掲げて公開手配した。

容疑者、キョンヒ・ドゥードルさんはオータが遺言状を作る際に受恵者名簿から自分を除いたことに恨みを抱き、食堂の運営資金でオート(ママ)に借りた4万ドルを毎月1,000ドルずつ返せという要求に不満を抱いて犯行を行ったと推定される。

ソース:コリアタイムズ(韓国語) 7年前顧客殺害後日本逃避、韓人女性逮捕米国強制連行
http://www.koreatimes.com/article/1218337


続きを読む

ヌリ号の発射実験でロシアからの問い合わせが殺到する珍事が発生 情報を聞き出そうと必死だった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2018/12/05(水) 23:28:32.97 ID:CAP_USER

韓国航空宇宙研究院ロケットエンジン開発団長に聞く
韓国産ロケット「ヌリ号」用の75トン級ロケットエンジンを開発
「試験ロケット打ち上げ成功、韓国の宇宙技術に対する世界の目が一変」

「先進諸国でも1回目のロケット打ち上げは成功確率が30%未満だ。韓国はこの難しい作業を1回目のテストで成功させたのだ」

 先月30日、大田市にある韓国航空宇宙研究院でロケットエンジン開発団のキム・ジンハン団長に会った。キム氏は「1段だけの試験ロケットだが、自分たちの力で開発したエンジンを初の打ち上げで飛行成功させたのは世界的にも例のない成果」だとして「8年間エンジン開発に注力してきた私も、ロケットが力強く打ち上がる様子を見て信じられない思いだった」と話した。

 キム団長は2000年代半ばに進められた人工衛星打ち上げロケット「羅老号」事業、2010年に始まった韓国型ロケット(ヌリ号)開発事業で、ロケットの核心となる75トン級エンジンの開発を率いてきた研究責任者だ。先月28日、エンジンの性能を検証するために実施した試験ロケットの打ち上げで、エンジン燃焼時間や最大到達高度など、ほとんどの数値で目標以上の成果を挙げた。韓国は今回の打ち上げで、世界で7番目に75トン級液体燃料ロケットエンジンを自力で開発した国となった。キム団長は「羅老号の開発当時、2度も打ち上げに失敗していたため、打ち上げ前日は一睡もできなかった。成功という結果が出たとたんに力が抜けて、同僚や後輩たちに『お疲れさま』もまともに言えなかった」と話した。

 キム団長によると、今回の打ち上げ成功で韓国の宇宙技術力に対する海外の目が180度変わったという。通常は独自技術での75トン級ロケットエンジン開発には平均で10年かかるが、韓国はわずか7年半で実際の飛行に成功したからだ。特に、ロケットの核心であるエンジン技術は海外から買うことができず、試行錯誤を重ねても成功の可能性は高くない。キム団長は「羅老号のときは、共同開発に参加したロシアの研究陣が『韓国がロケットを作るというのは本当なのか』とわれわれを見下すような雰囲気だった。しかし今回の打ち上げ直後、ロシアをはじめ海外のエンジニアたちから『どのようにしてそんなに早くエンジン開発に成功したのか』と問い合わせが殺到した」と話した。キム氏は「最近ではロシアのエンジン開発企業から、研究員を韓国に派遣するから共同開発しよう、と提案があった」と話した。

 長い開発過程で最もつらかったのは、韓国国内の厳しい世論だった。2013年に羅老号打ち上げに成功したとき、インターネットでは「ロシアのロケットじゃないのか」「われわれがロシアの代わりにロケットの性能を検証しただけだ」など、開発を見下すような悪質なコメントが多かったという。それは核心部分の1段目のロケットをロシアから導入したからだ。キム団長は羅老号のときもロケットエンジン開発に携わった。キム氏は「今回の打ち上げ後には『誇らしい』『税金はこういう研究に使うべき』と激励してくれる人が多く、元気が出た」と話した。

 キム団長は打ち上げ成功後、休む間もなく次のエンジン開発に取り掛かっている。2021年に打ち上げられるヌリ号の製作に向け、20年までに20個のエンジンを製造しなければならないのだ。キム氏はエンジン開発のために1年の半分は大田を離れ、慶尚南道昌原(ハンファテックウィン)、全羅南道高興(宇宙センター)に赴いている。キム氏は「21年にも今回のように国民が喜びを味わえるよう、再び気を引き締めていきたい」と話した。

大田 崔仁準(チェ・インジュン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/05/2018120580107.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2018/12/05 22:30


続きを読む

「韓国人犯罪者の人相を日本が公開した」と韓国が人権侵害に激怒 身元を公開するなんてありえない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2018/12/05(水) 14:00:41.76 ID:CAP_USER

東京の路上で貴金属買い取り店の男性に催涙スプレーを掛けて現金5000万円が入ったカバンを奪おうとした容疑で逮捕された韓国人2人の顔が日本の放送で公開された。

産経新聞やANNなどは3日、東京台東区の貴金属買い取り店から巨額の現金を盗もうとして未遂に終わった韓国人A(27)とB(27)を近くのマンションの屋上で逮捕したと報じた。

報道によると、先月12日、AとBを含む3人の男が5000万円が入ったカバンを持っていた28歳の男性に催涙スプレーを掛けて奪おうとしたが未遂に終わった。

男らは強奪に失敗するとすぐに逃げた。車に乗って逃走したが近くのマンションの屋上に隠れていたところを警備員に見つかり、住居侵入罪まで適用されることになった。AとBは逮捕されたが身元が確認されず、1人は逃走した。

容疑者の顔を公開する日本メディアの慣例により、彼らの顔はそのまま放送で流れた。男はカメラを見つけると、慌てたように高ぶった声で「Why? Camera Why?」と叫んだ。カメラを回している取材陣に「you’re police?」と詰め寄る場面もあった。

警察は国外に逃げたもう1人の男性に対して逮捕状を出して行方を追っている。AとBに対しては強盗未遂や住居侵入罪の容疑などを適用して取り調べを進めている。

一方、2015年12月には日本メディアが靖国神社爆発音事件の容疑者として逮捕された韓国人Cの身元を公開したことがある。これに対して、当時、趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)外交部報道官は「顔と身元が報じられることに対して外交チャネルを通じて抗議した」と記者に明らかにしたことがある。


2018年12月05日13時19分 [中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/808/247808.html?servcode=400§code=430

関連スレ
【国内】「催涙スプレーかけ5千万狙う」~強盗未遂容疑で韓国籍の男2人を逮捕[12/03]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1543822993/


続きを読む

「韓国企業との提携にはどこも応じない」と専門家が絶望的窮状を暴露 日産の受託生産中止でサムスン瀕死

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2018/12/05(水) 22:01:32.24 ID:CAP_USER

https://www.zakzak.co.jp/images/news/181205/soc1812050007-m1.jpg
▲ 文大統領の失策が、韓国自動車業界をさらなる苦境に導いている(ロイター)

 韓国自動車業界に「激震」が走りそうだ。同国の自動車メーカー「ルノーサムスン」が、日産自動車から請け負っていた受託生産が、来年9月に中止になることが決定したのだ。


 この受託生産は、ルノーサムスンの生産台数の約半数を占めている。同社は日産に対し、新たな受託生産を求めるとみられるが、見通しは暗い。日産前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)逮捕に伴い、日産と仏ルノーとの対立が表面化したうえ、いわゆる「徴用工判決」などで日韓関係が最悪だからだ。技術革新でも遅れた韓国自動車業界の未来は絶望的だ。

 「釜山工場の日産ローグ生産を2019年9月に中止することにした。残り10カ月間で日産ローグに代わる生産台数を確保するため、交渉を続けていく」

 韓国紙、朝鮮日報(日本語版)は1日、ルノーサムソン関係者の話として、こう伝えた。

 仏ルノーが80%を出資するルノーサムスンは14年から、北米向けに日産が輸出する中型SUV「ローグ」を受託生産している。同紙によると、昨年時点で、ルノーサムスンが生産した車両の46・7%はローグで、輸出台数の70%以上を占めている。

 ルノーサムスン側は「日産ローグの契約期間(5年)終了に合わせて、新たなSUVを生産ラインに投入する案をルノー本社と緊密に協議しており、遅くとも20年初めまでには追加台数を確保することになるだろう」と語っているという。

 だが、日産から新たな委託契約を得られる見通しは、限りなく暗い。ゴーン容疑者の逮捕後、日産とルノーの間で主導権争いが勃発(ぼっぱつ)したうえ、韓国最高裁の異常判決で、日本企業の韓国熱は冷めている。
(中略:日産とルノーの問題)

 「ルノーサムスンの頼もしい味方だった」(朝鮮日報)というゴーン容疑者が逮捕されたことで、韓国自動車業界では、委託生産契約の「延長は難しいかもしれない」という推測が流れていたという。

 韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「韓国の自動車メーカーの労働組合は『世界有数の戦闘的労組』として知られる全国民主労働組合総連盟(民主労総)に入っており、大闘争になるだろう。具体的には、韓国政府と一緒になって、日本政府と日産に対して『発注しろ』と圧力をかけてくるだろうが、現在の日韓関係では、そのような圧力が効くかは疑問だ」と語る。

 いわゆる「徴用工判決」で、日韓関係は史上最悪といえる状況に突入している。日本人の怒りは沸点に達しているうえ、国家間の約束ですら簡単に反故(ほご)にするような国では、まともな企業活動が行えるのか大いに疑問といえる。安倍首相はG20の期間中、ドナルド・トランプ米大統領や、ロシアのウラジミール・プーチン大統領ら、各国の首脳と精力的に会談を行った。だが、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とは会談しなかった。

 文氏は1日、G20を終えてニュージーランドに向かう専用機内で、「過去の歴史問題は別途、賢明に処理しながら未来志向の協力をしていかなければならない」(聯合ニュース)と記者団に語ったという。自国こそが、歴史問題を蒸し返し、両国の協力関係を損なっていることを忘れたのか。戦闘的労組の怒りが自身に向かうことを恐れたのかもしれないが、日本としては絶対に受け入れられない。

 そもそも、ルノーサムスンだけでなく、韓国の自動車業界自体が苦境に陥っている。中央日報(日本語版)によると、韓国を代表する自動車メーカー「現代自動車」の7~9月期の営業利益は前年比で76%減少し、2010年に国際会計基準が導入されて以来、最低だった。

 韓国自動車業界の未来について、前出の室谷氏は「最先端技術への投資が少なく、自動車の技術発展についていけなくなっている。投資をしていない分、海外の他メーカーとの提携で補おうとしているが、技術を盗まれる恐れがあるため、どこも応じないだろう。韓国の自動車業界の未来は暗い」と語った。

ソース:zakzak<日産が“韓国斬り” ルノーサムスン受託生産中止、識者「韓国自動車業界の未来は暗い」>
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181205/soc1812050007-n1.html

関連スレ:【朝鮮日報】生産台数の半分は日産向けの韓国ルノーサムスン、ゴーン会長逮捕に危機感[11/21]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1542801416/


続きを読む

欧州で大絶賛された韓国車が悲惨すぎる販売成績を残してしまう 専門誌からは称賛の嵐なのに

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2018/12/05(水) 20:51:50.15 ID:CAP_USER

現代車ブランドが世界のメディアから相次いで絶賛を受けている。欧州でも自動車大国と呼ばれる国の主要メディアの賞に選ばれている。

英BBCの自動車メディア『トップ・ギア』マガジンは4日、「2018トップ・ギア・アワード」の「今年の自動車メーカー」に現代車を選定した。今回の評価はグローバル市場で変化している現代車の地位を見せている。現代車は2013年に「コストパフォーマンスが良い車」に選ばれた。数年前までコストで勝負していた現代車が、今では有数のグローバルブランドに劣らないという評価を受け始めたのだ。

今回の評価で『トップ・ギア』は「現代車は最も多彩なモデルを出すブランド」とし「自動車業界の嫉妬を一身に受けている」と評価した。

先月30日にはドイツ自動車専門マガジン『オートツァイトゥング』が「オートトロフィー2018」で「最も革新的なブランド」に現代車を選定した。『オートツァイトゥング』は昨年も小型車評価で現代車の欧州戦略型ハッチバック「i20」を1位と評価した。

『オートツァイトゥング』は「現代車はセダンはもちろん、プラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車、水素電気車まですべてのパワートレインを生産する珍しい自動車メーカー」とし、「革新的なブランド」に挙げた理由を説明した。

先月22日にも現代車は英国グリーンフリートアワーズで「今年の電気自動車メーカー」に選ばれた。現代車はアイオニックEV、コナEVなどを通じて電気自動車の走行距離・価格などで技術力が認められた。

現代車の代表モデルは年末年始の主要授賞式でも注目を浴びる。「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」で起亜シードは最終候補7モデルの一つだ。「北米カー・オブ・ザ・イヤー」でも同じだ。乗用車部門でジェネシスG70が、ユーティリティ部門で現代コナがそれぞれ最終候補に入っている。北米カー・オブ・ザ・イヤーの部門別競争率はそれぞれ3倍。

3日にも『モータートレンド』が「2019カー・オブ・ザ・イヤー」にジェネシスG70を選定した。

このように好評が続いているが、販売は振るわない。11月の現代車(40万3381台)と起亜車(24万7115台)の販売台数は前年同月比でそれぞれ4.2%減、3.8%減となった。

その間、国内販売が不振の海外実績を支えていたが、起亜車(4万8700台)は11月の国内販売実績も減少した(-0.7%)。輸出市場での不振も相変わらずだ。現代車の販売台数(33万9250台)は前年同月比5%減、起亜車(19万8415台)も4.6%減だった。

ただ、米国市場での反騰が慰めだ。米国市場で現代車(5万7082台)は販売台数が3%増え、起亜車(4万5101台)も小幅増加(1.8%増)した。

https://japanese.joins.com/article/789/247789.html
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2018年12月05日 09時36分


続きを読む

徴用工訴訟の代理弁護人が日本への機密漏洩で逮捕状を出される 日本企業と契約する弁護士がいなくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2018/12/05(水) 16:27:17.64 ID:CAP_USER

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権時代、大法院(最高裁)が政権の意向を受け、日本による植民地時代に強制徴用された被害者らが日本企業を相手取り損害賠償を求めた訴訟の判決を先送りしたとされる問題で、当時の法院行政処が韓日請求権協定に関する憲法裁判所の機密情報を日本企業の代理を務める「金・張法律事務所」に渡していたことが5日、分かった。

裁判所や検察などの関係者によると、ソウル中央地検は2015年10月、法院行政処の林鍾憲(イム・ジョンホン)元次長(起訴済み)が憲法裁に派遣されていた裁判官から機密情報を受け取り、法律事務所に渡したとの複数の関係者の供述を得たほか、関連文書も入手した。

林氏は新日鉄住金や三菱重工業などの代理を務める法律事務所の弁護士に韓日請求権協定を巡る憲法訴願(違憲かどうかの判断を求める訴訟)の審理計画や担当の憲法研究官の法理検討内容も伝えたという。

 法院行政処は日本企業に賠償の責任がないとの方向で大法院の判決を覆す計画を立て、法律事務所と訴訟の扱いについて議論した。韓日請求権協定が違憲かどうかの憲法裁の判断が大法院の判決に影響を及ぼすと判断したためとみられる。

 憲法裁の金庸憲(キム・ヨンホン)事務処長(当時)は15年9月の国会国政監査で、韓日請求権協定の憲法訴願に関する判断が遅れていることについて、「年末までに終える」と答弁した。その後、林氏は憲法裁に派遣されていた裁判官に同憲法訴願について詳しく調べるよう指示。憲法裁研究官の報告書などを約10回にわたって電子メールなどで受け取り、法律事務所側に伝えた。

 法律事務所の弁護士は同年5月から翌年10月まで、梁承泰(ヤン・スンテ)大法院長(当時)と会い、強制徴用訴訟についても議論した。

 検察は訴訟の当事者である法律事務所に裁判関連情報を伝えるという水準を超え、違法に入手した機密まで渡すほど癒着が深刻になっていたと判断している。

 検察は憲法裁の機密漏えいが法院行政処長だった朴炳大(パク・ビョンデ)氏と高永ハン(コ・ヨンハン)氏の指示で行われたとして、両氏の逮捕状に職権乱用の容疑を記載した。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20181205003500882?section=news
聯合ニュース 2018.12.05 15:17

https://i.imgur.com/j2N8Ohn.jpg
金・張法律事務所(資料写真)=(聯合ニュース)


続きを読む

韓国裁判所が徴用工判決の時効の定義を正式変更してしまう もう何でもありな状態に突入

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2018/12/05(水) 18:23:37.17 ID:CAP_USER

【光州共同】

韓国の光州高裁は、三菱重工業に元朝鮮女子勤労挺身隊員らへの賠償支払いを命じた5日の判決で、元徴用工らが日本企業に賠償を求め提訴できる期限について、今年10月30日の韓国最高裁判決を起点に最長3年後までは可能とする判断を示した。


2018年12月5日 17:50
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/355134


続きを読む
スポンサードリンク
週間人気ページランキング
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ