科学技術

世界各国の宇宙開発力に韓国がまるで追従できていないと専門家が憂慮 日本には一言も触れず

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2020/05/24(日) 12:29:44.68 ID:CAP_USER

米宇宙軍司令部は先月15日、ロシアがミサイルを使った衛星破壊実験をしたと主張した。ロシアがどのような種類の兵器を使ったのか明らかにしていないが、専門家らはモスクワ地域を弾道ミサイル攻撃から防衛するために配備されたヌードル弾道弾迎撃システムとみている。ヌードルは地球低軌道衛星まで破壊可能とされる。

これに先立ち昨年3月27日にはインドが高度300キロメートルの低軌道にある衛星をミサイルで破壊する実験に成功した。インドは世界で4番目に衛星攻撃能力を備えた国になった。

最初に衛星破壊能力を実験した国は米国だ。米国は1959年にテストした。旧ソ連は1960年代から実験した。中国は2007年1月に初めての実験に成功し、直近の実験は2014年7月にあった。

◇衛星破壊能力を保有した4カ国

人工衛星は軍事的に多様に使われている。特に全世界にわたり作戦を展開する米国に偵察衛星を通じた状況認識、GPSを通じた位置とタイミング、通信衛星を通じた情報交換は極めて重要だ。最近重要な脅威として浮上する極超音速兵器の早期発見に向け宇宙にセンサー衛星を配備する計画だ。こうした理由から各国は衛星破壊実験に非常に敏感に反応している。

衛星破壊は該当衛星の破壊にとどまらない。発生した破片が飛散し他の衛星に莫大な被害を与えかねない。各国は衛星の破片など宇宙ごみが自国の衛星に影響を及ぼさないか懸念している。

人工衛星を攻撃する手段も発展している。まず、地上や航空機から打ち上げする迎撃ミサイルがある。特に戦闘機に搭載して打ち上げされる迎撃ミサイルは低軌道衛星に致命的だ。

その次に宇宙軌道にとどまり命令が下されれば敵国の衛星を攻撃するキラー衛星がある。キラー衛星は迎撃ミサイルのように即応性はないが、目標にした衛星を監視し衝突して破壊できる。

ミサイルやキラー衛星は直接衝突して破壊する運動エネルギー兵器だ。これと対比されるものとして指向性エネルギーと呼ばれるレーザーなどを使ったりもする。


中央日報/中央日報日本語版2020.05.24 11:19
https://japanese.joins.com/JArticle/266261


続きを読む

韓国開発の世界最速エレベーターが日本製を結局超えられず 嫌なフラグを乱立している 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:新種のホケモン ★:2020/05/22(金) 09:13:18.50 ID:CAP_USER

現代(ヒュンダイ)エレベーターは1分で1260メートル移動できるエレベーター技術の開発に成功したと21日、発表した。1秒で21メートル(6階の高さ)を移動することになる。金属ロープではない炭素繊維ベルトタイプでは世界最速の速度だと同社は説明した。

このシステムを現存する地上で最も高い建物であるアラブ首長国連邦ドバイのブルジュ・ハリファ(828メートル)に適用すれば、57秒の最上階到達時間が46秒に20%減る。現代エレベーターは商用化に拍車をかけ、2022年に本社が移転する忠清北道忠州(チョンチョンブクド・チュンジュ)に世界最高の高さのテストタワーを建設し、エレベーターを設置する計画だ。

現在最速のエレベーターは日本の日立が製作したもので、中国広州のCFTファイナンスセンターに設置されている。分速は現代エレベーターが今回開発した技術と同じ1260メートルだ。
現代エレベーターの関係者は「日立のエレベーターは金属ロープが適用されている」とし「炭素繊維ベルトの適用製品では、今回開発した技術が最も速い速度を出す」と述べた。

韓国産業通商資源部の支援で2014年から5年にわたり行われた今回の研究には、現代エレベーターのほか、ウジン電装、シンソン素材、Nプラステック、DYETEC研究院、チャンアン機械など9つの国内企業や機関が参加した。

The Korea Economic Daily
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/266223?servcode=300§code=320

2020.05.22 09:06


続きを読む

韓国ソウル首都圏で管理不能の感染拡大が発生してしまう 専門家は追跡不能だと絶望的コメントを出す

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:鴉 ★:2020/05/21(木) 19:46:09.98 ID:CAP_USER

ナイトクラブから火元 韓国でコロナ感染拡大が再燃か
筆者 : アンドレイ オリフェルト

ソウルのナイトクラブで発生した新型コロナウイルスの拡大は、首都での集団感染としては最大のケースとなった。感染者数は160人を超えたが、拡大は止まる様子もない。ウイルスはすでに第4者を通じた感染にまで拡大しており、これまでと同様に多くの潜在的な媒介者は特定できていない。

新型コロナウイルスの第1波は主にテグ広域市とその近郊で拡大したが、今度は、全人口の半分が集中する首都圏で管理不能の感染拡大が発生するおそれがある。

わずか2週間前には1日の新たな感染者数は2人足らずと誇らしげに発表していた韓国だったが、現在ではその数値は19~30人。新型コロナウイルス克服にあと一歩のところまで到達していた韓国で、なぜ感染がぶり返したのか、スプートニクが検証を試みた。

●国内総生産VS新型コロナ

韓国での新型コロナウイルスの感染拡大は、当初、集団感染に関係していた。国内の1万1000超の症例の半分以上は、新興宗教団体「新天地イエス教会」の信者だ。

感染が広がりはじめた際、韓国政府は、密閉空間に多数の人間が集まって作業をしなければならない組織、事業体全てに状況が安定するまで活動を中止するよう要請した。こうした措置がとれない企業に対しては事業の継続が許可されたが、その場合、スタッフの検温やすべての部屋に手などの消毒液の配置といった規制の厳格な順守が求められた。

社会的距離を確保したために第1四半期の国内総生産(GDP)は1.4%低下してしまった。GDPの年間成長率が3%以下となったことを国家的悲劇と受け止めた国にとっては、この数字はあまりに大きいと言える。なによりも国内消費が落ち込んでしまったこと、そして世界的なパンデミックから海外市場をあてにした成長が見込めないことから、韓国政府はできるだけ速やかに、経済の活性化に着手する必要があった。4月19日から韓国政府は、社会的距離を「強化された」ものから通常の間隔に戻すと発表した。緩和措置は主に国立公園や他の野外地域での活動が対象とされ、無観客の会場でのスポーツの試合も許可された。大規模な集客を目的とした「イベントの中止」という勧告は「可能な限りひかえる」という要請に変更された。

●ゴールデンウィーク

韓国は1人あたりの年間の労働時間がもっとも長い国の1つとして知られている。そのため、当然5月の「ゴールデンウィーク」には多くの国民が休息や旅行を楽しむ。リゾート地である済州島当局などは、行政区内で新たに感染者が1人でも現れた場合、損害賠償を請求すると威嚇し、できるだけ島を訪問しないよう求める手段にまで訴えた。その結果、島を訪れたのは約18万人となり、何事もなく連休期間を終えることができた。

5月6日、韓国政府は最終的に規制勧告を解除し、原則としてこの間に提示された規定を遵守することですべての人々に活動を許可した。ところがまさにその日、ソウルから南にわずか数十キロしか離れていない龍仁市で29歳の男性から新型コロナウイルスが検出されたことが明らかとなった。この男性は、ゴールデンウィーク中に国内旅行を行い、数十か所のレストランで食事をとり、さらに5月1日と2日の深夜、首都中心部にある人気の歓楽地区の梨泰院の5つのクラブでダンスを楽しんだことが後に明らかとなった。

政府ははじめこの男性との接触者を1500人と数えたが、しかしその後、時間枠と地理的範囲を拡大し始めた。その結果、4月24日から5月8日までに梨泰院のナイトクラブを訪れた可能性のある5517人がリストアップされ、また、彼らと接触したおそれのある全員が確認された。このうち約90人は19歳から29歳の若者で、実際にクラブを訪れていた人たち。残りの人たちは彼らから直接または第3者を介して感染していた。また、新たな発症源に関連した感染ケースが国内の多くの地域で確認された。慰めになるのはすでに4万6000人が検査を受けたこと、爆発的な感染拡大は現時点では見られないことだが、それでもナイトクラブの訪問者リストに挙がった2500人は、クレジットカードのオペレーション履歴を追跡してまでも、伝染病研究者らは特定ができていない。

当分の間、娯楽施設は首都ソウルでも大部分の地方でもすべて閉鎖されている。ナイトクラブでの新型コロナウイルスの拡大により、教育機関での授業の開始も月末まで延期となった。
https://jp.sputniknews.com/amp/covid-19/202005217472101/


続きを読む

世界的ワクチン戦争から韓国だけが疎外される可能性を専門家が憂慮 日本については一切言及せず

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:新種のホケモン ★:2020/05/20(水) 10:06:52.65 ID:CAP_USER

米バイオ企業モデルナのワクチン候補物質が臨床第1相試験で全員抗体形成という意味のある結果を得た。世界が新型コロナウイルスと死闘を行う渦中に聞こえてきた鼓舞的な知らせだ。ワクチン早期開発の期待が大きくなり米国だけでなく韓国の証券市場も急騰傾向を記録した。

しかし楽観は早い。トランプ米大統領が「年内のワクチン開発完了」を目標に掲げたが、大多数の専門家は慎重論を堅持している。肯定的な1次臨床結果はまだ始まりにすぎないとみなければならない。国際ワクチン研究所のジェローム・キム事務局長によると、通常ワクチン開発には5~10年という歳月と5億~15億ドルの費用がかかる。

各国がワクチン開発戦争を行って政府支援を惜しまないのもこうした難度のためだ。米国は「超高速作戦」という名前で政府、軍、民間製薬会社が合同開発を進めている。中国も習近平国家主席が直接乗り出して国有企業と人民解放軍まで動員している。欧州でも民間製薬会社に対する政府支援を強化しろとの要求が高まっている。各国が各個戦闘式の速度戦を展開する理由は明確だ。「ワクチン覇権」のためだ。開発されたワクチンを自国民に優先使用できるだけでなく所有するワクチンの配分権は外交・通商で有用な武器としても使える。

問題は韓国の立ち位置だ。すでにワクチンと治療薬を特定国や製薬会社が独占する可能性に対する懸念は大きくなっている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は数日前に世界保健機関(WHO)総会の基調演説で「治療剤・ワクチン開発のために国境を超えて協力しなければならない」と話した。成功的防疫経験を基に国際連帯の価値を強調したという意味がある。しかしこうした声が当為にとどまらないようにするならワクチン・治療剤開発で意味ある成果が裏付けられなければならない。世界的新薬覇権戦争から韓国だけ疎外されることがないよう国家的努力を傾けなければならない。

もちろんわれわれも手をこまねいていることはない。韓国の製薬会社がそれぞれワクチンと治療剤開発に積極的に乗り出しており、政府も支援団を構成するなど動いている。しかし客観的に遅れを取っているのが事実だ。世界有数の製薬会社がすでに人間を対象にした臨床試験に入った状態だが、まだ韓国では動物対象試験にとどまっている。韓国は検査キット開発で世界の賛辞を受けたが、ワクチン開発は技術的難度と投資規模などから次元が異なる問題だ。

政府支援が十分なのか振り返る必要がある。ワクチン実用化事業団予算119億ウォンを新型コロナウイルスワクチン開発に最大限投じる計画だと明らかにしたが、すでに決まった予算を回すにすぎない。新たに投入された予算は予備費と追加補正予算を合わせて60億ウォン程度だが恩着せがましい水準だ。米国では今回成果を出したモデルナ1社が連邦政府から支援された金額だけで5億ドルだ。予算項目や研究開発順位調整などで投資規模を増やす必要がある。新薬開発のファストトラックが可能になるよう関連許認可規定も果敢に手を入れなければならない。成功的防疫経験で積んだ自信をワクチン開発に積極的に活用するよう望む。

中央日報日本語版 5/20(水) 9:52
https://news.yahoo.co.jp/articles/f183098743c9e6f22fd41d7e7be644f6c4bf293d


続きを読む

日本が開発したコロナ治療薬に韓国が独自特許を出願したと判明 東大の研究成果を丸パクリした

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:新種のホケモン ★:2020/05/16(土) 22:13:29.26 ID:CAP_USER

新型コロナウイルスの治療薬としてナファモスタットが、レムデシビルより600倍の効果をもつと期待されることがわかった。

 14日、韓国メディアによると、韓国パスツール研究所の研究チームがこの効果を発見したという。

 研究チームは「新型コロナウイルス抑制効果のある24の薬物でヒト肺細胞培養実験をおこなった結果、血液の抗凝固剤、膵炎治療薬の成分とさるナファモスタットメシル酸塩が、最も強い抗ウイルス効能を示した」と発表。

 新型コロナウイルスが細胞に侵入する過程で、TMPRSS2というタンパク質分解酵素が作用するというドイツの研究結果を参考にしたという。既存の商用薬物のうち、ナファモスタットがTMPRSS2を抑制する点に着眼した。

 この研究チームは、研究結果を論文事前掲載サイト「バイオアーカイブ」に報告し、特許を出願した上で関連分野の国際ジャーナルに論文掲載への承認を申請した。

 韓国パスツール研究所科学技術情報通信部と行政安全部が支援する国民生活安全緊急対応研究事業の一環として、既に許可されたものや開発段階の薬の中で新型コロナウイルス治療薬の候補物質を発掘する薬物再創出研究をことし2月から実施してきた。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00258767-wow-kr

5/15(金) 11:17配信


続きを読む

イタリア医師がPCR検査強行が感染爆発の原因だと断定 日本の正しさが証明されてしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:レッドインク(大阪府) [IT]:2020/05/15(金) 16:45:28.31 ID:yOJg7z+90 BE:932354893-PLT(12931)

dotup.org2146702


イタリア、新型コロナ死者3.1万人 伸びは7日以来の高水準
https://news.yahoo.co.jp/articles/3156bfccda3ca301da4e24b29be3018b4102e834


続きを読む

韓国産のK新薬がフランス企業に役立たず認定されて韓国側激怒 有望な新薬は軒並み壊滅した

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:新種のホケモン ★:2020/05/15(金) 15:51:23.73 ID:CAP_USER

色あせる世界最高K防疫…K新薬が臨床試験でまた挫折

「任重道遠」(任務は重く、道は遠い)。韓国国内の専門家がKバイオの現住所を診断する時に使う代表的な表現だ。最近、新型コロナウイルス感染症の大流行で韓国診断キットが好機が注目を浴びているが、製薬バイオ産業の核心の新薬開発はまだ道が遠い。国内製薬業界1位のハンミ薬品はフランス系多国籍製薬会社サノフィに技術輸出した3兆ウォン(約2616億円)規模の糖尿病新薬「エフェグレナタイド」が臨床第3相の途中に返還されたと14日、明らかにした。これでハンミ薬品が推進してきた5兆ウォン規模の持続型糖尿新薬ポートフォリオ「クアンタムプロジェクト(Quantum Project)」の権利がすべて返還された。昨年のシンラジェン、コーロン生命科学、ヘリックスミスの臨床試験の挫折に続くショックだ。

サノフィは2015年、ハンミ薬品から糖尿病注射剤エフェグレナタイドを導入した後、臨床試験に着手した。しかし昨年9月に最高経営責任者(CEO)が交代し、がん・血液疾患・希少疾患・神経系疾患の4つの領域を研究開発(R&D)集中投資分野に選定し、糖尿病など研究を中断すると明らかにした。当時はまだ開発中の薬品に対しては臨床を完了した後、グローバル販売を担当するパートナーを物色するという立場だったが、最近になって突然、契約解約を通知したのだ。

臨床試験の失敗ではなくグローバル製薬会社の戦略変更による結果だが、力が弱い韓国製薬会社の現住所を表す事件だ。ハンミ薬品とサノフィは今後120日の協議後、契約解除を最終確定することになる。ただ、権利返還後にもハンミ薬品がサノフィからすでに受領した契約金2億ユーロ(約2640億ウォン)は払い戻さなくてもよい。ハンミ薬品の関係者は「サノフィ側がその間、エフェグレナタイド臨床進行に対する意志を明らかにし、臨床第3相に参加中の患者がいるだけに臨床を中断してはいけない」とし「必要な場合、損害賠償訴訟など法的手続きを踏む」と述べた。

臨床第3相はこれまでもKバイオの「墓」だった。国内だけでなくグローバル製薬会社にも莫大な費用がかかる臨床第3相は越えるのが難しい関門だ。第3相は実際の患者を対象に薬物の効能を評価する最後の臨床試験となる。大規模な患者を対象にするため数千億ウォンの費用がかかる。

昨年、韓国バイオ企業は臨床第3相の前で何度も挫折した。コーロン生命科学の「インボサ」事態が発生したのに続き、ヘリックスミスの糖尿病性神経障害(DPN)遺伝子治療剤「エンジェンシス」も臨床第3相の最初の段階でつまずいた。その後、調査団を設けて原因を調査し、現在、再挑戦を準備中だ。米食品医薬品局(FDA)によると、2006-15年の臨床第1相に進入した新薬候補物質が第3相まですべて通過して最終的に販売される確率は9.6%だ。

国内製薬会社はその間、「技術輸出」というカードを積極的に活用してきた。新薬開発一つに兆ウォン単位の莫大な費用がかかる臨床試験に対する負担を減らすためだ。グローバル製薬会社も最近、新薬開発の70%を中小製薬会社に依存している。新薬の自主開発よりも可能性のあるものを選んで育てる方が経済的という判断からだ。

このため新薬の開発は今回のハンミ薬品の事例のように、パートナー会社の契約不履行など市場状況によって支障が生じたりもする。この時、韓国製薬会社は「経験不足」のためさらに劣勢となる。普通、製薬会社は臨床を「臨床試験受託機関」(CRO)に委託するが、グローバルCROを統制して結果を分析し、正確に要求するほどの経験がないため、臨床第3相でいつも挫折する事例が生じるということだ。韓国製薬バイオ協会のイ・ジェグク専務は「グローバル新薬開発という側面で、韓国製薬会社は現在、成長痛を経験している」とし「グローバル製薬会社も我々のように失敗と挫折を繰り返しながら発展してきたという事実を忘れないでほしい」と述べた。

中央日報日本語版 5/15(金) 15:36
https://news.yahoo.co.jp/articles/6bae553108929f2fc0514d12189aef47a081345e


続きを読む

問題続きの韓国建設業に新たな自滅フラグが成立したと判明 日本から継承された用語を全破棄する

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2020/05/15(金) 12:15:23.28 ID:CAP_USER

韓国道路公社と国立国語院は今月14日、道路・建設分野の容易で正しい言語文化造成のための業務協約(MOU)を結んだと15日、明らかにした。

両機関は道路・建設分野で慣行的に使われている日本語風の用語と無分別に乱用している外来語を改善し、望ましい言語使用環境を整えていくことにした。

このため、道路公団はシマイ(仕上げ)やノリ(傾斜)など、現場に残っている日本語風の用語や、高速道路関連の説明書などで使われている純化が必要な用語を見つけ出し、国立国語院と共に道路・建設分野の専門用語標準化作業を推進する計画だ。

キム・イルファン建設本部長は「道路・建設分野の言語を純化して建設労働者だけでなく国民が使いやすく理解できる用語を普及させる」と語った。


中央日報日本語版2020.05.15 11:12
https://japanese.joins.com/JArticle/265983?servcode=400§code=400


続きを読む

中国製ロケットの残骸が米ニューヨーク上空をかすめて落下 こんな大規模な再突入は見たことない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:断崖式ニードロップ(茸) [KR]:2020/05/15(金) 01:00:45.75 ID:Jhdgc0Bs0 BE:271912485-2BP(2000)

中国のロケット長征5号Bのエンジンがニューヨーク上空をかすめて落下、重さは約20トンでここ30年では最大のスペースデブリ

2020年5月11日に、中国が打ち上げた長征5号Bロケットのエンジンがニューヨークの上空を通過してからわずか15分後に大気圏に再突入し大西洋に落下したと報じられています。
専門家によると、このエンジンの重さは17.8トンで、制御されないまま大気圏に再突入した人工物としては1991年に落下したソ連の宇宙ステーション以来最大だったということです。

ロケットの部品を追跡した軌道予測から、コアステージと見られる部品の一部は再突入の15分前にはハリウッドやニューヨークの上空を通過したとされており、マクダウェル氏は「こんなに多くの主要都市の上空を通過する大規模な再突入は見たことがありません!」とTwitterでつぶやいています。

https://gigazine.net/news/20200513-chinese-rocket-largest-uncontrolled-space-debris/


続きを読む

「韓国には認められていない権利を日本が行使した」と韓国マスコミが不快感 核燃料再処理の審査で合格した

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2020/05/14(木) 09:54:09.92 ID:CAP_USER

日本原子力規制委員会が13日、日本原燃が運営する青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場に対する安全対策審査で事実上の合格判定に該当する「審査書案」を処理したと、日本経済新聞など日本メディアが一斉に報じた。

日本経済新聞は「六ケ所村工場は使用済み核燃料を原子力発電に再利用する政府の核燃料サイクル政策の要の施設」とし「稼働には安全対策工事の完了や立地自治体の同意が必要で、2021年度以降となる」と伝えた。

稼働時期について読売新聞は「日本原燃は安全対策工事を行い、2021年度上期に再処理工場を完成させたい考え。青森県や六ケ所村などの同意を得た上で、22年1月の稼働を目指す。

ただし、規制委は設備の詳細設計や工事計画に関する別の審査に最低1年かかるとみており、日本原燃の計画通りには進まない可能性が高い」と報じた。

再処理工程では、原子力発電所から排出される使用済み核燃料から原子力発電に再使用できるウラン・プルトニウムを抽出し、これを混合酸化物(MOX)燃料に再び加工する。

韓国とは違って日本は自国内の施設で使用済み核燃料を再処理する権利を米国から認められている。


現在は日本国内に関連施設がなく海外に再処理を委託してきたが、六ケ所村の工場が稼働すれば年間800トンの使用済み核燃料の再処理が可能になる。

東京新聞は「(工場稼働による)核兵器に転用可能なプルトニウムの大量保有は国際社会の懸念を招きかねず、工場が完成しても(原発稼働率が低い日本の現実で)どれほど稼働できるかは不透明だ」と指摘した。

日本経済新聞によると、1993年に着工した六ケ所村再処理工場は当初1997年に完工する予定だったが、大小の事故が続いて2006年に最終試運転を始めた。

2011年の福島原発事故以降、核燃料関連施設に対する安全審査基準が厳格になり、2014年1月から6年4カ月にわたり安全審査を受けた。


中央日報/中央日報日本語版 2020.05.14 09:44
https://japanese.joins.com/JArticle/265918


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
アクセスランキング
スポンサードリンク
最新記事


スポンサードリンク
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ