国際

「我々が後回しにされていた」と訪米した韓国議員団が吐露 関心や熱気が冷めている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/05/23(木) 16:52:21.81 ID:CAP_USER

米国を訪問中の韓米議会外交フォーラム所属議員らが「ベトナムで行われた2回目の米朝首脳会談決裂以降、米国内では北朝鮮の核問題が優先順位で後回しにされた雰囲気」と伝えた。議員団は19日に韓国を出発し、米国務省のビーガン対北朝鮮政策特別代表、米議会上院軍事委員会のインホフ委員長(共和党)、米議会の韓国研究グループ(CSGK)の議員ら、さらにシンクタンクの関係者らと面会した。

 フォーラムの団長を務める与党・共に民主党の丁世均(チョン・セギュン)前国会議長は21日(米国時間)、ワシントンDC近くで開催された韓国特派員との懇談会で「2016年秋に与野党議員らと米国を訪問したときは北朝鮮の核問題が深刻に考えられ、強硬な意見とそうでない意見が入り交じっていたが、今回は当時に比べると関心や熱気が冷めているようだ」と伝えた。

 中道系野党・正しい未来党の鄭柄国(チョン・ビョングク)議員も「今年2月にも米国を訪問したが、当時も2回目の米朝首脳会談によって雰囲気が大きく変わった」「会談以前は北朝鮮の核問題が米国内で非常に重要視されていたが、今回はかなり後回しにされていると感じた」と述べた。保守系野党・自由韓国党の鄭宇沢(チョン・ウテク)議員は「コリア・スタディー・グループの議員らと会ったところ、韓米両国の国内事情などから考えると、3回目の米朝首脳会談があるとすれば年末ごろになるとの見方が語られていた」と伝えた。

ニューヨーク=呉允熙(オ・ユンヒ)特派員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/23/2019052380022.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/05/23 10:00


続きを読む

米国のHUAWEI排除に中国外相が情けなさすぎる泣き言を漏らす 発言が全部ブーメランだ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:やなぎ ★:2019/05/23(木) 00:59:02.99 ID:mBDkKRbt9

5/23(木) 0:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000001-jij-cn
中国外相、米は「ファーウェイいじめ」

【北京時事】中国の王毅外相は22日、訪問先の中央アジア・キルギスの首都ビシケクで記者団を前に、「米国は国家の力で華為技術(ファーウェイ)のような中国民営企業を理由もなく圧迫しており、経済的ないじめ行為だ」と批判した。

 中国外務省が発表した。

 王氏は、米国人の一部が「中国の発展する権利を望まず、発展を妨害しようと企てている」と主張。「米国の唯我独尊的なやり方は国際社会の合意や支持を得られない」と強調した。


続きを読む

米国の新制裁にドイツが巻き込まれて大ダメージを受けると判明 好き勝手やったツケを払う時

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:記憶たどり。 ★:2019/05/22(水) 09:41:51.07 ID:2Mbzm8O59

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45104990S9A520C1EAF000/

米国のペリー・エネルギー長官は21日、ロシアの天然ガスをドイツ経由で欧州に輸出するパイプライン計画「ノルドストリーム2」の建設に関わる企業に制裁を科す方針を明らかにした。法案が近く議会に提出され、トランプ大統領が署名するとしている。訪問先のキエフで記者団に語った。

ノルドストリーム2はロシア国営ガスプロムが主導し、ドイツなど欧州の企業が参加する。ロシアへのエネルギー依存が高まり欧州の安全保障が脅かされるとして、米国が反対していた。制裁法案は米国の議員が策定中で、建設に関わる企業が対象になるとみられる。

ロシアは「商業的なプロジェクト」と主張し、米国の批判に反論してきた。タス通信によると、グルシュコ外務次官は21日、制裁の可能性について「不適切な政治手段だ」と反発した。ペスコフ大統領報道官も米ロ首脳会談が開催されれば、欧州のエネルギー問題を議論する考えを示した。

ペリー長官は20日に開かれたウクライナ大統領の就任式に出席するために同国を訪問した。同国のゼレンスキー新大統領は同日にペリー長官と会談し、米国による対ロ制裁の強化を続けるように要請した。ノルドストリーム2が稼働すれば、ロシアがウクライナを通るパイプラインでの欧州向け輸出を減らすとの懸念も強まっている。


続きを読む

米中通商協議で中国が土壇場で卓袱台返しして譲歩を無効化 反米宣伝を強めて自滅へと突き進む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/05/22(水) 15:09:39.30 ID:CAP_USER

【北京=原田逸策】中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が米国への対抗と愛国を国民に呼びかけている。国営中央テレビ(CCTV)は米中が衝突した朝鮮戦争を題材にした映画を連日放映し、一部の中国企業は同国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製品の優先購入に動く。貿易戦争の激化をにらんで国民の団結を狙うが、反米感情が過熱すれば指導部すら制御不能になるリスクと隣り合わせだ。

CCTVは16日から連日、専門チャンネルで朝鮮戦争を題材にした映画を放映している。予定の番組を変更し、視聴者の多い夜のゴールデンタイムに流す。共産党中央宣伝部の指示だとされる。

朝鮮戦争で中国は義勇軍を派遣した。「抗美援朝」のスローガンを掲げ、米国に対抗し北朝鮮を支援した。この抗美援朝は、互いに高関税をかける一方、米国と交渉するという足元の「貿易戦争」における中国の基本方針も示す。官製メディアは最近、朝鮮戦争を引き合いに「3年の抗美援朝のうち2年は戦いながら(停戦)交渉していた」とする評論を掲載した。

共産党機関紙の人民日報は13日「米国は自らの名誉を傷つけ、米中貿易交渉をひどく邪魔している」という評論を1面に載せた。国営新華社も対米批判を連日展開する。

米中の通商問題を巡るこれまでの協議で中国が譲歩した部分を押し戻すような動きもみられる。

人民日報は18日「中国企業と外資の技術協力は、自ら望んで結んだ契約だ」と技術移転の強制を否定する論評を載せた。技術移転の強制は中国側が一貫して否定し、米中協議の焦点の一つだ。米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は4月上旬「(中国が強制の事実を)初めて認めた」と語ったが、今回の論評では中国が主張を協議前まで逆戻りさせた格好だ。

トランプ米政権が事実上、部品などの輸出禁止措置を発動したファーウェイを支援する動きも広がる。同社は多くの中国人が誇りに思う企業だ。ファーウェイ支援は愛国の表現と受け取られる。

江蘇省のある医薬品メーカーは20日、グループで携帯電話などを購入する場合、原則としてファーウェイ製品を選ぶと決めた。従業員が携帯電話を外国製からファーウェイ製品に切り替える際には1人あたり500元(約8千円)を補助する。

愛国を呼びかける背景には10月に建国から70周年となる事情もある。共産党と国務院(政府)はテレビやラジオが毎朝7時、国歌を流すことなどを求めた通知も出した。

だが「抗米」や「愛国」の呼びかけが留学などで多様な価値観に接した若者らに浸透するのかは微妙だ。技術移転の強制を否定した人民日報の論評が掲載されると、インターネット上には三峡ダムの工事で外資企業に技術移転を義務づける内容の中国商務省のホームページの写真が出回った。

20日には「新華社によると米中貿易戦争は停戦」というタイトルの記事が一部のネットメディアに載った。すぐに削除され、新華社は「偽ニュースは法に基づき責任を追及する」との声明を出した。この記事は1年前の18年5月20日に新華社が配信した。ワシントンで米中協議がいったん合意した際の記事で、米中合意を求める人物が意図的に流した可能性がある。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45076420R20C19A5910M00/
日本経済新聞 2019/5/21 17:55

https://i.imgur.com/Hc57sas.jpg
ファーウェイ製品の購入を呼びかける中国企業もある(社内通知のコピー)


続きを読む

金正恩が文在寅に物凄く情けない本音を漏らしていたと発覚 米朝会談では真っ青になっていた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/05/22(水) 00:54:45.86 ID:CAP_USER

zkgyD21

心なしか目が泳いでいる?金正恩(ハノイで2度目の米朝首脳会談に臨む金) Leah Millis-REUTERS

<昨年から2度にわたって行われた米朝首脳会談で穏やかな笑顔を見せていた金正恩は、トランプの英語をわかっていたのか、わかっていなかったのか>

アメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が2018年6月にシンガポールで歴史的な首脳会談を行うことになったとき、会談直前まで世界中で密かに話題になっていたのは、金の英語力の問題だった。

韓国の文在寅大統領の元側近は、若き独裁者の金は、英語力にあまり自信がなく、不安を覚えていたようだと明かす。

韓国英字紙コリア・タイムズは、文政権で大統領儀典秘書官室行政官を務めたタク・ヒョンミンが、韓国・京郷新聞のインタビューに答えた、と報道。それによると、米朝会談に先立つ2018年4月27日、韓国との軍事境界線がある板門店で開かれた南北首脳会談で金は文に対し、自身の英語力が心配だと言ったという。

金正日朝鮮労働党委員長を父とするほかの子どもたち同じく、金もスイスに何年か住んでいた経験がある。当然英語も学んだが、思ったほど身につかなかったようだ。金はその後、2000年代はじめに北朝鮮に戻ったと考えられている。

ロッドマン「断片的には理解している」

金とトランプは、シンガポールに続いて2019年2月にベトナムのハノイで2度目の米朝首脳会談を行った。いずれの場合も両首脳にはつねに通訳が付き添った。シンガポールでの初会談が近づくなか、メディアは金の英語力について、堅苦しくない会話はできても、複雑な外交交渉をこなすには十分ではないのではないかと報じていた。

米プロバスケットボール(NBA)の元選手デニス・ロッドマンは、北朝鮮を訪れ、金やその父、金正日とかなりの時間を共にしたことがあるが、シンガポールでの首脳会談開催中にCNNの取材に応じ、金について「(英語での会話を)断片的に理解している。バスケットボールの話であれば、きちんとわかっている」と語った。

専門家は、金とトランプの会談においては、通訳がこれまでになく重要であると指摘した。金は英語力が弱点である一方、トランプはすぐに本筋から脱線する癖があるからだ。

金はどちらの会談でも予想以上にうまく振る舞ったようだ。たとえば、ハノイでの夕食会についてトランプが報道陣に語った内容を、金は理解していたと思われる。トランプが前夜の夕食会について、「素晴らしいアイデアが飛び交った」と高く評価すると、金は笑顔を浮かべてうなずいていた。金のそうした好意的な様子は、トランプが両国の関係を「きわめて強固で良好」だと評したときも変わらなかった。

そして、その後に開かれた首脳会談で「非核化」について意見が分かれ、トランプが「交渉は終わりだ」と席を立ったときは真っ青だったというのだから。

(翻訳:ガリレオ)

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/05/post-12165.php
Newsweek 2019年5月21日(火)16時20分


続きを読む

中国の寝技攻撃を米国が速攻で事前封鎖したと暴露される ハイテク企業社員の接触すら禁止

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ]:2019/05/21(火) 17:22:14.63 ID:g/4nVKHo0 BE:422186189-PLT(12015)

米ブルームバーグ通信によると、米政府による華為への禁輸措置を受けて、米半導体メーカーのインテルやクアルコム、ザイリンクス、ブロードコムが華為への供給停止を従業員に伝えた。

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は20日、クアルコムが一部従業員に対し、華為の担当者と連絡を取ることすら控えるよう指示したと報じた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000525-san-bus_all


続きを読む

「日本と比べて明らかに韓国が冷遇されている」と専門家が騒然 文在寅と会うのは米軍基地でな

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/05/20(月) 16:32:20.93 ID:CAP_USER

2019年5月16日、韓国・デジタルタイムスによると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6月末、大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて訪韓する米国のドナルド・トランプ大統領と首脳会談を行う。

これについて韓国大統領府は「8回目の首脳会談が実現する」と強調しているが、専門家らはトランプ大統領が5月と6月の2回にわたって日本を訪問することと比較し、「米韓同盟が以前ほど強固でない」と懸念を示しているという。


記事によると、韓国大統領府報道官は16日に書面で「今回の首脳会談で両首脳は、米韓の緊密な協力を基に朝鮮半島の完全な非核化を通じた恒久的平和体制の構築と米韓同盟強化案について協議する」と発表した。韓国ではトランプ大統領の「5月訪韓節」がささやかれていたが、大統領府の発表はそれを遠回しに否定したことになる。

野党「自由韓国党」のカン・ヒョサン議員は9日の会見で、文大統領が7日に行ったトランプ大統領との電話会談で「短い時間でも韓国を訪問してほしい。北朝鮮にメッセージを送るという意味でも必要だ」と述べ、これに対しトランプ大統領が「在韓米軍の前で文大統領に会う案を考える」と答えていたことを明らかにしていた。

記事は「最近は北朝鮮のミサイル挑発など米韓間の懸案が多い状況であるにもかかわらず、米国は日本とより頻繁に接触している」と指摘している。これについては専門家からも「米韓は接触するたびに関係が悪化しているという印象を受ける。伝統的友邦関係というより利害得失を考える関係になっている。結局は韓国が米国の対北朝鮮圧力に同調する姿を見せなければならない」と懸念する声が上がっているという。

一方、別の専門家からは「米韓協力への懸念があるため、(特別な懸案がなくても)同盟国を管理する意味で訪韓しなければならないとトランプ大統領は考えていたはず」との主張も出ている。同専門家は「トランプ大統領は日本に2回行くという状況で、2回のうち1回は韓国を訪れようと考えていた」と予想し、「前回は両国のメディア発表文に違いがあったが、今回もし共同発表文が出されたら米韓協力がある程度復元したと考えていいのではないか」と話したという。

このニュースを見た韓国のネットユーザーからは「米韓同盟にはすでにひびが入っている。北朝鮮の首席報道官(文大統領)を米国が好むわけない」「コリアパッシングなのか?」「北朝鮮への支援の話しかしない文大統領と会いたいと思う?」「前回の米韓首脳の単独会談は2分。これはギネス記録級だ…」など米韓関係を心配する声が寄せられている。

一方で「G20が日本で開催されるから行くだけでしょ?」「訪問回数で外交関係を判断するのはおかしくないか?」「トランプ大統領が来たところでいいことはない。いつも同じような話をして終わり」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=711483&ph=0&d=d0058
Record China 2019/05/20 10:30


続きを読む

HUAWEI発表会で幹部が世にも哀れな負け犬の遠吠えを吐く なんとか救済策を見つけると断言

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(空) [GB]:2019/05/21(火) 16:20:41.60 ID:Ls72fH7J0 BE:887141976-PLT(16001)

HUAWEI Japanが日本向けの製品発表会を2019年5月21日に都内にて行った。HUAWEIと言えばスマートフォンシェアで2位となる中国の企業で、Apple以上のシェアを誇っている。日本ではモバイルルーターなどでお世話になっている人も多いはず。

そんなファーウェイが日本向け新製品『HUAWEI P30』を発表。『HUAWEI P30』シリーズは3月に海外で発表されたもので『HUAWEI P30 lite』、『HUAWEI P30』、『HUAWEI P30 Pro』の3つのバリエーションが存在。

HUAWEIデバイス日本・韓国リージョンプレジデントの呉波(ゴハ)氏が登壇し「多大な貢献をしてきた、このようなアメリカの制限に対応していきたい」と昨日のGoogleのストア停止について言及した。

その後は発表会に移行し国際特許出願数が優勢だと説明。最も売れたAndroidスマートフォンとして『HUAWEI P20 lite』を挙げており、SIMフリースマートフォンでは日本で1位、Androidタブレットでも日本市場で1位をキープしているという。

また『HUAWEI P30』も世界中のメディアから高評価を得ており、その『HUAWEI P30』を高く掲げた。

『HUAWEI P30』シリーズは写真の常識を変えたいとしており、4つの常識を変えるという。1つ目は極めて小さいノッチ、大画面ながら持ちやすく、インスクリーン指紋認証となっている。

(つづく) ■Googleの対応に言及
https://gogotsu.com/archives/50871

https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/01-25.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/001-18.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/02-19.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/03-16.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/04-9.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/05-6.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/06-2.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/07-1.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/05/08.jpg


続きを読む

北朝鮮を援助した韓国が援助の賠償を払う羽目になる異常事態が進行中 他国を援助するのは罠だ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/05/20(月) 16:43:51.42 ID:CAP_USER

韓国政府が北朝鮮に対する食糧支援方針を明らかにした中で、北朝鮮が19日対外援助を「略奪」に比喩した。北朝鮮労働党機関紙である「労働新聞」はこの日「『援助』というのは発展途上国(開発途上国)の命綱を握り締めようとする帝国主義者らの支配と隷属の罠であり、一つを与えて十、百を奪おうとする強盗的略奪の手段だった」と主張した。「国際的協力の輝く模範を創造されて」という見出しの記事だ。

新聞は、アフリカのトーゴやモザンビーク、欧州のマルタなどを事例で挙げて金日成(キム・イルソン)主席(1994年死亡)の支援で先進国の経済的従属から抜け出したと主張した。

労働新聞は「金主席の助けを受けた国々は先進国の隷属から抜け出した」として「自立的民族経済の堅固な土台を備えて自らの力で前進していく朝鮮(北朝鮮)がロールモデルになった」とも報じた。自国は該当国々が自ら歩いていけるように心より政治・経済的に助けたが、近隣先進国は「付帯条件」をつけて隷属を試みたということだ。この日の報道は1970年代資本主義と社会主義に属しなかった非同盟国家と連帯した北朝鮮の「過去の業績」を称賛する内容が主をなした。

だが、韓国政府が国際機構を通した北朝鮮に対する支援を決めた直後、北朝鮮が労働党の公式窓口を通じて「略奪」で警告に出たのは、韓国政府の対北食糧支援を受けるといっても米朝非核化交渉の度合いを弱めるような「付帯条件」は受け入れないという意味に読まれる。韓国政府は2017年末決めたが執行が先送りされた国際機関を通した800万ドル相当の人道的支援を行うように17日決めた。引き続き、近いうちに政府レベルでの北朝鮮に対する支援も確定する方針だ。韓国政府は今回の対北支援を契機に南北会談が再開され、南北関係の進展と膠着状態である米朝非核化交渉が再開されることを希望している模様だ。

韓半島(朝鮮半島)平和フォーラムのチョン・ヒョンジュン副理事長は「現在、知らされた北朝鮮の食糧状況を考慮すれば、韓国政府のラブコールを北朝鮮が無条件で断ることは難しい」して「だが、米国と命運をかけた非核化交渉を控えた北朝鮮が食糧のために退く姿を見せようとはしないだろう」と分析した。

韓国政府が北朝鮮に対する直接支援に先立ち、国際社会を通した支援に出ることにしたのは食糧分配モニタリングに対する米国と国際社会の懸念を考慮しつつ北朝鮮の反発まで念頭に置いたということだ。

政府当局者は「政府は人道的レベルで北朝鮮に対する支援を検討してきた」としつつも「政府レベルでの支援のためには高官級、または赤十字会談が必要だが、政府の純粋な意図とは違い北朝鮮が応じない場合『米を与えようとして頬を打たれた』という逆攻勢にぶつかる可能性があり苦心している」と伝えた。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253508
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年05月20日 07時40分


続きを読む

北朝鮮に無視された韓国が自ら墓穴を掘る自爆的声明を連発 米国の意向に真っ向から反している

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/05/20(月) 23:38:10.79 ID:CAP_USER

北朝鮮の沈黙にもかかわらず対北食料支援ムード醸成
世論の集約作業に「賛成する人とばかり会っている」との指摘も

韓国政府は20日、国際機関を通じて北朝鮮に800万ドル(約8億8000万円)相当の人道支援を早期に行う方針を発表した。また、米国が反対しているにもかかわらず、開城工業団地の再開の必要性も強調した。

 韓国統一部(省に相当)の李相旻(イ・サンミン)報道官は同日の定例記者会見で「韓国の企業関係者による(開城工団)訪朝は、韓国国民の財産権の保護という観点からだ」として「韓国政府は基本的に、開城工団が南北関係の発展と韓半島(朝鮮半島)の平和のために重要な手段という点で再開が必要との立場だ」と述べた。さらに「800万ドルの早期支援が実現するよう措置する」と述べた。統一部の金錬鉄(キム・ヨンチョル)長官は記者団からの「(企業関係者の訪朝に関して)北朝鮮と意思疎通を図っていると考えていいのか」との質問に「続けている」と答え、開城工団問題で北朝鮮と話し合いが続いていることを示唆した。

 金長官は、北朝鮮への食糧支援に関する世論の集約作業も進めている。この日は午前中に大学の総長らで構成される統一教育委員協議会の会長団と懇談会を開催し、午後には金喜中(キム・ヒジュン)カトリック大主教と面会した。金大主教は「生存に関する食料をめぐってイデオロギーや思想やさまざまな口実を持ち出すのは人間の道理にもとると考える」と述べ、北朝鮮への食糧支援に賛成の意思を示した。しかし「政府は『食糧支援推進』という答えを事実上決めておいて、賛成する団体だけ会っている」との批判も出ている。

 しかし北朝鮮は韓国政府の「人道支援」発表に対し、4日たっても沈黙を続けており、逆に韓国への圧力を強めている。北朝鮮の宣伝メディア「わが民族同士」は最近行われた韓米の作業部会(ワーキンググループ)について「外勢に依存して北南(南北)関係の問題や民族問題を解決しようという愚かな行為がなくなっていない」と批判した。

 昨年、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長を称賛する「白頭称頌(しょう)委員会」を主導していた「主権放送」は最近、動画投稿サイト「ユーチューブ」での放送で「(共同宣言の履行ではない)食糧支援を通じ、(対話の)扉を開こうというのは低級な態度」と韓国を非難した。

ユン・ヒョンジュン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/20/2019052080246.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/05/20 22:57


続きを読む
スポンサードリンク
週間人気ページランキング
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ