1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/06/22(土) 15:48:13.34 ID:CAP_USER

慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画『主戦場』に出演した保守派の論客5人が6月19日、日系米国人のミキ・デザキ監督と映画配給会社「東風(とうふう)」を相手取り、上映禁止と総額1300万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。訴えたのは「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝副会長や米国弁護士のケント・ギルバート氏ら5人だ。

 この映画は慰安婦問題を巡って立場の異なる日米韓の30人以上にインタビューし、強制連行の有無や慰安婦の人数などの論点、主張と反論を紹介している。ところが、そのように見せて、実際は韓国や日本の左翼の主張をなぞっているだけだという。

 5人のうちの1人、従軍慰安婦問題の真実を世界に訴えている「なでしこアクション」の代表者・山本優美子氏のブログでは、ミキ・デザキ監督のやり口をこう語っている。

「私は2016年5月に《件名:上智大学院の出崎幹根のドキュメンタリーインタビューご協力のお願い》というメールを受信しました。メールは丁寧な日本語でこう書いてありました。《慰安婦の強制に関する証拠が欠落していることや慰安婦の状況が一部の活動家や専門家が主張するほど悪くはなかったことを知りました。私は欧米メディアの情報を信じていたと認めざるを得ませんが、現在は、疑問を抱いています》 ところが映画では、冒頭で慰安婦の強制連行と性奴隷説を否定する私や保守系の人たちを画面いっぱい大きな文字で『右翼』、『ナショナリスト』、『歴史修正主義者』、『歴史否定主義者』とレッテルを貼って進行します。映画の終盤では私たちを『人種差別主義者、性差別主義者、ファシスト』と強く印象付けています。そして最後には慰安婦問題からかけ離れて日本の保守による陰謀論に脱線し、日本の再軍備化の問題にすり替わっています」

デザキ氏は欧米メディアの情報に疑問を抱いているというのはウソだったのだ。在米日本人ジャーナリストは米国が慰安婦問題で中立の立場に立てない事情をこう解説する。

「欧米の歴史学者は、虚構の慰安婦問題について中立の立場で物を言えません。フェミニストの言い分に異を唱えると失職するからです」

 従軍慰安婦の作り話を肯定した『クマラスワミ報告』のスリランカ人ラディカ・クマラスワミ氏や『マクドゥーガル報告書』のゲイ・マクドゥーガル氏は、立派な大学研究者に出世した。全くもって慰安婦問題をメシのタネにされてはたまらない。

https://wjn.jp/sp/article/detail/2433438/
週刊実話 2019年06月20日 23時00分

関連
【慰安婦問題】「大学院生の学術研究に協力したつもりが保守をたたくプロパガンダ映画に」…映画『主戦場』、学者らが抗議「だまされた」
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1559207571/


3:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 15:49:18.46 ID:Zkx0VnyK

いわゆる慰安婦詐欺だな


6:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 15:50:43.19 ID:x4Wf4NbP

あんなバカのインタビューに答えるのは自業自得としか言いようがない


9:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 15:51:33.58 ID:s3B7tE1e

山本優美子

ちょっとググったら中々香ばしいなw


10:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 15:51:41.13 ID:t1TkPyHU

上映禁止と判決が出るのはいつの話になるのかしら?


12:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 15:52:12.04 ID:7vhtIU4P

信じたあなたが悪い


15:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 15:54:02.65 ID:Aj3I4L2i

まぁ騙そうと思って近づいてくる人間に対抗するのは難しいね


19:清純派うさぎ症候群 ◆iipAhXvMcY :2019/06/22(土) 15:55:19.19 ID:OCHqbk47

慰安婦の映画って時点で疑い持てよ。


22:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 15:56:49.09 ID:IUprXOMk

日本人は日系なら誠実だろうと信じてしまいそうだもんね
国籍は金で買える時代になりました
性善説はもう崩壊しましたので


24:大阪ポコチン倶楽部 島村会  ◆BaichaYYSw :2019/06/22(土) 15:57:41.52 ID:Mhf52NlV

いい機会だから洗いざらい膿を出せばいい。
戦後のアメリカの嘘と口車から始まった支那朝鮮の反日と、戦後手のひらを返した朝鮮人の悪行と、慰安婦と言われている人たちの実態を全て事実でさらけ出せば真実が見えるだろ。
そこまでやって分からないのならそいつは救いようがない馬鹿だ。


25:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 15:57:44.73 ID:lccbl5v7

どっかの新聞社からコメントを頼まれた人が
自分のコメントの扱われ方についてクレームつけてたの思い出すな
どこの新聞社か忘れたけど


31:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:01:45.55 ID:UodP73yi

配給会社の東風自体が想田和弘の映画扱っててサヨだし、どうみても最初からグルの企画映画だよな


33:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:04:34.96 ID:gDmFuixN

日系人は本当に日系人なのか疑った方がいい


36:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:06:25.64 ID:AGT2zIou

左翼はいかに騙すかばかり考えているよな
それもだんだん稚拙になりばればれなのに
騙される馬鹿は一定数いるが、それ以上に反感を買っている


37:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:06:50.18 ID:jkTiGjFz

世界の人達に問いたい
あなたの家族を陵辱・虐殺した殺人鬼が
刑務所で罪を償ったのち、
あなたの前で言うのだ、
「罪は償ったので謝罪などしない」

これが、我々日本人のとっている態度



42:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:12:53.30 ID:jinQHFyi

>>37
ライダイハン


100:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 17:38:56.52 ID:rpUvuR8r

>>37
妄想を前提にしても、社会生活は無理だぞ。


41:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:12:17.28 ID:LBU/VjCQ

これは宣伝だよね???


58:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:26:13.36 ID:F35U47Xu

騙されそうもない人達が軽々騙されてるな、朝鮮人を信じてはいけないんだよ


60:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:27:32.70 ID:rXUkLElB

映画どころか実際の慰安婦を訴えたら?
嘘ばかりついてるだろ?


67:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:33:51.11 ID:b1XgxkoP

上映されてるんなら、当然上映中止の仮処分申請もしてるんだろうな。


71:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:39:58.61 ID:4bOJOZe+

氏素性を調べないとダメじゃね?


74:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 16:40:44.00 ID:O7l5xG0k

脅された上で思ってもないことを喋らされたならともかく、
自由に発言した内容なんでしょ?
そんなに恥ずかしいこと喋ったの?



105:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 18:07:59.05 ID:+/GHswt4

>>74
発言シーンに右翼とか差別主義者ってテロップ入れられてた


85:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 17:04:06.71 ID:KLCxLZuM

ほんまなんでも同じ手法ですな
語るに落ちとるというかメタファーというか


86:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 17:07:43.68 ID:4em8vZCi

これが公になれば資本の出どころとかが明るみに出るんじゃね
どうせ韓国資本だろこの映画


89:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 17:17:40.41 ID:xmz200+D

>>1
>「欧米の歴史学者は、虚構の慰安婦問題について中立の立場で物を言えません

そもそも歴史学の時点でお呼びじゃないわな
必要なものは証拠であって歴史モドキじゃないし


102:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/06/22(土) 17:47:09.98 ID:4xCi+ESC

歴史修正主義者 とかテロップが出る映画があったとしてさぁ
その時点で客観性ゼロじゃん。意味あるのかそれ




このエントリーをはてなブックマークに追加




他ブログのおすすめ記事