自然

観測史上2番目の大地震に韓国政府がとんでもない公式見解を出す 胡散臭すぎてやばい

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/20(水) 15:21:27.78 ID:CAP_USER

【ソウル聯合ニュース】韓国南東部の慶尚北道・浦項で2017年11月に発生したマグニチュード(M)5.4の地震(浦項地震)について、政府調査研究団は自然地震ではなく近隣の地熱発電所が触発したものだったと結論付けた。大韓地質学会が20日、ソウルで記者会見し、浦項地震に関する政府研究団の調査結果を発表した。

浦項地震は16年9月に慶尚北道・慶州で起きたM5.8の地震に次ぎ、韓国で観測史上2番目に大きい地震だった。

地熱発電は数キロメートルの地下に水を流し込んで地熱で温め、このときに発生する蒸気でタービンを回して発電する。地面を4~5キロほど深く掘る上、地下に水を注入して取り出すプロセスがあるため、地盤が弱くなり断層に応力が加わって地震が起きる可能性がある。

 浦項地震が起きた直後、震源地が地熱発電所から数百メートルの地点だったことを挙げ、科学界では地熱発電所が関係しているとの見方が出ていた。

 産業通商資源部は浦項地震と地熱発電の相関関係を調べるため、国内外の専門家で調査研究団を構成し、18年3月から1年にわたり精密調査を行ってきた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190320001900882?section=politics/index
聯合ニュース 2019.03.20 13:53


続きを読む

「運命共同体である日本もPM2.5対策の金と技術を出せ」と韓国が主張開始 日本だって困っているだろ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2019/03/18(月) 09:41:33.15 ID:CAP_USER

中国発大気汚染が韓国の粒子状物質でどれくらい占めるかをめぐり主張が入り乱れている。中国の影響は年平均30~50%で、高濃度の時は60~80%という政府の説明が過大包装されたという指摘もある。

それなら日本はどうだろうか。日本でも1990年代は中国発の亜硫酸ガスが、2000年代初期には黄砂が、2000年代後半にはオゾン汚染が、最近では中国発PM2.5(微小粒子状物質)が問題になっている。

2013年1月、中国北京などでPM2.5の濃度が高まると日本でも懸念の声が相次いだ。当時日本研究チームの分析の結果、九州地方はPM2.5の61%、中国四国地方は59%、近畿地方は55%が中国から飛来したものだった。

西日本地方のPM2.5は半分以上が中国発だった。反面、東京など関東地方の場合、中国発は39%だった。夏を除けば韓半島(朝鮮半島)からのものも約10%程度占めた。

中国粒子状物質のうち日本まで飛来する量は韓国に到達するものよりは少ないが、日本自体の汚染度が低い点を考慮するとこのような高い比率に納得がいく。最近かなり改善されたといっても中国のPM2.5の年平均汚染度は韓国の2倍で、韓国は日本の2倍だ。

韓国のように、日本でも欧州が1979年締結した「長距離越境大気汚染条約(CLRTAP)」のような方式で中国あるいは韓国の汚染物質問題を解決できないかどうか悩んでいる。そのため東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)にも参加しているが、顕著な成果はまだない。

欧州では汚染物質の排出が多かった東欧国家が汚染防止を約束した後に欧州連合に加入するよう許容したことが奏功した。また、欧州は各国の汚染排出量がほぼ同じであるため共同努力が容易だ。東アジアは中国の排出量が絶対的だ。

中国から画期的な縮小成果が出てこなければ、韓国や日本が中国発汚染物質から抜け出すことは容易ではない。

結局「呼吸共同体」である韓日中3カ国が共に技術・資金・政策・情報・人材を集めたり分けたりながら、中国の変化を引き出すしかないということだ。


2019年03月18日09時27分
https://japanese.joins.com/article/358/251358.html?servcode=100§code=120


続きを読む

韓国気象庁が眼の前の現実を否定し始める末期症状を発症 ソウルの大気は清浄だと言い出した

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2019/03/09(土) 17:15:16.66 ID:CAP_USER

聯合ニュース

週末のソウルで超微細粉塵の濃度が3週間ぶりに「普通」を見せた9日午前、ソウル南山展望台を訪れた市民が一様に清らかになったソウル市内を見下ろしている。

PYH2019030902090001300_P2_20190309145926993

週を通して空気を覆った微細粉塵が土曜日の9日に減り、ソウル都心のあちこちで春の気配を感じるために外出する市民の足取りが続いた。

環境省国立環境科学院によると、この日の午後1時あたりソウルの一日平均微細ホコリ(PM10)濃度は43?/?で「普通」(51~100?/?)、超微細粉塵(PM2.5)の濃度は、28 ?/?で「普通」(16~35?/?)レベルであった。

これは去る5日の平均超微細粉塵濃度が135?/?、微細粉塵の濃度が186?/?まで上昇したものと比較すると良好なレベルで、ほとんどの市民はマスクを使わないまま外出した。

https://news.naver.com/main/read.nhn?oid=001&sid1=102&aid=0010683215&mid=shm&mode=LSD&nh=20190309141703

共感452 非共感14
今ソウルの微細粉塵は非常に劣悪ですが?
この程度でも空気が良いと感謝しなければならないkkk
写真だけ見てもぼやけて見えるが

共感177 非共感2
微細粉塵のない週末。微細粉塵のない清浄地域。微細粉塵、普通。青い空。マスクなし外出。
定期的にフェイクニュースを上げ続ける政権のラッパ隊。これがマスコミか?

共感21 非共感0
kkkkkkkkkkkkkkk
あれが晴れってkkkkkk
色盲か?灰色でぼやけて見えるのは私の目が間違っているか?kkkkk
笑わせるわ記事訂正する必要があるだろ!


続きを読む

韓国ソウルのPM2.5汚染を天気予報が公式でなかったこと扱いする喜劇が発生 韓国人たちは猛反発

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2019/03/09(土) 10:04:30.80 ID:CAP_USER

[天気]澄んで穏やか...大気の質良好、全南・済州は雨
記事入力2019-03-09 08:07 YTN

[アンカー]
週末の今日、内陸は概ね澄んでなごやかでしょうし、大気の質もほとんど「普通」のレベルを維持します。

全羅南道と済州島は雨が降ります。

詳細天気気象チームのユ・ダヒョンキャスターと説明します。こんにちは。

微細粉塵の話からしてみましょう。今日微細粉塵の心配はないでしょうか?

[キャスター]
先週ずっと最悪、最長の微細粉塵空襲で息が詰まったんです。

一昨日から濃度が低くなり、再び青い空を取り戻した。

現在、全国のほとんどの地方で超微細粉塵の濃度が「普通」レベルを示しています。

世宗と忠北地域だけ超微細粉塵の濃度が「悪い」の水準である35マイクログラムで少し上回って「悪い」レベルを示しています。

今日、全国のほとんどの地方の一日平均粉塵濃度は「良いから普通」レベルです。世宗地域のみ「悪い」レベルを維持します。

https://news.naver.com/main/read.nhn?oid=052&sid1=103&aid=0001263203&mid=shm&mode=LSD&nh=20190309084347

共感368 非共感63
どこが微細粉塵が良好なのか

共感128 非共感4
外が凄い濁ってるが?

共感29 非共感0
微細86、超微細56で非常に悪ですが...全国の大気の質が通常ですって?

共感211 非共感9
超微細が30?50あるが良好だそうだクレイジーふふふ
勧告値を超えるのに?
私たちも今の中国人のように鈍くなるのを望むのか?
100程度の殺人数値でも「ああこの程度なら大丈夫?」という日が来る前に早く移民準備するのが答えのようだ
終わりだ

共感0 非共感1
ソウルだが咳が出て眼球も痛い 何が「良い」だ!

共感0 非共感0
良好???非常に劣悪である

共感0 非共感0
天気予報も詐欺?


続きを読む

韓国ソウルに設置された濾過紙が見るに堪えない変貌を遂げる もう環境は壊滅的だ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2019/03/07(木) 14:17:49.62 ID:CAP_USER

24時間の間に濾過された超微細粉塵により、白い濾紙が真っ黒に変わった。

この日、ソウルの一日平均濃度が135?/?を記録し、ソウルで観測された超微細粉塵の濃度では過去最高を記録した。中略

この程度の超微細粉塵がこの日、1日中空気中に浮遊していたわけだ。

e5718739-64b7-4201-901c-c3f52d9aedaa


https://news.nate.com/view/20190307n12823?mid=n1006


続きを読む

「正直に言うと韓国人は不幸な人々だと思った」と外国人観光客が述懐 日本と香港の空はもっときれいだった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:影のたけし軍団ρ ★:2019/03/06(水) 17:49:49.49 ID:CAP_USER

5日午前11時30分頃、ソウル鍾路区(チョンノグ)の景福宮(キョンボククン)。史上初めて5日連続で粒子状物質(PM2.5など)の非常低減措置が施行されるなど、空気の状態が最悪だった同日、景福宮では外国人観光客が灰色の景福宮と光化門(クァンファムン)などを背景に写真を撮りながら、ソウル観光を楽しんでいた。

貸衣装の韓服(ハンボク・韓国の伝統衣装)を着た外国人観光客は、出勤途中の市民と違って、ほとんどマスクをしていなかった。

米国シカゴから旅行に来たというデニス・ケリーさん(29)は「香港と日本を旅行した後、ストップバイで二日間韓国に滞在するため、昨日到着した」とし、「こういうことを言っていいか分からないが、韓国人は不幸だと思った。日本と香港の空はもっときれいだった。韓国に来る前までは、PM2.5についてよく知らなかった」と話した。韓服を身に着けた中国人のシ・ルパンさん(23)も、ケリー氏のようにマスクをつけていなかった。

彼は「若い男子生徒たちがマスクをつけるのを見て、寒いのかなと思った」と言い、「北京とソウルの大気汚染はほぼ同じレベルかもしれない。喉がピリピリする。天気は良いが、空気は最悪のようだ」と語った。ルパンさんの隣で同じ韓服を着た中国人の友人は、眉をひそめて首を横に触った。

メキシコから韓国に2週間の日程で旅行にきたというモニカ・ガンボアさん(29)は「メキシコに住む韓国人の友人に、『韓国に行くなら、必ずマスクを持って行け』と言われた」と言い、「スマートフォンのアプリからPM2.5警告メッセージが連日届いている」と話した。

フィリピンから来たウイ・ジェームズさん(42)は、妻と景福宮を見物しに来て、PM2.5が深刻であることを知った」と話した。彼は笑いながら「青い空はまだ見ていない。韓国にも青い空があるのか? 毎日このような状態なのか?」と尋ね、「韓国にはこれから5日間滞在する。青い空が見たい」と語った。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32949.html


続きを読む

韓国が世界1位、2位の名誉を独占する前代未聞の事態が発生 既に宗主国である中国を超えた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:影のたけし軍団ρ ★:2019/03/06(水) 17:55:14.83 ID:CAP_USER

5日午前、ソウル・光化門広場から約2キロメートルの距離にある北岳山が見えなかった。5日連続で微小粒子状物質(PM2.5)をはじめとする粒子状物質が韓国全土を覆ったためだ。

大韓民国歴史博物館の展望台で会ったイ・ユンソンさん(52)は「前に来た時は北岳山の中腹にある八角亭がよく見えたが、今日は何も見えない」と言った。

粒子状物質に覆われた同日のソウルは、周囲の物を見分けることすら難しかった。同日正午、ソウル市松坡区のロッテワールド・タワー展望台入口にある案内板には、「視界1-4キロメートル」と書かれていた。

121階の展望台に上がると、約3キロメートル離れた蚕室総合運動場でさえ屋根の輪郭がやっと分かる程度だった。

同日午後5時現在のPM2.5平均濃度はソウル市で1立方メートル当たり144マイクログラム、世宗市で153マイクログラムを記録するなど、全国的に過去最悪の状態が続いた。

ソウルの場合、日中に一時178マイクログラム、忠清北道は239マイクログラムにまで上昇した。

政府は6日、再びソウル市をはじめ全国16地域に粒子状物質の非常低減措置を発令した。首都圏と世宗市、忠清道地域は初めて6日連続での非常低減措置発令で、「最長非常低減措置期間」記録が連日更新されている。

世界的な大気汚染調査機関「エアビジュアル」(AirVisual)の都市別空気質指数(AQI・PM2.5などさまざまな大気汚染の数値を評価する指数)によると、同日午後5時現在の大気汚染度世界1・2位はソウル市(188)と仁川市(180)だった。

中国の北京市(45)は58位だ。国際環境団体グリーンピースが経済協力開発機構(OECD)加盟国の都市ごとにPM2.5の濃度を測定した結果でも、汚染度が高い上位100都市のうち韓国の都市が44都市も入り、加盟国の中で最も多かった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/06/2019030680031.html


続きを読む

OECD諸国との比較調査で韓国ソウルが世界最悪級の都市だと判明 まともに生活すらできない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/03/06(水) 08:53:00.41 ID:CAP_USER

韓国の微小粒子状物質(PM2.5)汚染度が、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で2位であることが分かった。

 国際環境保護団体のグリーンピースが5日、世界的な大気汚染調査機関のエアビジュアルと共に発刊した大気汚染関連の報告書によると、韓国はOECD加盟国のうちPM2.5の汚染度が2位だった。1位はチリだったが、都市単位で見るとPM2.5は韓国の方がより深刻だ。

 グリーンピースの分析によると、OECD加盟国の都市のうち大気の質が悪い100都市の中に、韓国の44都市が名を連ねた。前年の43都市から一つ増えた。グリーンピースは、OECD加盟国の中で韓国が最も深刻な大気汚染に苦しんでいる国の一つだ、と指摘した。

 OECD加盟国を含め、全世界の約3000都市を対象とした今回の調査で、京畿道安城市のPM2.5(2018年基準)が1立方メートル当たり平均30.4マイクログラムで上位圏の372位に入った。続いて原州が387位、全州が391位、平沢が392位、仁川395位、清州411位、始興413位、楊州415位、益山427位、栄州430位だった。ソウルは579位で、やはり上位圏だった。

 報告書は、中国については肯定的に評価した。中国の主な都市のPM2.5濃度が2017-18年で12%も減少したからだ。

 中国の都市で空気の質が最も悪いのは、西部地域のホータン(8位)だった。中国の大気汚染は改善されてきてはいるが、インドネシア、韓国、ベトナム、タイなど周辺国の大気汚染がひどくなったと報告書は指摘した。

 グリーンピースは調査対象の3000都市のうち、およそ64%が世界保健機関(WHO)のPM2.5環境基準の1立方メートル当たり年平均10マイクログラムを上回っていると指摘した。


 一方、エアビジュアルが集計した5日付の「ライブ大気汚染都市順位」では、観測を実施している世界の87都市のうち中国・瀋陽(1位)、バングラデシュ・ダッカ(2位)に次いで、ソウルが3位となった。4位には仁川が、11位には釜山がランクインした。

 世界最悪の大気汚染都市は、インドのグルグラムだった。報告書によると、グルグラムの2018年のPM2.5平均濃度は1立方メートル当たり135.8マイクログラムを記録した。これは米国環境保護庁(EPA)の基準の3倍だ。2018年12月にはグルグラムのPM2.5濃度は200マイクログラムを超えた。インドは空気が最も悪い都市ワースト30に22都市がランクインしており、大気汚染が深刻だ。報告書は、インドやパキスタンなど南アジア地域が地球で最も空気が悪い地域だと指摘した。

オ・エリ記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/05/2019030580172.html
NEWSIS/朝鮮日報日本語版 2019/03/05 23:05


続きを読む

PM2.5地獄に変貌したソウルで経済活動に甚大なダメージが発生中 毒ガス攻撃訓練でも受けている気分だ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2019/03/05(火) 12:37:26.98 ID:CAP_USER

PM2.5:ソウル市民「毎日対ガス攻撃訓練を受けている気分」

韓国首都圏のPM2.5濃度上昇、経済活動に影響

 ソウル市冠岳区では4日午前10時現在のPM2.5(微小粒子状物質)の濃度が1平方メートル当たり164マイクログラムを記録した。「非常に深刻」の段階に分類される基準値(75マイクログラム)を大幅に超える数値だ。

 普段は散策を楽しむ人で混み合うソウル市鍾路区の清渓川は人影が疎らだった。漢江公園や広津区の子ども大公園も閑散としていた。繁華街・明洞で露店を経営するJさん(63)は「外気に触れる全ての場所で客足が途絶えたように思う」と話した。

 韓半島(朝鮮半島)を覆ったPM2.5が庶民の生活を一変させている。野外活動が減り、経済にも悪影響が及んでいる。会社員は昼食の約束をキャンセルし、出前を取ったり、ビル内の食堂を利用したりしている。成均館大に通う大学生、パク・ソンミンさん(27)は「PM2.5の状況があまりに深刻で、毎日対ガス攻撃訓練を受けている気分だ」と漏らした。

 本紙が同日取材したソウル市内の露天、従来型市場、屋外のカフェは、PM2.5の影響で来客が普段の30-40%というところが多かった。特に零細自営業者の被害が大きかった。

 ソウル市銅雀区鷺梁津の学習塾前でカップ入り軽食を販売しているハ・ヒョンジュさん(59)によれば、普段ならば店の前に価格3000ウォン(約300円)の軽食を求めて、受験生の列ができる。しかし、同日取材に訪れると、客はたった1人だった。ハさんは「PM2.5の警報が出ると、売り上げが3分の1に減るが、きょうはあまりにひどく、ランチタイムにも客が来ない」と話した。

 京畿道高陽市の幸州山城付近にあるレストランでは、ランチタイムの予約がゼロだった。経営者のキム・スグンさん(62)は「元々3月にはPM2.5のせいで客が減るが、きょうのように客が全く来ないのは初めてだ」と語った。ソウル市広津区でカフェを営むKさんも「自分も働きながらPM2.5を吸うことになるのでつらいが、客が来ないことのほうがつらい」と訴えた。

 記者は広津区の子ども大公園を30分間歩いてみたが、出会った人は10人だけだった。Yさん(50)は「PM2.5のせいで数日家の中にいたが、息苦しくて公園にやってきた。人が全くいなくて、見捨てられた公園のようだ」と話した。

 建設現場や学校も影響を受けている。ソウル市のマンション建設現場は作業開始時間を午前7時から午前9時半に遅らせた。政府がPM2.5非常低減措置を取り、出勤時間に工事を中止したためだ。そして、作業を開始したものの、1時間半後に中断した。現場でPM2.5濃度が200マイクログラムを超えたためだ。建設会社関係者は「掘削や土砂搬出などをしていなくても、PM2.5濃度が上がり続け、正常に作業を行うことが困難だ。工事期限が決まっているのに、会社としても困っている」と述べた。

 仁川市桂陽区の鵲田女子高では、新学期初日の4日、体育の授業を室内に変更した。ソ・ヨンシク教頭は「マスクを着用して運動場で授業を行うこともあるが、きょうは空気があまりに悪いため、オリエンテーションを兼ね、室内授業だけにした」と説明した。首都圏西部の学校の多くは、今週いっぱい体育の授業を室内で行う予定だ。

イ・ゴンチャン記者 , カン・ダウン記者 , ソ・ユグン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/05/2019030580067.html


続きを読む

韓国の3.1節100周年を天がある意味で祝福しまくっていると判明 暗黒神もお祝いに駆けつけた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2019/02/27(水) 20:30:14.74 ID:CAP_USER

韓国は春先の天候で全く穏やかながら、ほこりっぽい濁った霧で苦しめられています。

特に済州と南部地方は早朝まで雨が少しふりながら霧がひどくなります。

明日の朝まで、いくつかの内陸部は可視距離が200mにもならないでしょう。交通安全には十分注意してください。

微細粉塵はよくなるどころか悪化します。

明日の午後からは中国発のスモッグが追加流入し、全国の大半で「悪い」レベルまで上がると思われます。

特に仁川と京畿南部、全北地域は夜の間、「非常に悪い」レベルまで悪化します。

首都圏では現在、微細粉塵の予備低減措置も実施中です。中略

3・1節も澄んで穏やかだが、粉塵濃度が高くなります。

天気をお伝えしました。

https://news.naver.com/main/read.nhn?oid=422&sid1=103&aid=0000363290&mid=shm&mode=LSD&nh=20190227200329


2:動物園φ ★:2019/02/27(水) 20:30:28.63 ID:CAP_USER

PM2.5分布予測 3月1日の予測が凄い
https://tenki.jp/pm25/


7:動物園φ ★:2019/02/27(水) 20:32:02.50 ID:CAP_USER

>>1 >>2

large


続きを読む
スポンサードリンク
週間人気ページランキング
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
最新記事
スポンサードリンク
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ