1:■忍【LV10,シャドー,pJ7】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:19/05/17(金)11:47:14 ID:???


百田尚樹
@hyakutanaoki
自分の本が売れないのは出版社のせいだ!と思い込んでいる作家が少なくないが、
本が売れないのは99%作品のせい。
逆に売れた場合は、作品以外の力である場合が少なからずある。
午前11:38 ・ 2019年5月17日

https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1129214678100455424


関連スレ
【話題】百田尚樹さんの「日本国紀」批判で出版中止 作家が幻冬舎を批判 [R1/5/16]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557999401/


2:名無しさん@おーぷん:19/05/17(金)13:21:55 ID:8jq.rg.gs

まあ人気が出るのには色んな要因が絡むけど人気でない理由は単純だよな


3:名無しさん@おーぷん:19/05/17(金)13:48:14 ID:rq5.uy.gk

「つまらない」の5文字で終わる話なのだな。


4:名無しさん@おーぷん:19/05/17(金)13:53:42 ID:GzP.60.am

うーん、この売れるから正義ってのはちと下品だな。
悪い意味で関西ノリというか、受けは地球を救っていうか。



10:名無しさん@おーぷん:19/05/17(金)15:33:54 ID:Hoi.js.po

>>4
違うで、少なくとも「売れないのは大抵
正義やない(面白くない)」って言ってるだけ
後半は「売れてても正義とは限らないケースもある」とのことよ


11:名無しさん@おーぷん:19/05/17(金)15:42:15 ID:QOI.vy.98

さすがにこれは正論
成功は周囲のおかげ失敗は自分のせいって感覚を持たない奴が増えた


7:名無しさん@おーぷん:19/05/17(金)15:14:18 ID:Tm2.h2.po

負けに不思議の負けは無し、勝ちに不思議の勝ちはあり

要するに言ってる事はこれよ。
けど、勝ちには誰かの手助けが有ったと思いなさいと、そう言ってるのだから驕ってる訳ではあるまい。



8:名無しさん@おーぷん:19/05/17(金)15:16:41 ID:rq5.uy.gk

>>7
なるほど。
負けは必然だが勝ちには偶然もあるのだな。
わかりやすいな。


9:名無しさん@おーぷん:19/05/17(金)15:32:59 ID:nXl.qt.98

>>7
短くともわかりやすい。

勝ちでも負けでも次へ繋げるための言葉にもなるね。


12:名無しさん@おーぷん:19/05/17(金)18:03:27 ID:5c8.xq.po

>>7
むしろ驕りとは逆にだよな


13:名無しさん@おーぷん:19/05/18(土)11:00:47 ID:jUJ.sp.ji

驕りではないわな。
売れてる作家が「作家の力ではなくて売れることもある」といってるんだから

でも逆に考えると
つまらない作品書いてる作家が「それでも売れ!」と自覚して言うぶんには、
作家の不足を出版社が補完できると認めて言ってるわけで
同じ論理の裏返しではあるわけかw


15:名無しさん@おーぷん:19/05/18(土)17:18:45 ID:917.70.bs

この人は売れっ子になっても自ら書店回りして作品を手売りしているから一定の説得力あるわ
自身の作品なんだから出版社任せしないで自分で売り込めということかもな


18:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)06:32:48 ID:P2Y.xp.qc

これが驕りに見える人はちょっと日本語が不自由すぎる


19:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)06:37:55 ID:OTZ.gp.t2

そうかねえ
出版社に売る気がなければ良い作品も埋もれちゃうと思うけどね
売れるかどうかは宣伝にかかってると思うし



21:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)10:39:35 ID:xE6.gp.fz

>>19
良い作品というのは、人の数だけある。

まあアニメ化、実写化をきっかけに原作のマンガ、小説を読むケースも有るけど。


23:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)11:46:39 ID:dmV.vw.ua

キレッキレの正論だな


22:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)10:47:55 ID:Zak.uw.uk

どちらかというとマイナーな本が好きだけど、
百田さんみたいな作家が稼いでくれるから
それほど売れない本も出版できるし読めているから
ベストセラー作家には感謝です。



26:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)13:26:58 ID:24j.fb.qc

>>22
質は高いが売れない本を売る為に、質は低いが売れる本が有るのはありがたいと。
だが、広まるのは質の低い方で、その状況が続く限り永遠にこの呪縛からは逃れられない。


31:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)14:00:53 ID:Zak.uw.uk

>>26
うーん、気持ちはわかるけど、そうしないと
長くゆっくり売れそうな本を出版できないのが現状ですからねー。
出版社がつぶれてしまう。


25:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)12:20:28 ID:CWQ.7h.gf

ラノベだと大手出版社でも新人だろうが新シリーズだろうが自分たちでこれ売れんだろってわかってて露骨に手抜いてる


35:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)18:35:58 ID:4KZ.qs.fz

だったら出版社いらねーじゃん。

みんなアマゾンその他で自主出版しちゃうよ。



36:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)18:45:45 ID:MGu.hj.3x

>>35
実際出版社に打ち切りやら裏切りくらって不信感もった作家が続編個人出版してることは結構ある


38:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)19:06:44 ID:z5P.yp.uc

>>35
合計1800部おじさんとかが死ぬだろw


40:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)19:25:00 ID:z5P.yp.uc

1800部おじさんみたいなのが出版社から本を出せるのは
よく売ってくれる作家がいるからであり、出版社がそれで稼いでるからだぞ
儲けが主眼なら他でやれとかイキってはいけない


37:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)18:59:14 ID:Y3m.uw.3x

本屋大賞とか本屋と出版社が売りたい本の押しつけとかマジいらねえ。
絶対買わないようにしてる。



39:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)19:14:23 ID:T6e.fb.qc

>>37
時流を伺ってセコく物を売りたいという姿勢がありありと出てますからね。
本を売りたいのか、それともただ金儲けだけが目的なのか、さっぱりわかりません。
金儲けが主眼なら別の分野で儲けてもらっても結構という。


41:名無しさん@おーぷん:19/05/19(日)19:44:41 ID:z5P.yp.uc

売れるかどうかわからない本に販促費用をかけてもらうにはと言う話なんかもある
面白いならそれなりにかけてもらえると言う理屈
そこにこぎ着けられないのはやはり作者の責任がもっとも大きい
結局突き詰めればそういう話になる




このエントリーをはてなブックマークに追加




他ブログのおすすめ記事