報道

テレ朝モーニングショーが経産省説明会の韓国冷遇を猛バッシング このままじゃWTOで負けると絶叫

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ドラゴンスープレックス(大阪府) [US]:2019/07/17(水) 11:25:40.54 ID:ITjV6Mh70 BE:329591784-PLT(12100)

17日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で日韓の輸出規制問題を報じた。

番組では両国の食い違う言い分などを紹介したが、番組コメンテーターで同局の玉川徹氏は日本側の対応を「ヘタクソ。この国の外交っていう問題をずっと言っているんですけど、やっぱり鍛えられていないと思う」とした上で「今後、WTOの話になっていくと思うんですけど正しくても負けちゃうよって」と指摘した。

番組では12日に経産省で開かれた日韓両国の事務レベルによる「輸出管理に関する事務的説明会」を報じた。この会合で日本側の担当者がノージャケット、ノーネクタイ、部屋には椅子、机が無造作に置かれており、韓国のメディアが「韓国に対する冷遇が伝わった」と報じたという。

この会合を玉川氏は「例えば今回の会合にしても、頭撮りするつもりはなかったって。これだけメディアで日韓で騒ぎになっているものを頭撮りしないっていう話になるわけじゃない。意図を持っているつもりでやったのかもしれませんし、もしかしたら本当にただの説明会だから普通に説明会としてやるつもりだったんですって思っているとしたらヘタクソもいいもので、また韓国に突っ込まれるところを作っちゃった」と指摘。その上で「ジャケット着てったっていいじゃないですか。掃除ぐらいしとけばいいじゃないですか、椅子ぐらい片付けておけばいいじゃないですか。何でわざわざバカ正直にそんなことやっているんだと」とコメントしていた。

https://hochi.news/articles/20190717-OHT1T50051.html


続きを読む

「韓国を制裁した代償は重いぞ」と毎日新聞の論説委員が虚偽情報を拡散 世耕大臣の念押しをガン無視

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:影のたけし軍団ρ ★:2019/07/18(木) 15:26:45.14 ID:CAP_USER

韓国への輸出規制 報復の応酬回避を 政治利用の代償重く=論説委員・木村旬

政府が韓国に対して半導体材料などの輸出規制に踏み切り、波紋を広げている。

韓国で作られる半導体はスマートフォン向けなど世界で広く使われ、日本の輸出が国際供給網の起点となってきた。その蛇口が絞られると影響は広範に及ぶ。

韓国人元徴用工の問題を巡る事実上の対抗措置だが、国際供給網を支える自由貿易をゆがめるものだ。外交とは無関係の貿易を政治利用した代償は重い。
https://mainichi.jp/articles/20190718/ddm/004/070/021000c


続きを読む

「徴用工判決の賠償金を韓国政府が立て替えろ」と韓国専門家が絶叫 明日が最後のチャンスだぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ボ ラギノール(岐阜県) [FR]:2019/07/17(水) 09:55:26.57 ID:9gMwcucy0 BE:723460949-PLT(13000)

【コラム】「韓国は日本をあまりにも知らなすぎる」

(略)それなら今回の事態は長く引っ張るほど良いことがない。意外にも今回の葛藤の解決方法をめぐり、保守・進歩陣営間の違いも大きくない。むしろ進歩側の意見が合理的だ。どちらの陣営も外交的解決法を注文する。

(略)政府側であり、学者の鄭泰仁氏も京郷新聞に「両国の最終審級が65年韓日協定を相反するように解釈した。日本政府がこの協定に基づいて仲裁を要求するのは最もなことだ。韓国政府はこの要求に応じて大法院の判断根拠を説明し、日本子会社の資産差し押さえの問題も議論するべきだった。ただ冷遇してどうにかなるようなことではなかった」と書いた。

民主弁護士会のソン・ギホ弁護士も民主党の懇談会で「日本政府としては国際仲裁委に回付するのがむしろ国の責務」と認めた。ソン弁護士はさらに一歩踏み込んで「韓国政府が個人請求権賠償金を先に支給し、その後に国際仲裁手続きによって補償金問題を解決しなければならないだろう」と提案した。このように進歩側専門家たちも口をそろえて仲裁委の構成が不可避だと考えている。それなら迷う理由がない。締め切り期間である明日、青瓦台で与野代表会談が開かれる。勝負に出る最後の機会だ。米国も仲裁委カードくらいは出てきてこそ、韓日仲裁に出るものとみられる。

我々にとって2010年の日中紛争は反面教師だ。日本は9月7日に尖閣領海を侵して海上保安庁巡視船と衝突した中国人船長を逮捕した。中国は静かにレアアース(希土類)禁輸カードを切った。ニューヨーク・タイムズが9月23日に匿名の当局者の言葉を引用し、中国が対日レアアース輸出を全面統制したと報じた。両国政府は公開的にこの報道を否定したが、その翌日、日本は中国船長を釈放した。那覇地方検察庁は「今回の衝突は船長が瞬間的に酔っぱらった行動で計画性があるとはみられない」と退いた。この白旗投降で日本政府の支持率は10%ポイントも暴落した。だが、そのような外交的屈辱を克服し、日本はレアアース代替材の開発に踏み出し、中国もこれ以上日本をむやみに扱うことができなくなった。(略)
https://japanese.joins.com/article/605/255605.html



続きを読む

「日本人が韓国を不要な国とみなすようになった」と韓国紙が憤る 戦後世代には韓国への謝罪の配慮なし

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:影のたけし軍団ρ ★:2019/07/17(水) 11:14:39.87 ID:CAP_USER

我々は韓国経済への空襲に動き出した日本政治家の胸中をのぞいてみる必要がある。相手を知ってこそまともに対処できるからだ。

まず、彼らは太平洋戦争以降に生まれた「戦後世代」という点に注目しなければいけない。戦後世代は何よりも過去に対する反省と謝罪に消極的な人たちだ。不足した歴史教育のためでもあるが「謝罪無用論」が大きいと考えられる。歴代の日本首相を通じた学習効果だ。

日本の首相は繰り返し過去のことで頭を下げた。旧日本軍慰安婦に対して初めて謝罪した1993年の「河野談話」が出発だった。この当時から謝罪は続いた。村山富市首相は95年に「戦後50周年特別談話」を出し、小渕恵三首相は98年に「痛切な反省と心からお詫び」を文書化した。

小泉純一郎首相は2001年、西大門(ソデムン)独立公園を訪れて頭を下げた。安倍晋三首相は2006年に国立顕忠院を参拝した。2017年には西大門刑務所でひざまずく政治家(鳩山由紀夫元首相)も出てきた。

しかし韓国の評価はいつも厳しい。小泉首相が献花した追悼碑は公園整備名目でなくなった。

それでも鳩山元首相は「(被害者が)もういいと言うまで謝罪すべき」と話す。しかし戦後世代は首を横に振る。いくら謝罪しても韓国は「誠意がない」と言うからだ。

日本で韓国を「ないと思ってかまわない国」と見ようという雰囲気が形成された背景だ。

戦後世代は日本の繁栄と衰退を同時に経験した人たちだ。韓国経済空襲に乗り出した人たちは日本経済が米国をのみ込むように発展した70-80年代、プライドを持って青年時代を過ごした。

しかし「失われた20年」を経て2010年に中国に世界経済2位を奪われ、最貧国だった韓国は世界経済12位国家に成長した。こうした相対的な剥奪感を経験しながら、戦後世代は無気力と共に危機感を感じたはずだ。

韓国を助けるべき歴史の被害者で見なした戦前世代とは違い、戦後世代には韓国が抑えるべき競争者として映るしかないということだ。


こうした焦燥感はついに「経済征韓論」という怪物に育った。タイミングよく日本を叩いてくれたのが韓国最高裁の強制徴用賠償判決だ。これは5億ドルを提供して韓国経済発展を支援した韓日請求権協定の根幹を揺るがす「信頼の危機」というのが彼らの立場だ。

安倍首相が「国家間の約束も守らない状況で、貿易管理規定も破ると考えるのは当然」と述べた理由だ。世論調査でも「韓国に対する輸出規制は妥当」という声が高い。日曜日の参議院選挙後にはむしろ報復攻勢をさらに強化すると予想するのは難しくない雰囲気だ。
https://japanese.joins.com/article/621/255621.html?servcode=100§code=120


続きを読む

韓国の流した虚偽情報にサヨク紙が騙されて大恥を晒す 実にろくでもないメンバーだ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:影のたけし軍団ρ ★:2019/07/16(火) 16:59:19.92 ID:CAP_USER

参院選の真っただ中。株価連動内閣と揶揄される安倍政権の韓国叩きが裏目に出ている。元徴用工問題をめぐる事実上の報復措置として発動した対韓輸出規制がブーメランとなって跳ね返り、日本の半導体素材企業の株価を押し下げているのだ。

安倍政権は1日にフッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、エッチングガスの3品目に対する輸出規制を発表し、4日に発動。発表前の先月28日と先週末12日の株価を比較すると散々だ。

リイミドとレジスト関連のJSR(3・4%減)、信越化学工業(2・9%減)、エッチングガス関連のステラケミファ(4・6%減)、昭和電工(0・5%減)と軒並み下落。日経平均株価は400円超も上げている中で、である。

ここにきて、周辺国の韓国支援の動きが目立ってきた。ロシアは韓国企業にフッ化水素供給を提案。北朝鮮は連日にわたって激しいアベ批判を展開している。

対外宣伝メディア「わが民族同士」(15日付)は、こうコキ下ろしていた。〈国際社会の嘲笑と軽蔑を受けている日本が、こうした幼稚なことをして何かを得ようとしているのなら、それこそ愚かなこと〉

〈惨めな立場に陥った今こそ、安倍一味が正しい判断をしなければならない時〉

「米朝協議をめぐり、金正恩指導部は文在寅政権に厳しい注文を付けてはいるものの、朝鮮半島の緊張緩和に向けた基本的な立場は同じ。とりわけ、日本の戦後処理に関わる問題は民族共通の課題ですから、韓国擁護に回るのは当然です」(南北外交事情通)

安倍首相が日朝首脳会談の無条件実施に方針を百八十度転換し、拉致問題について「最後は金正恩委員長と向き合って解決しなければならない」といくら繰り返しても、見向きもされないわけである。

公示後のテレビ出演では「残念ながら、北朝鮮に対していま一番発言力があるのは習近平中国国家主席、トランプ米国大統領だと思う」と文在寅大統領をコケにしていたが、一時は韓国に北朝鮮との橋渡しを依頼していたというから唖然だ。

韓国の中央日報(9日付電子版)によると、安倍サイドが仲介を要請したのは昨年3月と9月に来日し、安倍と面会した徐薫国家情報院長一行。徐薫は米朝首脳会談実現に汗をかいた情報機関のトップだ。その後、北村滋内閣情報官と朝鮮労働党統一戦線部幹部が7月にベトナム・ダナン、10月にモンゴル・ウランバートルで接触。この幹部はハノイ会談失敗で粛清され、極細ラインも途絶えたとされている。

“外交のアベ”は孤立の一途だ。
https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_557706


続きを読む

中傷ツイートのCBCが自分達の責任を一切認めない腐れっぷりを露呈 不正アクセスの結果だと言い張る

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:記憶たどり。 ★:2019/07/15(月) 10:14:34.34 ID:j8eXEBIZ9

https://www.sankei.com/politics/amp/190715/plt1907150004-a.html

CBCテレビ(名古屋市、JNN系列)は14日、報道部公式ツイッターに参院選比例代表に立候補している自民党現職の和田政宗氏への暴力を肯定するような書き込みが一時投稿されていたとして謝罪した。

和田氏は10日、仙台市内の商店街で街頭活動中、男に突然胸の辺りを素手でたたかれた。これに対し、13日にCBC報道部公式ツイッターで「ちょっと小突かれただけで、暴行事件とは。大げさというより、売名行為」との投稿があった。

同社はホームページで「当該者の方に、大変ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫(わ)びいたします」とした。同時に、書き込みについて「弊社報道部の意思に基づくものではありません」と説明。アクセス権のある報道部員が投稿した形跡は確認できないとしている。

同社はツイッターのアカウントについて、パスワードの変更などの運用管理を見直し、引き続き調査を進めて「再発防止に努める」としている。


続きを読む

「今回の輸出規制で日本の国際的信頼は揺らいだ」と朝日新聞が泣き喚く 韓国マスコミが嬉々として引用

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:影のたけし軍団ρ ★:2019/07/15(月) 10:31:44.28 ID:CAP_USER

日本メディア「輸出規制は韓国を苦しめることが目的という言説も」

日本の韓国に対する輸出規制で、「韓国経済のみならず、日本企業にも被害が跳ね返る劇薬のような措置」という指摘が日本メディアから提起された。日本国内では、この措置が問題を解決しようとするものではなく韓国を苦しめることが目的という言説があると14日、朝日新聞が伝えた。

同紙の箱田哲也・国際担当論説委員は14日、「社説余滴」というコラムを通じて、輸出規制に対して「今日の事態は韓国政府の無策が招いた」としながらも「韓国経済のみならず、日本企業にも被害が跳ね返る劇薬のような措置」と指摘した。

「『報復』で解決に向かうのか」というタイトルのこのコラムによると、昨年秋、韓国大法院の徴用賠償判決以降、日本政府では省庁別に対応策を検討した。箱田氏は韓国と日本の間に「憂慮と不満、憎悪が渦巻いている」とし「徴用工問題での韓国政府の態度にしびれをきらした安倍政権は、半導体材料の輸出で刀を抜いた」と主張した。

また「措置が国際ルール違反かどうかはともかく、国内外のメディアが指摘するように日本の信頼は大きく揺らいだ」としながら、今回の措置で「その代償に韓国側の譲歩を得られるかといえばそれもまた怪しい」と指摘した。

箱田氏は「価値観が多様化した現代韓国では、政治家や市民団体が安易な『反日』を呼びかけても空回りする」とし「日常生活と遊離した日本製品の不買運動は、今回も不発に終わるはずだ」と展望した。

だが「韓国人の多くが、日本に道徳的な強い非があると感じれば話は違ってくる」としながら、韓国の国民感情が「韓国政府は態度を硬化させるしかなくなる」と見通した。

特に箱田氏は「まして最近の日本では、問題の解決より韓国を苦しめることが目的であるかのような言説も飛び交う」と伝えた。

また「過去の問題のために未来の可能性を摘む権利は日韓どちらの政府にもない」とし「日本政府の意見公募では政府案支持が圧倒的だそうだが、本当に解決につながるのか。問題の根は深い」と指摘した。

あわせて「韓国への(輸出規制の)措置に関わる、ある日本政府当局者は『本当はこんなことをすべきでない』と漏らす」と伝えた。
https://japanese.joins.com/article/529/255529.html?servcode=A00§code=A10

(社説余滴)「報復」で解決に向かうのか 箱田哲也
https://www.asahi.com/articles/DA3S14096312.html
憂慮と不満、憎悪が韓国との間で渦巻く。

徴用工問題での韓国政府の態度にしびれをきらした安倍政権は、半導体材料の輸出で刀を抜いた。韓国経済のみならず、日本企業にも被害が跳ね返る劇薬のような措置だ。

今日の事態は韓国政府の無策が招いた。だが、日本の新聞なので足元の問題を記そう。


続きを読む

朝日新聞記者も傲慢な印象操作に「思いもつかない」と元毎日記者が騒然 たかが一新聞記者がえらそうに

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ムーンサルトプレス(大韓民国) [US]:2019/07/14(日) 22:52:55.09 ID:mF6fiRRm0 BE:565421181-PLT(13000)

参院選党首討論での記者の傲慢な印象操作 - 古森義久

しかし今回の党首討論で、とくにとんでもないと感じたのは、司会者側の記者の一人が党首たちに挙手を命じたことだった。政治的に特殊性を持つ特定のテーマをその記者が勝手に選び、短絡きわまる表現の質問にして、イエスか、ノーかの手を挙げさせる。

この挙手の指示を下したのは朝日新聞の坪井ゆづる記者だという。

唐突に、その坪井記者が「いっせいにお聞きしますので、賛成の方は挙手をしてください」と宣言したのだ。最初の質問が「女性天皇は認めますか」という質問だった。次に「では女系天皇はどうか」だった。

 すると意外なことに各党首は安倍総裁以外はこの高圧的な尋問ふうの問いつめに唯々諾々と従い、一瞬、考える様子をみせながらも、手をあげていった。幼稚園の生徒が先生から「お弁当を持ってきた人は手をあげてください」というような光景を私は連想した。

 なんだ、これは。かりにも日本の国のあり方を決める国政選挙での各政党の党首たちの意見の交換の場ではないか。たかが一新聞記者がえらそうに、その党首たちに挙手を迫る。基本の礼儀礼節にさえ反する。私も新聞記者を長年務めてきたが、この種の傲慢な態度や発想は夢にも思いつかないといえる。

ここまでの方式と質問の内容で坪井記者の政治的な意図は露骨となった。きわめて複雑な課題を単純化して、しかも自民党が野党とは異なる立場を取りそうなテーマをことさら選んで、公明党をも野党側に含めての6対1の挙手の図を描こうという意図だった。

そのあたりでさすがに安倍総理が「単純化してショーにするのはやめてほしい」とさえぎった。「政治はイエスかノーかではない。印象操作はやめた方がよい」とも抗議した。ごく常識的な発言だろう。女性天皇にしても原発の新設にしても、多様な条件が当然、考えられる。複雑な要素がからむのだ。だから短絡きわまる「女性天皇を認めるか」という問いにすぐに白黒で答えることは政治指導者としては不誠実だろう。

いかそ
https://blogos.com/article/389416/


続きを読む

「ホワイト国制度そのものがWTO違反だ」とサヨク教授が猛批判 安全保障を口実にするな

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2019/07/15(月) 01:44:06.12 ID:CAP_USER

7/13(土) 6:20配信
東洋経済オンライン

 日本政府は7月4日、外為法上の輸出管理対象となっていたフッ化ポリイミドとレジスト、フッ化水素について、韓国への輸出規制を強化する手続きを開始した。

 対韓国輸出を包括的許可から契約ごとの個別審査に切り替えると同時に、韓国をホワイト国から外す手続きに入るという。これに反発した韓国は、本件をWTO(世界貿易機関)の紛争解決手続に付託する方針だ。

■問われる安全保障貿易管理とWTOの整合性

 今回の対応については、徴用工問題を踏まえて妥当な対抗措置と称賛する声や日韓関係の悪化を心配する声、日本の半導体産業への悪影響を懸念する声などさまざまな評価が出ている。筆者が専門とする国際経済法の視点からは、WTO協定、特にGATT(関税及び貿易に関する一般協定)違反の可能性が指摘されているが、筆者はむしろそれを超えた国際通商システム全体への影響を懸念している。

 韓国がもし、今回の措置のWTO協定違反を争うとすれば、それは安全保障貿易管理体制がWTO協定に整合しているかどうかを正面から問うことに他ならず、両者に内在する緊張関係が白日のもとにさらされるおそれがある。

 日本政府は今回、韓国でフッ化ポリイミドなどの輸出管理に不適切事案が発生しており、韓国が具体的対応の要請に回答せず、3年間も両国間対話がないと説明している。そうであれば、筆者は必ずしも今回の措置が安全保障貿易管理制度の合理的な運用の枠内にあることを否定するものではない。

 しかし、官邸はシステム全体へのリスクを勘案して今回の措置に踏み切ったのだろうか。日韓関係の現状や実施のタイミング、対象物資の性格を考えると、今回の対応が韓国の強い反発を招き、WTO協定との整合性が問われることは容易に予想できたはずだ。もしそうでないとすれば、拙速な悪手と評さざるを得ない。

 一般的に言って、安全保障貿易管理措置は正当なものであってもWTO協定違反になりうる。特に、輸出許可の申請が必要な場合、部分的にせよ審査の結果輸出が制限される制度設計である以上、輸出制限を禁じたGATT11条1項に違反する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190713-00291562-toyo-bus_all


続きを読む

「日本の制裁措置は某雑誌が6年前に指摘していた」と韓国紙が騒然 優遇措置の見直しとは認識できない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2019/07/15(月) 00:18:30.94 ID:CAP_USER

img_9639242497038bed12e5389999e236d8352766

 日本の週刊誌で既に予想された報復だ--。 半導体素材の輸出管理強化の問題で揺れる日韓関係。そんな中、韓国の三大紙の一つ、7月9日付の「東亜日報」に、「韓国の『急所』を突く!」との大見出しが打たれた「週刊文春」(2013年11月21日号)の誌面が紹介されて、話題となっている。

「6年前から徴用工補償問題で“征韓”論」と題された今回の東亜日報の記事では、安倍官邸において韓国への制裁措置の検討がなされていると6年前に週刊文春が報じていたにもかかわらず、韓国の企業も政府もその対応を怠ったと指摘している。 さらに、短期的に素材大国・日本の壁を超えることは難しいと嘆く半導体業界の声や、外交による解決しかないという学者の声を紹介。いわば韓国大手メディアによる“自国批判”とも言える内容だ。

 産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏が解説する。「韓国のメディアでは、この6年前の週刊文春の記事によって、今回の徴用工問題に対する日本側の報復措置は予告されていたと指摘しています。東亜日報だけではなく、韓国のテレビでも大々的に取り上げられました」

 このような批判が生まれた背景には、韓国ならではの輸出規制問題の受け止め方があった。

「まず国民に広がったのは、韓国が世界に誇る半導体やスマートフォンの中身の多くが日本製品に支えられていた事実への驚きと衝撃です。いまだに韓国のマスコミでは“日本隠し”が横行しているので、この事実は、大衆レベルでは初めて知らされたようなもの。ですから、今回の事態を受けて、『韓国企業は、いつまで日本の世話になっているんだ』という声が大きかった」(黒田氏)

 今回の措置について、日本側は「国内の運用の見直しに過ぎない」という姿勢。それに対して、韓国政府は、康京和外相がポンペオ米国務長官に懸念を伝えたほか、WTO理事会でこの問題を議題にすることを要請。日本ではこれらを過剰反応だと見る向きもある。

「その背景には、日本という国はいつも緻密でずるいという過去の歴史に根ざした心理がある。今回の事態は、禁輸でも輸出規制でもなく、優遇措置の見直しに過ぎないと日本政府は言うが、『実際は報復なのに、そう言って日本が事を矮小化して、我々を騙そうとしている』『この先には罠がある』と考えてしまっているのです」
(同前)

 韓国国内では不買運動など部分的な反日運動はあったものの、反日で一致団結している雰囲気はないという。

「文在寅大統領はいまこの事態をどう判断し、利用できるか考えている。日本との対決ムードを盛り上げて、韓国世論を反日で一枚岩にするというカードか。それとも、経済がますます悪くなって批判が政権に向くことを恐れ、事態を収束に向かわせるカードか。まだ文大統領は決めていないと思います」(同前)

 はたして文大統領は、どちらのカードを選ぶのか。

ソース:文春オンライン<日本の輸出規制に韓国大手メディアが“自国批判”報道「6年前に週刊文春が予告していた」>
https://bunshun.jp/articles/-/12829

関連記事:文春オンライン2013<【韓国でいま話題の記事】韓国の「急所」を突く! 安倍首相「中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ」>
https://bunshun.jp/articles/-/12828


続きを読む
スポンサードリンク
週間人気ページランキング
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ