1:荒波φ ★ :2020/02/28(金) 09:33:27.18 ID:CAP_USER

2020年2月27日、中国メディアの観察者網は、パキスタンで発生している蝗害(こうがい=イナゴ・バッタ類による被害)対策で、中国から大量のアヒルを送ることになったと伝えた。

記事は、パキスタン側の必要に基づき、中国政府はバッタ駆除専門家チームを結成してパキスタンにすでに派遣していると紹介。これに続いて「10万羽のアヒルの軍隊が国を代表して出兵することになった」と伝えた。記事によると、この「アヒルの軍隊」は浙江省紹興市のアヒルたちで、「まるでバッタ根絶界における奇才」なのだという。

なぜバッタ被害にアヒルが有効なのだろうか?記事は、バッタの根絶には薬物による方法と生物を用いた方法があるが、環境保護の観点からすると生物を用いたほうがずっと良いと指摘。「薬物はコストが高いうえに農薬が残留する。生物は環境を汚染しないだけでなく、食物連鎖を修復できて一挙両得だ」との専門家の意見を紹介した。

生物を用いた方法には、カエルや他の鳥類もあるが、その中でアヒルが用いられる理由について記事は、「カエルや他の鳥類は指定のエリアでしか任務を行わず、バッタが移動しても追いかけない。すると新たな被災地に改めて投入しなければならず、コストがかかり、生物の種類によっては適さない場所もある」と説明した。

この点、「アヒルやニワトリの作戦能力は優れている」と記事は指摘。中でもアヒルは「群居を好み、管理がニワトリより容易で、生命力、エサを探す能力、耐寒能力に優れ、屋外で生きるのに適している」という。さらに「ニワトリ1匹で1日70匹のバッタを食べられるが、アヒルは200匹以上と約3倍の作戦能力を有している。しかも絨毯方式で食べつくし、サナギも食べてくれる」と専門家は説明している。

このほか、「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある」と記事は指摘。2000年に新疆ウイグル自治区で発生した蝗害では、浙江省のアヒル10万羽が「派兵」され、バッタを根絶した実績もあると記事は伝えた。


2020年2月28日(金) 9時20分
https://www.recordchina.co.jp/b784916-s0-c30-d0062.html


5:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:35:13.46 ID:5ylJc/sh

アヒルがバッタに食われそう


6:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:35:51.80 ID:g8X7hrml

鳥インフルがー


137:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 11:03:11.35 ID:U1D1HWwg

>>6
おれも思った。(´・ω・`)


140:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 11:20:26.50 ID:o/vynBvI

>>6
俺も思った2


7:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:36:06.27 ID:b+x6rEmp

どんな戦いになるのか見たい


9:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:36:37.75 ID:MHMo+SMr

「何とかウイルス」も同時に輸出。うはうは。


11:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:36:47.66 ID:FCfpwmyh

アヒルの中で突然変異したウイルスがw


12:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:37:00.55 ID:9EpkSWie

バッタ食べに行ったアヒルがその後現地で食われるのかー


15:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:37:20.02 ID:T2/aWUl5

中国製バッタもん工業品の駆除が先。


16:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:37:33.49 ID:5ylJc/sh

計算おかしくね
10万×200で一日2000万
イナゴ4500億匹……
ふむ?



43:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:47:51.93 ID:MHMo+SMr

>>16
4500*1e8/(200*10e4) = 22500(日)
あぁ、そういう計算をしたのか。


18:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:38:18.97 ID:eZGV7ITj

そのアヒル食われるぞw


19:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:38:23.71 ID:wrMhN1TJ

鳥インフルエンザですね
さらに混沌としてまいりました


23:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:39:31.18 ID:FPxHyXZD

バッタよりアヒルのほうがおいしそうだ。90%の意見


30:荒波φ ★ :2020/02/28(金) 09:41:58.94 ID:CAP_USER

何か 「今週のビックリドッキリメカ」 の画が浮かぶ


38:新種のポケモン ◆wl59mComes :2020/02/28(金) 09:45:52.55 ID:7+QWuMpK

>>30
ワロタwww
そんな感じですね(*´ω`*)


31:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:43:27.59 ID:vNEMSlyi

北朝鮮に食料として送ってやれよ。


34:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:44:31.89 ID:z10jsfFU

大躍進政策時代の

毛沢東「ソ連さん、スズメを100万羽ほど送って下さい。なる早で」
ソ連「なに言ってるの頭おかしいの?」

の件を思い出した


36:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:45:07.60 ID:flJwVtcG

10万羽のアヒル
中国の食料品じゃないのか
鳩でも食うのに可笑しな話だ


42:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:47:48.87 ID:V4GyBZId

バッタのせいで食うものが無いからって先に食われそうだが…


48:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:50:15.17 ID:C/xI/JJq

これがいわゆる「大躍進政策」でつね。


52:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:52:04.35 ID:9EpkSWie

2000年に新疆ウイグル自治区で発生した蝗害では、浙江省のアヒル10万羽が「派兵」され、
バッタを根絶した実績もあると記事は伝えた。

アヒル部隊には既に実績があるのが凄いw


56:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:54:47.04 ID:eDXPWAIC

>「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある」
(*´Д`)


60:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:56:11.83 ID:GKilwJKh

群生相で飛行特化して筋肉だらけで筋ばってるから
長野の蝗とちがって食えないらしいな
移動飛行するのは餌が無いのと、止まったら後ろの蝗に食われるから
口にあたったらなんでも噛みちぎるから
羽が破けたり片足の無い蝗も多数

アフリカのチンパンジーを解剖したら消化器官に消化できない蝗がみっしり詰まってて
それが死因だったらしいが、アヒルなら消化できるのか?



63:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:57:59.83 ID:plZSHleQ

>>60
マジかよ、あのイナゴは食べられないのか


90:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 10:15:09.44 ID:b23FV0p8

>>63
そもそも日本のイナゴというよりバッタだよこれ
しかも変位相で体スッカスカになってる


76:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 10:06:24.08 ID:GKilwJKh

>>63
長距離飛行するのにエネルギーが必要だから凄い食欲でなんでもかんでも食うし
長距離飛行して各地のバクテリアつけてるから
食いすぎで草の毒素が体内に溜まってて
死骸を肥料にすると生態系が崩れるとか
湿気というかバッタ黴に弱いから日本の6月くらいならしぬらしいけど
死骸が分解されたら日本の土がおしゃからしい


62:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 09:57:37.92 ID:XxkBi+sl

バッタはイナゴと違って糞不味いから中国人も食べないらしい・・・。
更にバッタに卵を産み付けられると2~3年は被害が出るそうな。
「2000年に新疆ウイグル自治区で発生した蝗害」で10万羽投入とあるが、
結局足りなくて最終的に30万羽くらい放したんじゃなかったっけな?
その時は本当に上手く行って国内外へ自画自賛を発信しまくってたようだが。

ピータンってアヒルの卵だっけ?
食べたことないから一度食ってみたいわ。


75:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 10:06:18.69 ID:z0VTovku

中国は何でもあるなw
おもしろい!


99:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 10:22:20.72 ID:hyTDM3RB

物凄く面白い試みだけどどう考えても数が足りないな。
信管をなんとかしたミサイルを撃ち込んだ方が早くないか?


109:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 10:30:12.68 ID:vWGSed5y

バッタ食わずに他のもんばっか食って被害出すオチが見えるな


111:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 10:31:32.61 ID:GFLfAEtf

アヒルといえども毎日バッタばかりじゃ飽きてきて
そのうちあんまり食べなくなるんじゃなかろうか


124:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 10:46:14.29 ID:ZWKQ87Hh

バッタは億単位では?
投入するアヒルの数が足りないような。


127:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 10:47:30.39 ID:gEQc5b1J

>>1
>…退役したアヒルは、その後現地の食卓に上がってごちそうとなり…

神様、そんな無慈悲な事この世にあって良いものなのでしょうか?


129:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/02/28(金) 10:49:09.92 ID:Xy+nSAPZ

>>1
ちょっとわくわくする




このエントリーをはてなブックマークに追加




他ブログのおすすめ記事