文化

韓流業界の連鎖爆死騒動で日本が悪いことにされるフラグが成立寸前 日本国内でもやらかしていたと判明

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:LingLing ★:2019/03/19(火) 13:46:19.84 ID:CAP_USER

■芸能界引退V.I 日本でも性接待あっせんか
東スポWeb 3/19(火) 11:04配信

性接待あっせん疑惑が報じられ、自身のインスタグラムで芸能界引退を表明した韓国の人気グループ「BIGBANG」の元メンバー、イ・スンヒョン(引退前の芸名V.I=ヴィ・アイ)氏(28)が、売春のため日本にまで女性を送っていたという疑惑が浮上している。カネに困っているわけでもない韓国のスーパースターがなぜ売春あっせんに関わったのか。専門家が解説する。

韓国警察は14日午後2時、イ氏が性的サービスを含む接待に関与した疑いがあるとして、売春あっせん容疑で出頭させ、事情聴取。イ氏は疑惑を受け11日に芸能界引退を表明していたが、関与は否定している。

一方、韓国紙「中央日報」(電子版)は先日、「売春のために女性を日本に送ったという情報を検察が入手した」と報じた。情報提供者A氏が「日本の建設会社の関係者が韓国を訪問すると、V.Iがクラブで接待し、売春を目的に韓国女性を日本に送ることもした」と話しているという。


なぜ、そんな“遠征売春のあっせん”疑惑までが出るのか。単行本「新版 ヤクザと妓生が作った大韓民国~日韓戦後裏面史」の構成・インタビューに携わった文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「もともと性接待は朝鮮の文化なのです。ある世代の男性にはなつかしい、妓生(キーセン)は、そもそも宮廷の官吏や大陸からの使者を歌舞(うたまい)や性的奉仕で慰める高級芸妓を意味しました。朴正熙政権時代、妓生は半公務員化され、外国人の要人の接待に使われたほか、観光客(主に日本人)相手に外貨を稼ぐ役目も担っていました」

この妓生を管理していたのが、かつてのKCIA(韓国国家情報局)だったという。

「当時の韓国の芸能人はすべてKCIAの管理下にありました。むろん、女優や女性歌手は時に大統領をはじめ政権幹部、あるいは外国の高官の夜伽(よとぎ)に担ぎ出されたことでしょう。いわば、KCIA自体が、政府直轄の芸能プロダクション兼売春クラブを経営していたといえます。現在の韓国でも時折、女優の性接待スキャンダルが持ち上がりますが、そういう伝統を引きずっているからなのです」と但馬氏。

次々に疑惑が出てしまう、しかるべき土壌もあるようだ。

但馬氏は「ビジネスマンの世界でも夜の接待は欠かせません。韓国から取引先の部長を日本に呼んだら、まるで当然のように性接待を要求してきて当惑したなんて話は枚挙にいとまがありません」と言う。

ひょっとすると、イ氏にとって芸能界を生き抜くにはさまざまなコネが必要で、性接待はビジネスをうまく運ぶための人間関係構築の潤滑油という認識だったのかもしれない。

「それにしては、やり方もなかなか堂に入ったもので、その道のプロを思わせます。芸能界を“クビ”になっても、こっちのほうで食っていけるかもしれません」(同)

ちなみに、朴槿恵前大統領が就任後、初の訪米を果たしたとき、同行した報道官が、在米韓国大使館から派遣された女性通訳に性サービスを要求し、大問題になったことがあった。

但馬氏は「彼はおそらく、女性通訳を性接待のためのコンパニオンと勘違いしたのでしょう。あるいは、俺は大統領付きの報道官だ、女性通訳ごときが性接待するのは当たり前だ、ぐらいに思っていたのかもしれません。立場の上の者は下の者にどんな理不尽な要求をしてもいい、というのが韓国の古い道徳観です。しかし、アメリカ暮らしの長かった女性通訳には、それは通じなかったようです」と指摘している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000008-tospoweb-ent
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190319-00000008-tospoweb-000-view.jpg


続きを読む

韓国救助隊の救援活動で致命的な失敗が発覚して日本側騒然 責任逃れしたくて必死だ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ニライカナイφ ★:2019/03/19(火) 14:43:48.16 ID:CAP_USER


Korori Kyun @kororikyun 15:25 - 2019年3月16日
[韓国]女性が自殺しようと漢江へ投身
→後悔して119番通報して救助を要請
→救助船が駆けつける
→救助隊が「手遅れでした」と家族に説明したが遺体はスクリュー痕でズタズタ
→出血が多く生きた状態で救助船のスクリューに巻き込まれ死亡したと推定
→救助隊は死後の傷と主張
https://twitter.com/kororikyun/status/1106803702080233472


続きを読む

韓国のありがた迷惑な贈り物に外国人が激しく苦悩する喜劇が発生 本当に要らないから困る

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/17(日) 13:47:02.33 ID:CAP_USER

ベトナム中部の古都フエ市が京畿道南楊州市(キョンギド・ナムヤンジュシ)から大型彫刻像のプレゼント提案を受けて深い悩みに陥った。

現地紙トゥオイチェーが16日に伝えたところによると、南楊州市長はこのほどフエ市に作家ユ・ヨンホによる高さ6メートルの彫刻像「グリーティングマン」を贈りたいと提案した。
2月に南楊州市がフエ市と友好交流協定を締結したのを記念するためだ。

頭を下げてあいさつする巨人を形象化したこの彫刻像は平和と友情などを象徴する。江原道楊口郡(カンウォンド・ヤンググン)、京畿道漣川郡(ヨンチョングン)、済州(チェジュ)など韓国国内だけでなく、ウルグアイのモンテビデオ、パナマのパナマシティ、エクアドルのキトなど海外各地にも設置されている。

南楊州市はフエ文化センター向かい側の公園、ドンバ市場などを設置場所として提案したという。だがフエ市は高さ6メートルの彫刻像が都市の景観を損ねると判断し、サイズを縮小してフォン川南側堤防に設置するのが良いとの意見を提示した。川に沿ってすでに設置されている他の芸術作品と比較してとても大きく、フォン川南側に韓国の支援を受けて建設された建物が多くあるという理由からだ。

これを受けフエ市のグェン・バン・タン市長は南楊州市に彫刻像の大きさを縮小することを公式提案することにした。

フエ市はグエン朝(1802~1945年)の首都で、ベトナムの歴史と文化の中心地だ。ユネスコ世界文化遺産であるフエ王宮、ティエンムー寺、ザーロン帝廟など7つの王陵を持ち、ダナン、ホイアンと並びベトナム中部地域の代表的な観光地に挙げられる。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=251342
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年03月17日 12時20分


続きを読む

韓国が魔改造した麺料理が思わず残飯と見紛う酷い代物だと判明 わざわざレシピを公開するほどの物か?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ハニィみるく(17歳) ★:2019/03/17(日) 20:30:43.68 ID:CAP_USER

0004189651_001_20190317132100806

▲ 調理が完成したラーメンごはん

コメディアンのイ・スンユンが、ラーメンごはんのレシピを公開した。

16日に放送されたMBCの週末芸能『全知的おせっかい視点』で、イ・スンユンがマネージャーと一緒にラーメンごはんを作った。イ・スンユンは、「自然人に教わったレシピ」と言いながら、「この料理法を知る者は私とマネージャーのカン・ヒョンソク、そして自然人の3人だけ」と付け加えた。

放送が終わってイ・スンユンが、SNS(社会連結網サービス)のInstagramを通じて公開したレシピは次の通りである。

(あえて略)

0004189651_002_20190317132100825

▲ 調理中のラーメンごはん

イ・スンユンはラーメンごはんについて、「魔性の新しい味、新しい世界」と評価した。彼のマネージャーであるカン・ヒョンソクも、「特別な味」と言いながら称賛した。

ソース:NAVER/マネートゥデー(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=008&aid=0004189651


続きを読む

韓国教科書の致命的なミスが韓国国内で今さら炎上し始めてしまう 日本人を韓国の英雄として称える

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2019/03/14(木) 15:46:43.12 ID:CAP_USER

03-13
02-23
01-34

韓国の教科書に「韓国人徴用労働者」として掲載され続けてきた写真が、韓国メディアが今になって日本人だと指摘している。実は日本ではこの問題は数年前から指摘しており、「日本人の写真使い『強制連行』」と批判したものの韓国は認めなかった。

それを朝鮮日報が「徴用工の写真は朝鮮人ではなく日本の労働者」と指摘。

元の写真は1926年に日本の新聞に掲載されたもの。映っているのは全員日本人で、これを韓国人徴用工として韓国側が捏造し教科書に掲載したから大変。そのままで終わるわけもなく、それを元に銅像まで作ってしまった。

つまり日本人労働者の銅像を造り韓国国内の至るところに立ててしまったのだ。韓国民は韓国人徴用工だと信じ切っているが、実際は日本人労働者の銅像だったというわけだ。

2015年に開館した釜山国立日本強制動員の入口前や、ソウル龍山駅など至るところに同じ銅像が建てられている。慰安婦像もそうであるが慰安婦像の少女も慰安婦と全く関係ない少女である。

徴用工像は慰安婦像と同じ彫刻家のキム・ウンソンとキム・ソギョン夫妻。2人はこれを韓国内だけでなく世界中に建て徴用工問題を訴えていたが、その銅像のモデルが日本人だったという……。

なお、問題の日本人は北海道の土木工事現場で虐待を受ける日本人という記事の写真。その写真を「韓国人徴用工」として捏造し使い教科書に掲載。


2019/03/14 15:36:20
http://gogotsu.com/archives/49062
http://monthly.chosun.com/editor/cheditor/attach/2019/CN30BAVZRWCRX3W6WZ29.jpg


続きを読む

「韓国が国際的大恥を晒して海外ファンに見捨てられた」と韓国人記者が憂慮 少し前まで称賛一色だったのに

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2019/03/17(日) 00:57:56.01 ID:CAP_USER

「ドジョウ一匹が水たまりを濁す」という比喩(ひゆ)はこういう時に使うものなのだろう。数人の堕落したアイドルのせいで、海外メディアが一斉にK-POPに背を向けた。「K-POPの闇」「セックスと嘘(うそ)とビデオテープ:K-POPを襲ったスキャンダル」などの見出しが飛び交う。歌手PSY(サイ)の『江南スタイル』で有名になったソウルの姿は、性犯罪や麻薬、暴力、賄賂でけがされた「クラブ『バーニングサン』の街」として描写されている。

 今回の事件が起こる前、K-POPに対する外信各社の反応は過剰なほど賞賛一色だった。K-POPアイドルは純粋でキュートで健康的なイメージに描かれていた。
「米国でK-POPがブレークした」「もはやポップな言語は英語ではない」と伝えられた。特に、歌手V.Iが所属するアイドルグループBIGBANGは「K-POPの帝王」と呼ばれた。米経済誌フォーブスはBIGBANGのリーダー、G-DRAGONを「アジアの芸能・スポーツ業界で最も影響力のある若い人物」として挙げていた。しかし、「K-POPの帝王」は自ら墓穴を掘った。ゴージャスで華やかな姿から「韓国の偉大なるギャツビー」と呼ばれたV.Iには「売春あっせん者」というレッテルが貼られた。

 K-POPが世界的に人気を呼んでいるだけに、外信各社はあらゆる言語でこのニュースを配信している。英語はもちろん、中国語・日本語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・アラビアでも報じられている。CNN・ロイター・APといった主要メディアでは深層に切り込む報道もしている。K-POPアイドルがどのように訓練され、どのような過程を経てアイドルになるのかに焦点を当てたものだ。BIGBANGのほかのメンバーも大麻吸引で起訴猶予処分になったことがあると紹介、「彼らの所属事務所YGエンターテインメントの『YG』は『薬局』(ハングルをアルファベット表記するとyak-guk)の略語だという冗談がある」と紹介した。

 外信各社は「韓国の芸能産業が金と人気ばかり追い求め、道徳性を失ってしまった」と批判している。若いアイドル志望者たちに歌とダンスばかり教え込み、行動・振る舞いなどに関する教育やストレス管理ができていなかったと指摘、こうしたアイドルたちを「歩く時限爆弾」とまで表現した。「『バーニングサン事件』のせいでK-POPは想像もつかないほどの見苦しい姿を今後見せることになるだろう」という見方もあった。

 ロイターは「完全なクズ。BIGBANGのファンだったのが恥ずかしい」というソウル市内在住の英語講師の話を伝えた。52歳の日本人女性は「友達が『もうK-POPファンはやめる』と言っていた。責任をもって説明してほしい」と語った。あるインドネシアの新聞は「今こそ犯罪者・変態アイドルに別れを告げる時」というコラムを掲載、「我が国の若い女性たちにこのような犯罪者たちに『ノー』と言い、背を向ける権利があることを教えなければならない」と主張した。世界の恥であり、裏切り者以外の何者でもない。挽回(ばんかい)するにはどれだけ時間がかかるのだろうか…。

韓賢祐(ハン・ヒョンウ)論説委員

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【萬物相】世界に配信されたK-POPスキャンダル>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/16/2019031680013.html

関連スレ:【K-POP界のセックス・スキャンダル拡大】相手の同意なしで性行為ビデオをネットで共有したことを理由に引退
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1552470839/


続きを読む

親日的遺産の排除運動に「さすがにまずい」と韓国人も狼狽え始める 親日作曲家の作品でも廃止はやめよう

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/16(土) 13:06:56.89 ID:CAP_USER

全国教職員労働組合(全教組)が最近、ソウル地域の小・中・高113校を挙げて「親日派の人物が作曲または作詞した校歌を変えるべき」と主張して以降、一部の学校で生徒たちが校歌の斉唱を拒否する事態が起きたという。ほかの市・道の教育庁(教育委員会に相当)でも、親日音楽家が作った校歌を調査して、これを変えさせる作業を展開している。

 校歌は大抵の場合、開校当時に、能力があって尊敬されている音楽家に依頼して作られる。全教組が挙げた各校は、少なくとも数十年にわたって学校行事や儀式、運動競技の際に応援歌などとして歌うことにより在校生と同窓生の同質性を確認し、所属意識を持たせる「団結の歌」として校歌が伝わっている。在校生は先輩の業績を想起して、先輩に劣らない後輩になろうという気持ちで歌詞の一句一句を胸に刻みつつ歌う。同窓会で校歌を歌う間、先輩と後輩は一つになる。長年にわたり学校の象徴となってきた校歌を今になって「親日音楽家が作った」として廃棄するとなると、今後、学校には由緒深い建物や校木、校訓、歴代校長の写真なども残らないのではないかと心配になる。

 一方的にレッテルを張った親日人名辞典を根拠に親日派だと追及し、彼らが作った芸術作品まで排斥するというのは理解できない。彼らが作った歌だから「親日校歌」になるわけではない。全教祖が挙げたどの学校の校歌を見ても、親日派になろうという歌詞を見たことがあるだろうか。「親日をしよう」という内容の校歌はあり得ず、実際に探し出すこともできない。そんな校歌の楽譜やリズムのどこが親日なのか。過去の音楽家の作品が大勢の人に共感と感動を与えていたのなら、その歌は日本のものではなく、堂々と韓国のものだと解すべきだ。

 全ての同窓生や在校生、教職員、保護者が同意した場合に校歌を変えることはあり得るだろうが、親日音楽家の作品だという理由だけで校歌を変えるのは合理的な判断ではない。卒業生が学窓時代を記憶する思い出にして連綿と受け継がれる校風と化した校歌を廃棄した場合に、その喪失感が与える精神的ショックは、到底語り得ないほど大きいだろう。世界トップ10の自主独立国家たる韓国が、何を恐れて、数十年間歌ってきた校歌を「韓国のものではない」とする敗北主義的な態度を取るのか。校歌は校歌であるだけで、親日校歌はない。

チョ・ジュヘン元・中和高校校長

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/15/2019031580111.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/03/16 05:01


続きを読む

天下のディズニーに韓国人が難癖を付けまくる嫌すぎる展開が進行中 まだ諦めていなかった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2019/03/15(金) 22:22:53.60 ID:CAP_USER

art_15525824173461_2c0396

▲<ダンボ>公式ポスター及び<犬たちの島>スチールショット

art_15525822032311_1374c6

▲<ダンボ>韓国国内公式ポスター及びティム・バートン監督

<キャプテン・マーベル>公開前に封切られた<ダンボ>予告篇は「監督ティム・バートン」の名前から期待感を持たれた。生き生きと再現されたゾウの実写化と、大きな耳を翼の様にして飛びあがる「ダンボ」の姿は、アニメーションの実写化は危ないという偏見を一瞬に壊してしまう。

何と78年前の作品のアニメ<ダンボ>は特別な続編なしに人々の思い出の中に残った。常に童話とファンタジーの境界を絶妙に崩すティム・バートンの魔法は今回も観客の期待感を満足させると見られる。

一方、ネチズンの間で<ダンボ>は一つ論議になっている。それは<ダンボ>のポスターが旭日旗を連想させるという主張が出てきたためだ。

「ハーケン・クロイツ」とともに第二次世界大戦戦犯国の象徴である旭日旗が映画にあらわれのは初めてではない。さらに日本映画ではない米国など西洋の「巨匠」と賞賛をされる監督の作品でたびたび明らかになる。

昨年封切られたウェス・アンダーソン監督の<犬たちの島(邦題:犬ヶ島)>は日本にある「猫島」をモチーフにした映画。<グランド・ブダペスト・ホテル>、<ムーンライズ・キングダム>で一躍スター監督になったアンダーソン監督はこの映画を通じてすべての「犬」が伝染病の原因と指定され、日本の島に追放されて、ある少年が自分の犬を探して起きる冒険を描いた。

問題は映画の終わりにあらわれた戦犯形状の背景にある。富士山の後から伸びていく日差し模様は、色が違いでも旭日旗のそれと似ている。当時もネチズンの間でこの様な論議はあったが、映画が幕を下ろして論議も一緒におさまった。

来る3月27日、国内封切りを前にして<ダンボ>もやはり、「ティム・バートン」という「巨匠」のミスで一つの汚点を残している。

パク・ヨンヒ客員記者

ソース:news in star(韓国語) <トムボ>、旭日旗論議で苦労するだろうか
https://www.newsinstar.com/news/article.html?no=38797

関連スレ:【国際】ダンボのポスターは戦犯旗 某民族が発狂
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1542359139/


続きを読む

Youtuberが海外宣伝した韓国料理が色々な意味で酷すぎると判明 本気でこれを食わせる気か?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ハニィみるく(17歳) ★:2019/03/12(火) 16:55:35.29 ID:CAP_USER

韓国観光公社が昨年フェイスブック、微博など海外SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の会員944人を対象に調査した「最も食べてみたい異色の韓国料理」アンケート結果、外国人が最も食べてみたい異色の韓国料理はサンナクチ(テナガダコの踊り食い)だった。

今回の調査で挙げられた食べ物ではサンナクチ(26%)、カンジャンケジャン(生のワタリカニの醤油漬け、14.6%)、スンデ(豚の腸詰、14.2%)、ホンオ(発酵させたガンギエイ、10.3%)等が高い割合を占めた。また、ユッケ(7.7%)、チョングクチャン(発酵させた大豆の鍋料理、6.7%)なども外国人が好奇心を刺激される食べ物に選ばれた。トッポッキ(餅の辛みそ炒め)、プデチゲ(スパムやラーメンなどが入った鍋料理)、ホットク(おやき)、平壌(ピョンヤン)冷麺、参鶏湯(サムゲタン)などの項目は反応が薄かった。

言語圏別では英語圏の回答者はカンジャンケジャン(18%)とサンナクチ(16.7%)、チョングクチャン(15.0%)とスンデ(10.7%)、ユッケ(10.3%)が食べてみたいと答え、日本語圏ではホンオ(23.5%)の順位が高く、続いてスンデ(17.3%)、サンナクチ(13.3%)だった。中国語圏では3人に1人がサンナクチ(34.2%)を挙げ、スンデ(13.2%)とカンジャンケジャン(7.9%)が後に続き言語圏による韓国料理に対する関心の違いが見られた。

以前は外国人に馴染みが薄かったサンナクチやカンジャンケジャンのような韓国料理への関心が広がる理由として、映画やドラマ、K-POPなど韓国大衆文化の中の韓国料理に対する好奇心と共に有名ユーチューバーらの韓国料理紹介番組などにより外国人が食べてみたい韓国料理も多様化しているものと見られる。

ソース:中央日報
https://japanese.joins.com/article/141/251141.html


続きを読む

「日本の街中に墓地があるのが怖すぎる」と中国人が恐怖感を吐露 日本人は怖くないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:樽悶 ★:2019/03/09(土) 16:50:01.25 ID:hMA4I1VJ9

日本と中国ではお墓がある場所にも大きな違いがある。日本では墓地は寺の境内などにあることが多く、都市部では住宅地にあったりと日常生活から比較的近い場所にあるのが一般的と言えるだろう。一方、中国では墓地は人里離れたところにあることが多い。(イメージ写真提供:123RF)
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/9/c92a5_620_bb47ac0f_1e911c2a.jpg

 人が亡くなった後の「埋葬」は国や文化によって大きな違いがある。中国ではもともと土葬の習慣があった国だが、法律で土葬が禁じられたことから近年は日本と同じように火葬が一般的となりつつあるが、実際には土葬を望む人が少なくないの現状だ。

 また、日本と中国ではお墓がある場所にも大きな違いがある。日本では墓地は寺の境内などにあることが多く、都市部では住宅地にあったりと日常生活から比較的近い場所にあるのが一般的と言えるだろう。一方、中国では墓地は人里離れたところにあることが多いため、中国人は日本の墓地がある場所に驚きを禁じ得ないという。中国メディアの今日頭条は6日、「日本では街の真ん中に墓地があるが、日本人は夜にであることが怖くないのか」という主題の記事を掲載した。

 記事はまず、近年日本を訪れる中国人が増加しているが、日本の街中に墓地を見かけることがあり、「非常に驚かされる」と紹介。続けて、現在墓地になっている場所の多くは古くから墓地であって、都市の規模の拡大とともに墓地の周りも住宅地になり、人が住むようになったと伝えた。

 さらに、中国の墓が公営墓地であるのに対し、日本の墓地は公営だけでなく、宗教法人や公益財団法人などが経営する墓地が多いため、墓石の大きさや形は、設置者の意向を反映したものとなっていると紹介した。一方、日本は火葬が一般的であることから、墓地の各墓の下には遺骨があることを意味すると伝えつつ、住宅地の近くに墓地があって「日本人は怖くないのだろうか」と問いかけ、日本人と中国人の死後の世界に対する感覚は「大きく違っている」と強調した。

 日本人と中国人の死生観は大きく違っていて、中国人にとって死者の霊は恐怖の対象なのだろう。もちろん中国でも先祖の墓参りはするのだが、墓地を生活圏から遠く離れた場所に設置するという点からも死や死者の霊は身近にあってはならないものと捉えていることがわかる。(編集担当:村山健二)

2019年3月9日 5時12分
http://news.livedoor.com/article/detail/16131898/


続きを読む
スポンサードリンク
週間人気ページランキング
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ