科学技術

【訂正】誤記載について

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いくつかの記事でフッ化水素をフッ酸ではなくフッ素と記載するミスがありました。
お詫び申し上げるとともに、謹んで訂正いたします。

続きを読む

「フッ酸分子の大きさが異なるため韓国産では対応不能」とSK会長がお手上げ宣言 国内では同等の精度はない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:チキンウィングフェースロック(東京都) [US]:2019/07/19(金) 22:35:49.88 ID:nGnIiPnZ0 BE:416336462-PLT(12000)

チェ・テウォンSKグループ会長が日本の対韓国輸出規制品目であるフッ化水素に関して、国内の大手企業が韓国の中小企業の製品を使わないといういくつかの政界の主張に対して、「これは品質の問題であり、今後、次第に良くなると思う」と述べた。

チェ会長は18日、済州新羅ホテルで開かれた「第44回済州フォーラム」で記者たちに会った席で「韓国も中国も、半導体を多く生産するが、品質の(差の)問題」とし「半導体製造工程に必要なフッ化水素の分子の大きさなどが異なり、工程に合わせてフッ化水素を使わなければならないのに(まだ)私たちの内部(国内)では、そのレベルまでの精度はない」と述べた。

これに先立ち、今回のフォーラムに講演者として参加したパク・ヨンソン中小企業ベンチャー部長官は
「中小企業に会って聞いてみるとフッ化水素の生産が不可能とした問題は、大企業が買わないということ」とし「今回の日本の輸出規制は、私たちに危機であり、機会であり核心技術を保有している中小企業を育てなければならない」と主張した。

チェ会長は、日本の輸出規制対策と関連し「各自でそれぞれ引き受けたことをゆっくり良くしていくしか解決策はない」とし「私が日本に行かなければならない事態が起これば日本に行って私たちが助けられることは助けて、必要なことは助けを受ける共生の方法を一つずつ見つけ出す」とし、必要に応じて直接日本を訪問し、問題解決に乗り出すことを示唆した。ただし彼はSKハイニックス次元の緊急計画については、「対策が一日で出すことができる問題ではないので、ゆっくり一つずつ用意する」と言葉を慎んだ。

以下ソース
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=081&aid=0003015278&date=20190719&type=1&rankingSeq=10&rankingSectionId=101


続きを読む

韓国製自動車の複数の中核部品が日本独占品だと判明してしまう 産業基盤を日本に握られていた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2019/07/17(水) 12:43:40.65 ID:CAP_USER

日本の経済報復が半導体・ディスプレー分野を超え、自動車・機械産業に広がるという懸念が大きくなっている。

日本政府がすでに韓国主力業種と代表企業の「急所」を把握する作業を終えたという観測が提起され、関連業界は台風前夜の緊張感に包まれている。

16日の業界によると、自動車のパワートレイン(エンジン・変速機などの動力伝達装置)に使われる積層セラミックキャパシタ(MLCC)市場を日本企業が掌握しており攻撃対象になる可能性が大きいという見通しが出ている。

MLCCは電力を貯蔵して半導体などの部品が必要とするだけ供給する「ダム」の役割をする。自動車だけでなくスマートフォン、テレビ、家電などほとんどすべての電子製品に使われており、半導体とともに「産業のコメ」と呼ばれる。

自動車のパワートレインにはMLCCの中でも高仕様の製品が使われる。内燃機関車のパワートレインには400~600個、電気自動車には3000個程度のMLCCが使われる。自動車の電装化が急速に進み需要はさらに急増している。

電気自動車1台にはパワートレインを含め1万5000個以上のMLCCが使われる。スマートフォンの1000個、テレビの2000個などに比べはるかに多い。サムスン電機が中国・天津に自動車電装用MLCC工場を作っているのもこうした需要のためだ。

自動車のパワートレインに使うMLCCは日本の村田製作所とTDKが世界市場を独占している。村田製作所本社前のホテルには世界から駆けつけた購買担当者が陣を敷いているという話が出るほどだ。

業界関係者は「パワートレイン用MLCCは村田製作所とTDKが世界市場の100%を占めており代替が難しい。日本が韓国の自動車メーカーを狙って輸出を規制すれば打撃は避けられない」と話す。

自動運転車の核心装備である超精密カメラに使われる光学レンズの基本技術も日本が保有している。

韓国投資証券リサーチセンターが最近出した報告書「日本の輸出規制と市場」によると、現代自動車は水素自動車に使われる科学素材を、双竜自動車とルノーサムスン自動車は核心部品である変速機を日本から輸入している。

機械業界も緊張している。サムスン証券が関税庁の昨年の統計を分析した結果、韓国の特殊目的機械と一般目的機械産業の対日依存度(全輸入のうち日本からの輸入割合)はそれぞれ32.3%と18.7%だった。

サムスン証券のユ・スンミン投資戦略チーム長は「近い将来日本が追加制裁を通じて韓国に対する圧力レベルを高めるだろう。半導体に続き自動車と機械が次のターゲットになる可能性が大きい」と予想した。


2019年07月17日09時00分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/613/255613.html?servcode=A00§code=A10


続きを読む

崩壊危機のHUAWEIが最悪級の自爆提案をやらかして周囲騒然 バックドアの存在を自白した

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:アンドロメダ ★:2019/07/14(日) 21:27:29.87 ID:tMVJvppZ9

中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の梁華会長は、機器への不正アクセスを可能にするために開発者が埋め込んだ脆弱性(バックドア)を利用しないと、各国当局と合意書に署名する用意があると述べた。「中国には、企業が情報収集に従事することを義務付ける法的規制はありません。私たちは各国現地の法律に従ってビジネスを行います」

バックドアとは、開発者によって意図的に埋め込まれたアルゴリズムの欠陥。これによりデータへの不正アクセスやオペレーティングシステム(OS)とコンピュータ全体の遠隔操作が可能になる。

5月、米国の情報通信インフラを外的脅威から保護するために米国企業はファーウェイとの取引が禁じられた。その後、禁止は90日間延期されたが、ファーウェイ社のスマートフォンの大半はグーグルのAndroid OSで動作するため、同社の状況は依然として困難であり続ける。トランプ米大統領は、大阪で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で中国の習近平国家主席と会談し、ファーウェイに対する制限解除の可能性に言及した。

https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/568/29/5682912.jpg
https://jp.sputniknews.com/business/201907136464934/


続きを読む

韓国が目指すフッ酸の独自生産が事実上不可能だと判明 かつてのやらかしが負の遺産を残す

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/07/12(金) 17:18:56.91 ID:CAP_USER

日本政府の韓国に対する半導体材料であるフッ化水素輸出規制(ホワイトリストから除外)の影響で韓国は大混乱だ。フッ化水素が無ければ韓国企業の製造業は痛手を食らい工場が停止するだけでなく倒産する会社も出てくる。

そこで韓国は「自国でフッ化水素を製造する」としているが、そもそもそれは現時点では不可能なことが分かった。韓国には「化学物質の登録、評価等に関する法律」通称「亡国法」と呼ばれる法律があり、これは2013年に施行された。

これが施行された理由としては2011年の加湿器殺虫剤の事故だ。この加湿器殺虫剤の事故により多数の死者が出て、韓国では化学物質の研究・開発が著しく阻害された。

新規化学物質1つ輸入するのすら書類作業で8~11ヶ月かかり、情報公開の過程で企業秘密流出の恐れがある。極めて深刻な法律となった。

このほかにも「化学物質管理法」という物もあり、こちらは2012年にフッ酸漏れ事故を機に改訂された法律。有害物質取扱工場が満たすべき安全基準が従来の79から413個と約5倍に増えた。


こんな法律のせいもあり、韓国国内でフッ化水素を製造するよりも日本から高純度なフッ化水素を輸入した方が早いというわけだ。

現在、韓国国内でフッ化水素を製造するとしているが、法律がこのままだと製造がままならないのはご存じの通りだ。ただ韓国政府が簡単に法律を変えてしまうのは容易に想像できる。

https://gogotsu.com/archives/52211
2019/07/12 11:28


続きを読む

「日本の輸出規制は韓国人全員を覚醒させた」と韓国知事が批判 半導体部品の全国産化を推進する

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/07/12(金) 19:03:24.46 ID:CAP_USER

韓国の李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事が12日、京畿道華城(ファソン)のある半導体企業で開かれた与党「共に民主党」の現場最高委員会議で「日本の経済報復は傲慢さの傍証」と批判した。

李知事はこの日、韓国の半導体産業グローバル競争力強化のための最高会議で「普通、制裁といえば輸入規制や関税強化などが一般的だが、日本が今回前面に出した経済制裁は実に奇抜だ。売る側から輸出を規制するというから傲慢さの傍証と言わざるを得ない」と主張した。

李知事は「今回の半導体規制は世界的な経済戦争の序幕にすぎないのかもしれない。独占的地位を利用した日本の貿易報復は明らかに危機だが、半導体部品の国産化がどれほど重要なのか我々全員を覚醒させた機会でもある」と話した。

李知事は「今からでも企業と国民・国家が一つの志で国産化を実現し、安定した供給システムを作らなければならない」としながら「残念なことに日本の規制で最も大きな打撃が予想される場所が京畿道だ。国内半導体事業体の50%以上、半導体産業従事者60%以上が集約されているため」と懸念をにじませた。

続いて「安定した供給体系の維持が長期的により大きな利益という観点で、国内中小企業との協力体系を構築しながら企業活動を展開しなければならない」としながら「京畿道が全力で支援する」と宣言した。

その後、李知事は共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表とともに防塵服を着て半導体素材評価施設を視察した。

日本政府は今月4日から「輸出管理をめぐる不適切な事案発生」を理由に挙げて韓国に対する半導体関連の核心材料3品目の輸出規制を始めた。3品目は▼レジスト▼エッチングガス(高純度フッ化水素)▼フッ化ポリイミド--だ。安倍晋三首相は「北朝鮮と関連があるのか」という質問には言及を避けながらも「正確な輸出管理をしているとしっかりと提示してくれなければ、我々は(該当品目を)輸出することはできない」と主張した。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=255491&servcode=a00§code=a10
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年07月12日 17時08分

https://i.imgur.com/881i6nt.jpg
李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事

関連
【韓国】「自国でフッ化水素を作る」 →  自国の法律により製造できなかった[7/12]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1562919536/


続きを読む

「化学分野に強い独露に協力してもらおう」と韓国が代替手段を模索 他国に依存する体質は変わらず

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/07/11(木) 07:59:56.67 ID:CAP_USER

10日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との青瓦台(チョンワデ、大統領府)懇談会に参加した企業家は「危機を機会にしよう」として政府と企業間緊密な協議を通じて短期・中長期的対処をしていくことで意見を一致したと高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台報道官は記者会見を通じて伝えた。

企業家は「すべての措置を取る」として「中長期的にも日本の今回の措置が韓日の経済協力に役に立たないという点を民間レベルで説得する」と話したと高報道官は明らかにした。

当初、青瓦台は「企業家など34人の出席者全員に発言の機会を与えるだろうが、日本企業と取り引きする企業の状況を考慮して発言者を非公開とする」と伝えた。34人の中で18人が発言したことが分かった。取材の過程で一部実名と発言の内容が確認された。

「韓国の主力産業が世界市場で確固たる競争力を備えるためには、これを後押しする韓国の基礎産業が強固でなければならない。LGも国内素材部品産業の育成に最善を尽くすだろう。まず世界的な競争力の確保が優先されるべきだ。世界的企業も韓国大企業に注文する時、競争力のある素材部品の採択を要求している」〔LGエレクトロニクス具光謨(ク・グァンモ)会長〕

「(日本との)技術格差を通じて半導体の生態系を維持していく」〔SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長〕

「半導体関連3つの品目に対する輸出規制は該当大企業だけの問題でない。部品素材が一つなくて生産ができなければ関連協力中小企業が被害を受ける。部品素材産業の発展のために大・中小企業間協業体系を作る必要がある」(キム・ギムン中小企業中央会長)

「製品のR&D(研究開発)を進めてみると、普通あるプロジェクトに半年ほどを集中しても成功するかどうか分からない。週52時間勤務の施行で集中的研究が難しい状況になったが、現行の1カ月である特例(選択的勤労)を増やしてほしい」(サムスン電子のユン・ブグン副会長)

この日、複数の懇談会出席者によると、ある企業家は「韓日紛争が外交的に解決されることを期待している」と要請したという。企業家は輸入先など調達網の多角化を強調し、特定国家の依存度を下げる努力が必要だという認識も表わした。化学分野に強みがあるロシアやドイツとの協力拡大の方針もアイディアとして提示された。

短期間内で国内部品・素材のコア技術の確保のために戦略部品産業分野の買収・合併(M&A)を検討する必要があるという意見も出たという。企業家は「韓国経済の問題点は資本が古いということ」とし、部品・素材分野に資金が流れない問題点を指摘し、金融部門の規制を緩和してほしいとも要請した。最近、強化された化学物質管理法をめぐり「新しい化学物質を作る過程では負担になる。柔軟性をもつ適用が必要でないか」という異見もあった。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=255407&servcode=300§code=300
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年07月11日 07時37分


続きを読む

「1ヶ月あれば韓国産フッ酸でラインを再構築できる」と韓国LGが示唆 フッ素の国産化作業を既に開始した

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:張り手(家) [ニダ]:2019/07/10(水) 23:08:53.56 ID:hvsUxpHe0 BE:151915507-2BP(2000)

LG脫日本のプロジェクトを開始。フッ化水素国産代替
パク・ソヨン 入力2019.07.10。11:20 コメント366件

[アジア経済パク・ソヨン記者] LGグループが日本の半導体・ディスプレイの核心素材(フッ化水素、レジスト、フッ化ポリイミド)輸出規制を避けるためにフッ化水素国産化作業に突入した。

サムスン電子とSKハイニックスも日本供給線をさらに期待するのは難しいほどフッ化水素を国産に変える方針を立てたことが分かった。国内主要IT企業の素材「脱(脫)日本」プロジェクトが具体化し始めたのだ。

10日、関連業界によると、LGグループの系列会社であるLGディスプレイは、最近の生産工程で使用される素材であるフッ化水素を既存の日本産の国産に交換することに決定したことが確認された。LGの主力事業の一つであるディスプレイ部門が日本の輸出規制に支障を受けないための苦肉の策だ。

LGは国内A企業のフッ化水素製品を選定し、安全性のテスト作業を進めている。約1ヶ月のテスト期間が必要と伝えられる。LGは、テストを経て、安全性が確保されると、すぐに生産工程に適用する方針だ。

業界では、A企業のフッ化水素に対する期待感が高い。A企業はフッ化水素の原料である中国産蛍石やエキスを直接輸入及び抽出・加工・販売してきたメーカーとして知られている。LGはこのような経路で生産されるA社フッ化水素を採用する場合、日本の輸出規制を回避することができるものと判断している。LGディスプレーは、既存ステラ、森田などから輸入した日本産フッ化水素を使用してきた。

業界関係者は「LGディスプレイエッチング及び洗浄に使用されるフッ化水素を国産に置き換え可能であると判断し、テストを開始した」とし「機器の交換などは別途必要ありません安定性だけ確保されれば即座に採用が可能だろう」と伝えた。

半導体・ディスプレイの核心素材の国産化は国内素材産業の技術開発を導くという点で肯定的に評価される。その中でも、ディスプレイ部門は、半導体よりも要求品質が比較的低く素材の国産化が有利であると見ている。

半導体企業は1億分の1(ナノ)半導体プロセスで「ファイブナイン」(99.999%)級の高純度のフッ化水素を書く収率(生産量比欠陥のない製品の割合)が高くなり、品質も担保することができますが、
ディスプレイの工程は半導体企業ではなく、材料の選択の幅が広い。

サムスン電子、SKハイニックスなど半導体企業もフッ化水素国産化カードを検討している。これらの企業は、国内フッ化水素製品を指名して、遅かれ早かれ、テスト作業に突入すると言われている。

ただし国産フッ化水素を製造工程に採用しても十分な量の確保が容易ではない。

半導体メーカーの関係者は、「フッ化水素は、日本で主に輸入されたが、国内でもすでに生産をしていて国産製品の生産工程を採用は困難ではないだろう」とし「物量的な面で追加の需要があることができ、継続的な監視をしている "と述べた。
https://news.v.daum.net/v/20190710112018184


続きを読む

「韓国製の有機ELは日本特許がないと製造できない」と専門家が指摘 パネルの対日供給制限を示唆

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:エルボードロップ(東京都) [JP]:2019/07/09(火) 23:45:34.93 ID:MlQi+PAk0 BE:323057825-PLT(12000)

中小型・大型向けで世界シェア9割に達する韓国の有機ELが、日本の輸出厳格化に揺れています。有機ELの製造に必要不可欠な「フッ化ポリイミド」の輸出厳格化を受け、韓国紙はどう報じているのでしょうか。

韓国ETNEWSは「素材の国産化を進めよう」というタイトルで、有機ELパネルの核心素材を日本などの外国に依存していることを問題視。

iPhone Xなどに搭載されているフレキシブル有機ELのポリイミド基盤は100%日本に依存している他、有機ELの発光素材のうち、最も技術難度の高い青色発光素材は日本の出光興産が独占。同社の特許を避けて競争力のある素材を他社が開発することは難しいと伝えています。

対日「有機EL輸出規制」論も

また、複数の韓国メディアは香港紙SCMPを引用し、韓国が日本に対抗して有機ELパネルの対日供給を制限した場合『ソニーやパナソニックはハイエンドTV事業から撤退を余儀なくされる』との専門家の指摘を紹介。また、スマートフォンの製造にも悪影響が及ぶと指摘しました。テレビ向け有機ELパネル供給は韓国LGがほぼ独占しており、ソニーやパナソニックもLG製パネルを調達して自社の有機ELテレビに搭載しています。

韓国有機ELは半ば日本製、現地紙が危機感
https://news.livedoor.com/article/detail/16747872/


続きを読む

「フッ化水素の兵器転用は事実上不可能」と韓国専門家が反論 科学的にも話にならない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:稲妻レッグラリアット(ジパング) [NL]:2019/07/08(月) 19:42:34.60 ID:u89fHwaY0 BE:754019341-PLT(12345)

輸出優遇除外:フッ化水素の化学兵器転用、日本の主張を韓国の専門家が反論
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/08/2019070880024.html

自民党の萩生田光一幹事長代行が「(日本が輸出した)化学物質の行く先が分からないような事例(がある)」と発言したことを巡って、韓国政府は「そんなことはない」と否定した。韓国の業界や専門家らも「現実味がないだけでなく、科学的にも話にならない」という立場だ。
(略)
また「フッ化水素は化学兵器を作るのに利用できる」という日本の主張について、専門家らは「事実上不可能」という立場だ。

李悳煥(イ・ドクファン)西江大学化学科教授は「兵器として使う毒ガスは、ほとんどがリンや塩素の化合物で、フッ素化合物はない。フッ素化合物を武器として使うには、不便な点が一つや二つではない」と語った。

もちろん、半導体製造に使われるフッ化水素が漏れたら、人や動植物に深刻な被害を与えることはあり得る。2012年に慶尚北道九尾で起きたフッ化水素酸(フッ酸)ガス漏れ事故では、工場の労働者5人が死亡し、18人が中毒症状を起こした。だがこれは瞬間的に大量のフッ化水素ガスにさらされた場合にのみ起こることであって、ごく微量でも殺傷効果を出さなければならない毒ガスには適合しない。李教授は「フッ素は自然の状態で漏れたら、ほかの物質とすぐに結合し、容易に毒性を失う」と語った。


続きを読む
スポンサードリンク
週間人気ページランキング
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ