1:ハニィみるく(17歳) ★:2019/04/14(日) 09:48:40.23 ID:CAP_USER

(動画=Youtube )
https://www.youtube.com/watch?v=LXq1cm5QGXg

<アンカー>
農村で稲作をしている方々にとって興味深い消息を一つお伝えします。

苗を少なく植えても、つまり今よりも疎ら(まばら)に植えても収穫量は同じ、いわゆる疎植栽培技法が紹介されました。

オ・ジョムゴン記者の報道です。

<記者>
普通、田植えをする時に使用する田植え機は、3.3㎡あたり70株ほどの苗を植えるように合わせています。

苗と苗との間隔は縦30cm、横16cm。

ところが今回、農業振興庁が新たに紹介した栽培方法は縦30cmは同じですが、横は約22cmで既存よりも間隔が広くなっています。

また、一株に入る苗の量も10本以上から5本前後に減らしました。

つまり、間隔は広くして苗の量は減らしましたが、このようにしても後の米の収穫量は同じという試験結果を得ました。

<カン・ウォング(金堤・白山農協組合長)>
「生産費がかなり節約されました。次に収穫も慣行よりも落ちなかったため、農民が非常に満足しています」

生産費と労働力だけでなく、間隔が広くて初期の病害虫の発生も減りました。

ただし、稲が枝葉を増やす期間があり、既存よりも全体の栽培期間は10日ほどさらに必要となります。

苗を普段より少なく植えても、結局収穫量は同じというのがこの疎植栽培技術の核心です。

まだ検証作業が完璧に終わった訳ではありません。

<キム・ギョンギュ(農村進興庁長)>
「今後は技術開発をさらに完璧にして、農家に普及する課題が残っています。まずは農協や専業農家など、大きな団体を中心に農家にこのような先進技術を知らせる事で、農家が選択する事ができるようにする計画です」

疎植栽培技法はまず全羅南北道と慶南などm気温が暖かい地域で1年、そして特定の品種に限り、実証実験と農家への普及が行われます。

その後、結果によって全国に広がる予定です。

YTN、オ・ジョムゴンでした。

ソース:NAVER/YTN(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=052&aid=0001279512


2:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:49:24.58 ID:iRoxgLdg

>>1
え、知らなかったんだ?


4:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:49:28.08 ID:j/5emOAJ

とっくのむかしに知ってました


5:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:50:05.75 ID:7mtAU2Dc

ダッシュでやってたろ


7:黄博士 ◆NOBELxffHw :2019/04/14(日) 09:50:36.07 ID:uDeK3B9o

そんなことしたら北の将軍様に怒られるぞ


8:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:50:52.58 ID:ZBzr3cEm

金日成に教えてやれ
今からでも遅くないぞw


9:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:51:00.42 ID:7zgtsPYZ

主体農法「…」


11:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:51:36.67 ID:xEoPnGhM

だいぶ前からある技術みたいだけど…

複数年度にわたる最適化ができれば農業も楽に


13:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:52:05.18 ID:8LKt6Tuz

可能だが、除草の手間が増えないか?


116:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:25:14.43 ID:4RPumVSx

>>13
陸稲ならともかく水稲でそれは・・・


19:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:55:12.47 ID:8LKt6Tuz

>>13
生える量も一緒じゃなかったっけ?
太く長く伸びないだけで。


14:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:52:18.31 ID:0FLeTR8X

髪が少なくなっても抜け毛の量は同じ?


15:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:52:39.95 ID:hQCbIAhn

北の初代金の発案で苗を密に植えたことあるだろ
誰も反対できなくって
稲は共倒れで全滅したんだって


16:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:53:14.47 ID:46ygAxmK

どうせ、日本とか他国の研究実績をパクったのでは?
素直に引用すればいいのに見栄ですかね



22:ハニィみるく(17歳) ★:2019/04/14(日) 09:55:50.15 ID:CAP_USER

>>16
パクった結果が『疎植栽培(ソシクジェベ)』という名前だと思います。

辞書に載ってないし・・・。


54:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:05:04.30 ID:OvoK5VUP

>>22
日本の50年くらい前の農業雑誌に載ってたみたい

現代農業 特別号 疎植栽培
●1972年(昭和47年)3月号82頁
原題「思いきった粗植で大増収―坪36株で11俵確実―」
http://www.ruralnet.or.jp/gn-tokubetsu/toku3.htm
>この独創的なイネつくりをうちたてたのは、
>千葉県東金市押堀の浅野総一郎さんたちのグループである。


120:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:26:26.43 ID:4RPumVSx

>>22
植疎だやね…まさかここまで漢字使えないとは…


17:亜生肉 ◆fD0UyRfttY :2019/04/14(日) 09:54:48.65 ID:OEHpAmh3

そしてここからなぜか密植栽培でもっと儲かるニダとやらかす輩が出る


18:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:55:10.96 ID:TXBSd7cK

>つまり今よりも疎ら(まばら)に植えても収穫量は同じ

<丶`∀´> そのまま倍植えれば倍採れるはずニダ!


21:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:55:46.27 ID:ANb5YUWg

今更なんだけど
こんなんで、日本へ稲作教えてやったと
まだ言い張る気かね?w
稲作は併合以降本格化したってことだろ?
両班階級以外米食べられなかったんだし



28:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:57:37.34 ID:ZBzr3cEm

>>21
通り道の北も主体農法とやらで馬鹿を晒したしな
今がダメなら昔もダメだろ
百済人は今の朝鮮人と別物とバレてるしな


23:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:56:04.36 ID:QWoZ41IC

成果を奪うだけの南朝鮮人に栽培は意味ないんじゃないの?


26:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:56:45.89 ID:fIpU3C6+

北では将軍さまが「いい事思いついたピコーン!」「二倍植えればいいんや」ってやって壊滅したって聞いたことある


33:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:59:46.06 ID:js+ESx6G

>>26
あれはあれで正しいのだけど…
土質がかなりシビアなのだよw
結論
朝鮮人には無理


235:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 11:30:52.66 ID:zSvU3SNR

>>26
有名なエピソードやな
毛沢東に匹敵する愚策


29:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:58:02.33 ID:QiTyGvKL

苗は、成長すると分けつしてだな・・・


27:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 09:57:14.66 ID:OvoK5VUP

先進技術てw
コレ、日本では50年位前からやってるでしょ

この方法では天候不良でガクッと収穫量が落ちるから
近年の激しい気候変動の中で新規導入は難しそうな



134:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:34:16.93 ID:4RPumVSx

>>27
いやー明治より前からあるけど…

問題は毎年これでは行けないのと、風雨でなぎ倒される恐れもある


34:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:00:22.57 ID:LGGhFSkI

極端な話、30*30の尺植えでも収量変わらない。

問題は草が生えやすいこと。


35:名無しのインドネシア人 ミ(・ ◇ ・)彡メンバー:2019/04/14(日) 10:00:37.78 ID:Du+gQFRo

えーっと、2019年のニュースだよな?


39:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:01:50.40 ID:4XcdsR6/

千葉市では悪天候の影響を受けやすく食味も落ちるから
疎植より慣行推奨してるな

韓国人はコメの味を気にしないからなぁ


40:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:01:58.22 ID:gkepF83q

北は今でも密植をやっているはず
この研究者は将軍様に暗殺される


41:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:02:05.59 ID:6KLws2sR

田んぼに雑草って生えんの?


64:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:08:19.60 ID:DfL/+e09

>>41
今は田植機に除草剤散布機付けて植えるよ


49:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:03:52.29 ID:9KwQUNPJ

>>41
生えないならカモさん使った農法なんか無いだろ


68:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:09:03.91 ID:zB83yn5j

>>41
生える

でも、一番の敵は畔(あぜ)に生えるイネ科の雑草
食味が落ちる原因


72:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:11:01.04 ID:8LKt6Tuz

>>68
中に生える、稗の方が問題。


56:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:05:55.76 ID:1fVlE1ym

主体農法がみんな脳内に出てくるよなぁ…


60:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:07:06.19 ID:+OjvNczS

>>1
これ、食べ物で例えるなら日本のイチゴやブドウを盗んで韓国で栽培して韓国オリジナルの特産品ニダってやるのと同じだろ
>>1のは日本に害が無いからいいけどそのうち韓国起源発祥して日本はパクリニダってやりそう



62:春うらら ◆G8Kknv1Es6 :2019/04/14(日) 10:07:57.57 ID:0Imq5BIz

>>60
こういうことをやるからTPPに入れないんだよな


59:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:07:04.83 ID:KnqnZaRw

種籾も尽きたか…


65:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:08:24.88 ID:AcOr1E0w

え、今更・・・Σ(゚д゚;)
農業高校とかの教科書レベルだろ?( ̄∇ ̄)


69:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:09:05.53 ID:YpG3wnOE

はぁ?倍植えれば倍
3倍植えれば3倍に決まっているだろ
主体農法否定するとか非国民だな



80:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:14:14.32 ID:vmSqlCmY

>>69
南北を区別する必要があるのか最近本気で疑問に思えるのだが、主体農法はあくまで北朝鮮のアイデアだから


77:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:13:04.96 ID:+OjvNczS

韓国における先進技術とは
>>1のように「過去にどこかの国がやった事を今更新発見のように騒ぐ」ケースか
折りたたみスマホみたいに「かつてどこかがやったり誰もが思いついたけど廃れたか誰もがやろうとしなかった」ケースのどちらか


91:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:17:56.31 ID:3+yH4qYq

こんな話は農業試験場とかで延々とやってきたことじゃないの
今更すぎるだろうに


95:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:19:18.92 ID:QQ+qfiYF

導入予定って・・・
今更かいwww


97:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:20:42.16 ID:SRa247Ln

こんな当然のことを今ごろw
あちらの農業っていつの時代の教科書を使ってんの。
というより、代々農業をやってきたなら、経験の蓄積とかあるだろうに。


98:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:20:46.09 ID:DfL/+e09

疎植なんか何年も前にイセキが取り組んでたが、結局流行らなかったイメージしかないな


99:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:20:55.99 ID:UE5MVCi8

弥生時代には誰かが気づいていたと思う(朝鮮半島でも)。
朝鮮の人は、単に知識・文献を後の人に伝えなかったので、新発見と思ってしまっただけだろう。



134:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:34:16.93 ID:4RPumVSx

>>97-99
来年も再来年もやって(慣行と交互にやらんと無理)田んぼが急に痩せて、こんなはずじゃ
安直に窒素肥料ガンガン足して促成さして、さらに不味いお米の出来上がり……
ここまでは読めるw


140:春うらら ◆G8Kknv1Es6 :2019/04/14(日) 10:36:21.22 ID:0Imq5BIz

>>134
朝鮮はまともに米を食えるようになって数十年しか経ってないからいいんじゃね?


182:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:47:25.51 ID:4RPumVSx

>>140
いやーだけどもさ
今でもアキバレ種を促成栽培やってて、それでわが国で「コンビニ飯美味しいww」「牛丼美味しいww」だもの

そらセブン米=はえぬき派生、業務用の多収米ですら、みつひかり・しきゆたか系(あきだわら+こしひかり交配)な訳で
まぁ何年か住んでたしメシマズっぷりは嫌というほど味わってるけど、あそこまで関心もなにもないのも凄まじい


194:春うらら ◆G8Kknv1Es6 :2019/04/14(日) 10:52:24.23 ID:0Imq5BIz

>>182
農業は全くわからんけど、品種によっても効率的な栽培法が違うんじゃないの?


227:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 11:22:05.19 ID:4RPumVSx

>>194
稲穂あたりの収量が少ない=良味、収量が多い=雑味という基本があるのね
ただ倒伏を見ると味追求のこしひかり系統は頭が重くて倒れやすい
両者は似てるようで遺伝構造がまるで違う

http://i.imgur.com/0r0w979.jpg

台風一過後の田んぼで右が業務米(にこまる)、左がブレンド米(あきたこまち)、ブレンド米は全滅ってリスクもあるわけだ
三百年近く交配繰り返して味はほぼこしひかりになった
品種毎の耐寒耐冷は水深で調節、栽培法天候次第でいからでも変える、結局は重労働に帰結だw
植疎繰り返すと田んぼがやせるが肥料を足しても味が落ちるからやらない

業務米でも、セブン米はおにぎり・冷飯向けにでんぷんが糊化しにくいはえぬきから多収品を選別
定食チェーンのあきだわらは、多収種+こしひかりの良味を持たせるやり方で、そもそも冷温でアプローチから違うと
商品に合わせて品種作るのは当たり前で栽培法がどうのなんて「なに眠たい話しとんねん」というところ

韓国だと二品種だけ(旧々あきばれ、旧々々こしひかり)
わが国に来て「コンビニご飯・チェーン店ご飯が美味しい」となる裏はこういう理屈
もちろんお店さんでも炊き加減のノウハウもあると


230:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 11:25:08.72 ID:4RPumVSx

>>227
おう、左右逆に書いてしまう痛恨のミス…


113:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:25:09.34 ID:AegIrD1C

朝鮮半島って時空が歪んでて外部の情報が到達するのに50年かかるとかなの?


131:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:31:31.16 ID:g9+EF5y3

>田植えをする時に使用する田植え機は、3.3㎡あたり70株ほどの苗を植えるように合わせています
 
 単位は日帝残滓の坪(3.3㎡)かいw それとも日本製の戦犯ステッカー付田植え機w
 
 朝鮮人のデタラメさに呆れるよ。


145:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/04/14(日) 10:37:40.14 ID:B4Jnd2SC

こんなんで稲作を日本に伝えたとか言ってんのか?




このエントリーをはてなブックマークに追加




他ブログのおすすめ記事