軍事

韓国議員が対日核攻撃を公然と主張する笑えない事態が進行中 独自核武装を進めたいと本音を吐露

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ニライカナイφ ★:2019/03/17(日) 22:46:04.01 ID:CAP_USER

◆ 韓国野党「独自核武装について議論が必要」

先日、アメリカと北朝鮮との首脳会談が物別れに終わったことを受け韓国最大野党、自由韓国党代表は独自核武装論について、今後の安全保障を含め公論する必要性を訴えていると報じられています。韓国の複数メディアによると今月14日、沈在哲という国会議員が開いた「今こそ核武装を検討するべきだ」という討論会に祝辞を送る形で、最大野党「自由韓国党」の黄教安代表が「独自核武装について議論する必要がある」という趣旨の表明をしたとして波紋が広がっていると報じてます。

記事によると、黄教安代表は昨今の朝鮮半島情勢などを受け韓国の安全保障について深刻な懸念があるという考えを示しています。それは与党のムン・ジェイン政権がとりわけ米韓同盟をないがしろにするような態度を取っていることで韓国の安全保障体制が崩れていること、そして国際社会に対しても北朝鮮の保証人のような役割を務めているなどと主張しました。

その上で、今後更に事態がエスカレートすることも考えられることであり今の時点で独自核武装について公論する場は設けるべきだという表明しているとのことです。ただ、仮に独自核武装論の話しが進んでいった場合について、黄代表は「韓国の戦術核の配備は可能だろうが世界が非核化に進んでいるにもかかわらず、新たに核武装をするというのは国際社会は受け入れないだろう」とも主張しているとのことです。

ここで疑問なのは黄代表は米韓同盟を強化したいという意図の発言をしている一方で、なぜNATOにおけるニュークリア・シェアリングのようなシステムではなく独自に運用できる核兵器を持ちたいと話しているのかです。ニュークリア・シェアリングとはNATO加盟国のうちベルギー、イタリア、ドイツ、オランダがアメリカと結んでいる条約で、それぞれの国がアメリカの管理の元で国内に限定し使用するための核兵器になります。

つまり韓国はそのようなニュークリア・シェアリングとは異なり独自に運用可能な核兵器を持ちたいというものであり、その攻撃対象となるのは北朝鮮以外にも当然日本、中国、ロシアといった隣国も含まれてくるということになります。それを証明するように韓国は原子力潜水艦を保有したいという意図を示してることから、少なくとも核兵器による攻撃対象国は北朝鮮だけにとどまらないということは明白です。

ちなみに与党の共に民主党は黄代表の発言について「核武装は事実上不可能だ」「核武装をしようという主張は朝鮮半島の平和にはまったく役に立たない」などと強く批判してるとのことです。

(写真)

http://image.news1.kr/system/photos/2019/3/14/3550873/article.jpg

zapzap 2019年03月17日
http://zapzapjp.com/55027405.html

元ソース:http://news1.kr/articles/?3571491


続きを読む

韓国製KFXの開発スケジュールが絶対実現不可能だと日本側騒然 開発費も安すぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/18(月) 13:43:59.64 ID:CAP_USER

未来の韓国空軍の主力戦闘機として使用される韓国型戦闘機事業の試製1号機が2021年に出庫される予定だ。

防衛事業庁は18日、国会国防委員会での業務報告で「航空機システム基本設計を検討した後、現在は試製機製作のための詳細設計を進行中」とし「今年9月に詳細設計を検討した後、2021年に試製1号機を出庫する予定」と明らかにした。

インドネシアが共同開発国として参加している韓国型戦闘機事業は開発費に計8兆8304億ウォン(約8800億円)が投入された。このうちインドネシアは20%の1兆7338億ウォンを分担する。

一方、2月に韓国航空宇宙産業本社で韓国型戦闘機試製機の最初の部品加工が始まった。「バルクヘッド」という部品で、戦闘機の高速飛行で発生する圧力から航空機の変形を防ぐ役割をする主要構造物だ。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=251375
[ⓒ 中央日報日本語版]2019年03月18日 13時04分

TTECQbV

「バルクヘッド」


続きを読む

韓国製の国産ミサイルが整備中に情けない事故を引き起こす 一発だけなら誤射かもしれない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:マカダミア ★:2019/03/18(月) 13:59:12.75 ID:CAP_USER

18日午前10時38分ごろ、江原道・春川の韓国空軍部隊で整備中の中距離地対空ミサイル「天弓」が誤作動で発射され、空中で爆発した。韓国空軍によると、天弓は、非正常発射の際には安全のため自ら爆発するよう設計されている。

 韓国空軍は、現在まで人的・物的被害は確認されておらず、事故の原因究明を急いでいると発表した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/18/2019031880113.html


続きを読む

韓国の左翼団体が韓国軍内部に出入りして将兵への個人調査を実施中 政治将校同然に振る舞っている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/16(土) 13:13:41.97 ID:CAP_USER

※朝鮮日報/社説

「軍人権センター」と称する市民団体が昨年11月以降、少なくとも2つの韓国軍部隊に出入りして将兵を調査した事実が判明した。昨年11月に陸軍第27師団にファックスで「面談要請」を通知すると、師団長が許可を出し、部隊内で兵士65人を面談調査した。今年2月には海軍第2艦隊に入り込み、幹部1人と水兵2人を調査した。国防部(省に相当、以下同じ)は「民間団体が実質的に将兵らを調査・捜査するのであれば、部隊への出入りを許容するのは難しい」とコメントした。にもかかわらず27師団と2艦隊は部隊の門戸を開けてやり、将兵らを調査できるようにした。27師団は、この市民団体から「(言葉の暴力など)関係者を補職から解任し、措置結果を返信せよ」という「指示」まで受けていた。全国民主労働組合総連盟(民労総)や全国教職員労働組合(全教組)、市民団体はなんでもありな権力を振るっているというが、韓国軍部隊の中でまで大手を振って歩いているとはあきれ果てる。

 軍部隊が市民団体に振り回されるのは、政権がその背後にいると信じているからだ。この団体は現政権になって、朴賛珠(パク・チャンジュ)陸軍大将夫妻が公館兵(住み込みで高級指揮官の官舎の家事に当たる兵)にありとあらゆる雑用をさせたりいじめたりしていた「公館兵パワハラ事件」や、機務司令部(韓国軍の情報部隊)の文書などを暴露してきた。陸軍大将はパワハラで捜査を受けていたのに、突拍子もなく、わいろとして184万ウォン(現在のレートで約18万円)相当の供応を受けた罪で裁判にかけられた。機務司の文書は「ろうそくデモ戒厳事件」だというが、戒厳という単語すらどこにも見当たらず、捜査は事実上終結した。この市民団体の所長は軍刑法の「同性愛処罰条項」に反対して兵役を拒否した人物だ。こんな人物が、現政権で国防部の軍人服務政策の審議委員や代替服務導入の諮問委員になった。昨年末には法務部から「人権増進」の表彰状まで受け取った。昇進や補職に命を懸ける軍人たちは、この団体の方が国防部よりも怖いだろう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/16/2019031680005.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/03/16 09:03


続きを読む

自衛隊が韓国海軍の不義理を全く許していないと確定してしまう 韓国を訪問する環境は整っていない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2019/03/16(土) 15:48:28.36 ID:CAP_USER

防衛省は、4月29日から韓国・釜山プサン沖で行われる各国海軍との共同訓練に、海上自衛隊の艦艇を派遣しない方針を固めた。韓国海軍による火器管制レーダー照射問題など、日韓関係は冷え込んだままで、韓国を訪問する環境は整っていないと判断した。

訓練は、拡大東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議の枠組みで行われるものだ。多国間の枠組みでの訓練であるため、防衛省内では、海自護衛艦「いずも」を中心とした艦艇を釜山には入港させず、周辺海域での訓練のみに参加させる案も検討されたが、最終的には見送った。

防衛省は5月9日からシンガポール周辺海域でも実施される一連の訓練には「いずも」を派遣する。その後、ベトナムに寄港させる方向で調整しており、韓国と対応を明確に分ける。

レーダー照射問題をめぐって、日本側は再発防止を求めているが、韓国側は照射を認めず、海自哨戒機が威嚇飛行したと主張している。韓国側が適切な対応を取らなければ、現在は保留している秋の海自観艦式への韓国海軍の招待も見送る考えだ。


15:00
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190316-OYT1T50123/


続きを読む

韓国軍から漏洩した再配置案が中国に露骨に喧嘩を売る内容だと判明 レッドチーム内部でも孤立化が進む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/14(木) 10:17:37.53 ID:CAP_USER

韓国軍当局が統一後に対応して軍の再配置に関する研究を内部的に準備していることが確認された。北朝鮮だけでなく潜在的脅威を幅広く想定して軍戦力配置の枠を組み直すという趣旨だ。

韓国国防部は合同参謀本部が提起した「未来地上軍再配置案」という研究課題を最近承認し、現在、研究機関を選定中という。この研究は半年間ほど行われる予定だ。安保分野の情報筋は14日、「研究結果は国防部と合同参謀本部、陸軍の政策づくりに活用されると聞いている」とし「統一以降、地上軍をどのように配置すべきかに関する研究」と伝えた。

この情報筋によると、今回の課題の焦点は「主敵」概念を北朝鮮に限定せず周辺国に拡大することに合わせている。韓半島(朝鮮半島)非核化が達成され、統一または統一に近い環境が形成された後の状況を見通した措置だ。別の政府情報筋は「今までの未来の地上軍配置案は、韓半島統一による周辺国の潜在的安保脅威を十分に反映していなかった」とし「今回の研究は従来の案の限界を反映して、全く新しい観点で眺めるものだ」と説明した。

これをめぐり現政権の国防政策基調を反映しているという評価が出ている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨年5月に青瓦台で開かれた国防改革2.0討論会で「南北関係が良くなったとしても不特定かつ多様な脅威に対応するためには国防力が必要だ」と述べた。国防部は『2018国防白書』で「わが軍は大韓民国の主権、国土、国民、財産を脅かして侵害する勢力を我々の敵と見なす」と敵の概念を再確立した。今回の研究は、国防部が昨年、国防改革2.0基本計画を推進して構想した「プランB」とも関係がある。北朝鮮の脅威に対応する計画が「プランA」なら、プランBは米中覇権争いの中で中国や日本のような隣接国の軍事力増強に対応する戦略だ。

合同参謀本部は統一後の安保環境変化を反映して地上軍を韓半島全域に配置しながらも、戦略的要衝地に核心戦力を集中させる案を検討している。これには、現在休戦ラインに集中している地上軍の兵力と装備を統一後には中国と北朝鮮の国境地域に移すという暗黙的な前提がある。匿名を求めた軍当局者は「韓半島情勢がいつ急変するか分からないうえ、中朝国境(約1400キロ)は休戦ライン(248キロ)の5倍以上もある」とし「こうした点から関連研究はあらかじめ進めておく必要がある」と説明した。

しかしこうした研究は安保の最大脅威である北朝鮮の核が解決されていない状況で、軍当局が過度に先を進んでいるという批判を招きかねない。ある予備役将星は「この研究を進める場合、従来の南北軍事統合よりも次元が高い研究計画」とし「北の非核化と平和協定締結を前提に、軍があまりにも先に政治的判断をしているという指摘が出るだろう」と述べた。軍は内部的に今回の研究課題の「未来の周辺国」について、特定国ではなく韓半島に影響を及ぼし得るすべての国を意味すると設定したという。

https://japanese.joins.com/article/239/251239.html?servcode=500§code=510&cloc=jp|main|breakingnews
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年03月14日 09時01分


続きを読む

在欧米軍がドイツ軍との通信を断絶する意向を正式に表明 中国製5G機器を採用するならやむなし

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/14(木) 16:13:17.25 ID:CAP_USER

【AFP=時事】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)をめぐり、米国が欧州諸国に対して、同社を第5世代(5G)移動通信網構築への参入から排除するよう圧力を強めている。米欧州軍のカーティス・スカパロッティ(Curtis Scaparrotti)司令官は13日、ドイツがファーウェイの技術を採用した場合には、ドイツ軍との通信を断つ方針を示した。

 米国と欧州の同盟国は、中国政府と緊密な関係にあるファーウェイは安全保障上のリスクをもたらすと懸念し、5G通信網構築の入札からファーウェイを排除してきた。

 北大西洋条約機構(NATO)軍最高司令官を兼務するスカパロッティ氏は13日の米下院軍事委員会で、ドイツを念頭に置いた欧州との貿易交渉に関する質問を受け、「特に5Gについて、周波数帯域幅の情報処理能力や性能は途方もないという点で、電気通信の根幹に関わる」と懸念を示し、防衛通信網内にそうした危険が存在する国とは通信しない考えだと述べた。

 ファーウェイの5G技術は、スウェーデンの通信機器大手エリクソン(Ericsson)やフィンランドの通信機器大手ノキア(Nokia)といった競合他社をはるかにしのぐと高い評判を得ており、早急に5G通信網を展開したい通信事業者にとっては魅力的な選択肢となっている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000022-jij_afp-int
3/14(木) 13:55配信


続きを読む

会談失敗で自棄っぱちの北朝鮮が和平ムードを完全に消し飛ばす気満々 庇ってきた左派の面子が丸潰れ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2019/03/09(土) 21:23:07.43 ID:CAP_USER

北朝鮮のロケット施設が活発化、打ち上げ準備か 米専門家
3/9(土) 14:00配信
CNN.co.jp

(CNN) 北朝鮮の平壌近郊にあるロケット組み立て施設で活動が活発化し、打ち上げの準備が進んでいる可能性があることが衛星画像からわかった。ミドルベリー国際大学院モントレー校東アジア核不拡散プロジェクトトップのジェフリー・ルイス氏が8日、CNNに明らかにした。

一連の画像は米衛星画像企業デジタルグローブが先月22日に撮影したもので、平壌近郊の山陰洞(サンウムドン)にある施設で活動が活発化した様子をとらえている。専門家2人はCNNの取材に対し、衛星打ち上げを示唆する動きとみていることを明かした。

北朝鮮は以前、山陰洞で大陸間弾道ミサイルや衛星打ち上げ用ロケットの一部を組み立てていた。

これに先立ち、北朝鮮情報サイトとして定評のある「38ノース」は、西海(ソヘ)衛星発射場が通常の稼働状態に戻ったとの分析を発表した。同発射場は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の意向で一部解体されていたが、この数週間は復旧作業が進行。特にハノイでの米朝首脳会談が物別れに終わって以降、作業ペースが上がったとみられる。

ルイス氏は「山陰洞の施設と西海に向けた積載を行う鉄道輸送ポイントで車両の動きが多くみられる」と指摘。山陰洞と西海の双方の動きから「衛星打ち上げだと考えている」と述べた。

ただ、北朝鮮が軍事用ミサイルと宇宙ロケットのどちらを準備しているのか把握するのは不可能とも注意を促した。また、米国の偵察衛星の注意を引こうと故意に行っている活動の可能性もある。

米国務省はこの件でコメントしていない。

別の専門家は西海からICBMが発射されたことがないことから、衛星打ち上げの可能性の方が高いと見る。過去の事例から、発射場の動きから発射の約1週間前には予想できるとも指摘した。

人工衛星の打ち上げでは、弾道ミサイルに似た技術が使われる。専門家はかねて北朝鮮による衛星打ち上げの試みについて、有効な長距離弾道ミサイルの開発につながる可能性があると警鐘を鳴らしてきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-35133940-cnn-int


続きを読む

「このままでは我々は軍事力さえ日本に負ける」と韓国人が危機感を表明 日本の軍事力評価が躍進中?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/08(金) 23:46:20.28 ID:CAP_USER

2019年3月6日、韓国メディア・韓国日報によると、世界各国の総体的な軍事力を分析・評価して毎年発表しているグローバルファイヤーパワー(GFP)が、今年の「世界軍事力ランキング」を発表した。

GFPは資料の収集が可能な世界主要137カ国を対象に、武装力と経済力を合わせた総体的な軍事力を評価。1位にはパワー指数0.0615の米国が選ばれた。同評価ではパワー指数が0に近いほど軍事力が高い。2位以下にはロシア(0.0639)、中国(0.0673)、インド(0.1065)、フランス(0.1584)が続いた。1~5位は昨年と同じ結果だったが、6位には昨年8位だった日本(0.1707)がランクイン。昨年6位だった英国(0.1797)は8位に下落した。韓国(0.1761)は昨年と同じく7位を記録、トルコとドイツが9位、10位を記録した。

2ランクアップした日本は、海軍の戦略分野で特に高い評価を受けたという。日本の躍進について、記事は「安倍政権がこれまでの専守防衛原則を事実上破棄し、積極防衛に転換したことが影響を与えた」とし、「戦犯国の軍事大国化に対する国際社会からの批判は大きいが、中国の海洋進出をけん制するための実力を備えなければならないというのが、日本が直面する現実だ」と説明している。

この結果に、韓国のネットユーザーからは「韓国は軍事力でも日本に負けてしまうのか」「日本の軍事大国化は平和を脅かす」「全体的に見て韓国の順位は高い方だけど、実情は周辺に2位、3位、6位の国、そして核を開発する国がいるから全く安心できない」「周辺国が強過ぎるから韓国はそこに適応するしかないんだね。いいのか悪いのか…」「国会議員の給料を減らして新たな武器を買うべきでは?」など懸念の声が上がっている。

その他「結局は想像の世界でしかない。本当の軍事力は戦ってみないと分からないよ」「ランキングは必要ない。核を持つ北朝鮮が一番強い」「日本の自衛隊は韓国を攻めるためにあるのではないし、韓国の軍隊も同じ。日韓で順位を競ってどうする?」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=693211&ph=0&d=d0058
Record China 2019年3月8日 0時0分

https://i.imgur.com/Jcf6hDw.jpg


続きを読む

「米韓同盟は既に形骸化して在韓米軍は撤収寸前」と専門家が指摘 血盟は崩壊してしまった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/07(木) 14:11:28.58 ID:CAP_USER

韓米合同軍事演習の一つである「乙支フリーダムガーディアン(UFG)」が事実上廃止された。ある韓国軍関係者は6日「毎年8月に実施されてきたUFGは今後行われない」とした上で「その代わり演習を二つに分けた形で行う予定だ」と明らかにした。この結果、UFGは1976年に「乙支フォーカスレンズ」として始まって以来、43年ぶりに廃止されることになった。先日廃止が決まった韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ(KR)」と「フォール・イーグル」に続き、今回UFGまで廃止されることで、韓米合同で行われる三大軍事演習が全てなくなることになる。これによって「韓米同盟は演習のない見掛けだけの軍事同盟に転落するのでは」との懸念も広がっている。上記の韓国軍関係者は「血盟としての韓米同盟は事実上、すでに形骸化している」「訓練が行われなければ、在韓米軍が駐留する根拠も弱まるだろう」とコメントした。

 韓国軍はUFGの廃止を受け、政府部処(省庁)による戦時対応訓練「乙支演習」を韓米合同軍事演習「フリーダムガーディアン」と分けて行う方針を明らかにした。まず乙支演習を分離し、これを韓国軍単独の指揮所演習「太極演習」と統合して「乙支太極演習」として今年5月に実施する予定だ。これについて韓国国防部(省に相当)の関係者は「武力攻撃を撃退する韓国軍独自の作戦遂行能力を高めるのはもちろん、テロや大規模災害への対応など、包括的な安全保障の概念を適用するという趣旨だ」と説明した。合同参謀本部の関係者は「韓米合同指揮所の演習であるフリーダムガーディアンは、韓米間の合意によって下半期中に行う方向で検討している」とも伝えた。キー・リゾルブを廃止・縮小し「19-1同盟」演習に変更したように、フリーダムガーディアンも「19-2演習」として規模を縮小して行われる見通しだ。

続く。

ワシントン=趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員 , ヤン・スンシク記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/07/2019030780024.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/03/07 10:01


続きを読む
スポンサードリンク
週間人気ページランキング
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ